«  2010年5月  » 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31
2010年5月30日

私の医院ではエーデック(adec)の歯科用ユニットをすでに15年近くにわたって使用しています。

私自身相当こだわる性格なので、このユニットを使い続けるには理由があります。
一見何の変哲も無いユニットなのですが、世界で使われている歯科用ユニットの基本がほとんどこのユニットを起源にしています。

初めてバキュームシステムを開発したのもこのメーカーです。

また私の医院では、強酸性水を使用していますが、これは強力な殺菌力を持ち、最近なら数秒、肝炎のウイルスでも数分で不活性化しますので、オートクレーブの殺菌力を比較しても相当な効果を持っているもので、歯科医ならぜひ使いたい機能水です。

しかし、強酸性水は酸性が強く、ユニット内に流すと、さびを生じさせたり、ゴムを劣化させ漏れを起こしたりします。

しかしエーデックはすでに20年近く前からこの給水システムにシリコンを採用し、つなぎ目に金属があまり使われていないために、当医院で、10年近く強酸性水を使用した後でも、水漏れを起こすことは非常に少なかったのです。

ほとんどの歯科ユニットメーカーはこのような対応は当然すべきであったのに全くしてこなかったために、強酸性水を使用することはできませんでした。というか、ボトルシステムすら最近やっと採用するようになったくらいです。

つまり、歯科治療というものを知り尽くして、あらゆる対応を事前にとり続けてきたメーカーをしての信頼があるのです。

実際アメリカの軍関係の施設では過酷な条件の中で歯科用のユニットはほとんどがエーデックのものが使われています。

またエアロニューロマティックと呼ばれる、すべてのタービン、エンジン等のスイッチをエアーで制御するといったユニークなブロックの発明によって、電磁弁を必要としないシンプルな構造で、圧倒的な故障の少なさと、修理が容易であるというメリットがあるのです。

またスピットンは排除し、デュアルバキュームシステムにより、患者さんには漏斗状のカップにゆすいだものを吐き出してもらい、そのカップは患者さんごとに殺菌され、衛生面も非常に考慮されています。

私の医院でも強酸性水をユニット内に常時流しているにもかかわらず、ちょっとした水漏れ以外のトラブルは起きていません。

また当医院でも採用されているエーデックの4ハンドシステム(当院ではまだ完全とは言い切れませんが)は、すでにアメリカで15年以上も前からとりいれられ、治療では最高の効率を提供してくれます。

実際、このシステムを歯科に広めるために、エーデック社は何万もの歯科医院でアンケートをとり、試作品を作ってこのシステムを完成させました。

今日、歯科治療はより高度な技術を必要とし、ルーペによる治療、顕微鏡による治療は当たり前になってきました。

そんな折、術野から目を離さずに治療を行うことは治療の精度を上げる上で必須となり、これが4ハンドシステムを歯科治療のメインのシステムにする事となったのです。

これら最新のシステムを理解している人は迷うことなくユニットをエーデックを選ぶでしょうし、実際世界でも数多くのエーデックのユニットが売れています。

2010年5月16日

顎関節症にナイトガードなどが用いられることはよく言われます。
しかし、ほとんどの場合、その効果がまちまちで、お金を払ってまで作るべきか悩む人も多いようです。

私も昔作成していたころは考え方が十分でなく、うまくいかないことも人によってありましたので、なぜうまく行く人と、そうでない人がいるのかよくわからなかったのです。

しかし、2~3年ほど前から、なぜそのようなことが起こるのはわかるようになり、それにナイトガードの作成法を工夫を加えることによって、効果の程度は別として、ほぼ100%の効果が出せるようになったのです。

ただ問題は、患者さんのほとんどが苦しみから解放されると次の欲求が生まれるということです。

つまり、自分にとってベストの噛み合わせにすると相当体調がよくなるのではないか?

と思ってしまうのです。確かに矯正治療まで行えばそれも決して不可能ではないのですが、歯に対する要求が高まるのはうれしい反面、私に試練を与えることでもあります。

ある患者さんは、腰痛と首の痛み、そして肩こりが治ると、「左足の膝に水がたまるのを何とかしてほしい・・。」

といった「この人歯医者に来ているのですよね???」と思わず言ってしまいたくなるようなことを言うようになりました。

またある人は「首の痛みが消えるまで歯医者には通い続けます・・。」といっていた患者さん。

お望みどうり、首の痛みが噛み合わせの治療で治ってきたので「ではそろそろ矯正も終わらせましょうか?」
とこちらが言うと、「いいえ、まだ終わりたくないです」
といっていました。
まだ何か期待しているようです。

私も長い間顎関節症の治療を行ってきたので、噛み合せを治すことによって、体がどのように治ってくるのかおおむねわかってきました、ここで詳しくは書きませんが、背中の後ろや、首の付け根の痛みは最後に治ってくるという事実です。

これには自分の歯の矯正の過程でわかってきたので自信を持って断言できます。

この領域まで治療法がわかると、噛み合せと体とは関係がないといっている歯医者を見るとむしろ同情さえ感じます。

こんな面白い領域の治療を自ら放棄しているのですから。

2010年5月15日

歯科医院はほとんどが家族経営的で、個人事業主の域を出ていません。

ちょっとした大きな法人でも、中のシステムはきちんとしているわけではありません。多くが牛耳るタイプの人がいて、その人の言うとおりに内部の管理がされています。

しかしその人が必ず正しいとは言えません。多くは独りよがりになって、5年もすると浦島太郎のように一般常識とはかけ離れたことをするようになってしまいます。

私がISOを取得したのもそのような恐れをなくすためです。

滅菌管理、治療診断の管理、器具の管理、いずれも一定のレベルを維持できるようにしたかったのです。

雇っているドクターによって治療がまちまち、というのはあまりにも管理が杜撰です。
車が作る人によって作り方が変わるでしょうか?
本来なら、工夫して最も効率よく制作する方法をみんなで行うようにするのが質の管理です。

多くの歯科医院ではそのようなことが欠けています。

確かに本人の技量というものがあるので全く同じようにはできないのですが、少なくとも治療のステップや考え方、使用する器具など、そして診断は統一しておくべきでしょう。

私の医院には二人ほど、手伝ってもらっている先生がいらっしゃいますが、基本の質の管理だけは確実に行っています。

今後は歯科も、個人事業主のレベルを脱して、きちんとした管理ができている医院が求められてゆくと思います。

« 2010年4月 | メイン | 2010年6月 »

Powered by
本サイトにて表現されるものすべての著作権は、当クリニックが保有もしくは管理しております。本サイトに接続した方は、著作権法で定める非営利目的で使用する場合に限り、当クリニックの著作権表示を付すことを条件に、これを複製することができます。
番町デンタルクリニック 院長 吉田敦志(よしだあつし)

番町デンタルクリニック
院長 吉田敦志

番町デンタルクリニック公式サイト

皆さんは何のために歯科矯正をお考えでしょうか?
美しい笑顔のため?コンプレックスを解消するため?
確かに矯正治療には、そういった役割もあるといえます。

しかし、私が考える矯正治療の目的とは、健康な体を手に入れること。

私は10年以上前から、かみ合わせと体の関係を研究してきました。その結果、
矯正治療で適切なかみ合わせに導けば、体の状態は必ず改善するという自信を持つようになりました。

実は、矯正治療というものは奥が深いものなのです。