私が思う”最善の矯正装置”、”デーモンブラケット”の特徴

  私が思う”最善の矯正装置”、”デーモンブラケット”の特徴

お役立ちコラムCOLUMN

2020.02.16

私が思う”最善の矯正装置”、”デーモンブラケット”の特徴

このページは2020年2月22日に更新されました。(心も体も軽くなる番町D.C、運営ポリシーはこちら)

デーモンシステム(セルフライゲーションシステム)だからできる"健康のための矯正"の素晴らしさ

当医院で使用するブラケットはセルフライゲーションシステムによるのメタルブラケットのみです。

私たちは「矯正治療で身体と精神を整え人生まで変える」という「矯正治療のもつ高い潜在能力を体験をしていただきたい」という思いがあるからです。

デーモンブラケットを私が選ぶ3つの根拠

①.痛みがほとんどない(歯にかかる力が非常に弱い)

②.従来とは異なる歯の移動が可能

③.効率的で、性能が高い

④.精神まで整う次元の違う治療が可能

①.痛みがほとんどない
デーモンブラケット(セルフライゲーションブラケット*1は歯にかかる力が「従来のブラケットと比べおよそ1/20」、非常に弱い力(パッシブフォース)で、実際に矯正をされた方の8割以上の方は痛みが気にならないため、「顎周りの筋肉にも負担をかけません」

当医院では最小の力の直径0.013インチ(およそ0.33mm)Cu-Niワイヤー*2を治療を終盤近くまで行います。

力が弱いブラケットとやイヤーの組み合わせで、歯根吸収*3を起こしにくい特徴があらのです。

②.従来とは異なる歯の移動が可能
デーモンブラケットはワイヤーとブラケットを縛らない構造のため、歯の一本一本が自由に移動するという、今まではなかった歯の移動が可能なのです。

さらに当医院では、噛み合わせの位置と高さを変化させながら歯を移動させ、歯を起こす、後ろに送るといった特殊なワイヤーベンド法*4を用いて歯列を変化させ、顎の位置を最良の位置に動かす治療を行います。

③.効率的で、性能が高い
シャッター構造のブラケットは、ワイヤー交換が早く、時間の負担も少ないのが特徴です。またシンプルな構造で汚れが付きにくく違和感も少なく歯も磨きやすいのです。

④.精神まで整う次元を超えた治療を可能に
番町D.C.では、下顎の位置を3次元的に生理的な位置に移動することで、頸椎の形状や体のバランスと構造を整え、脳脊髄液の流れを変化させます。さらに「エネルギーの流れ調整治療」を含んだ治療を行うため、今までに体験したことのない次元の異なる心身の改善を体験がでるのです。

「エネルギー理論的歯科治療、医院環境の大切さ」の動画はこちら

「パッシブ(受動的=弱い)フォースのデーモンブラケット」「下顎を生理的な位置へ移動する矯正」「頸椎の配列と形状、全身のバランスを整える治療」「エネルギーの流れの調整治療」などの体調改善に必要なすべての要素が組み合わさっている番町D.C.の矯正は従来とは次元が異なる治療結果を得られるのです。

*1 セルフライゲーションブラケット・・ワイヤーがブラケット内を滑りながら歯が移動できる矯正システム。最近は多数のメーカーから、様々な種類のブラケットが販売されるようになっています。

*2 Cu-Niワイヤー・・・カッパーナイタイはニッケル、チタン、銅、クロムでできており、一定の温度以上になると(主に体温)形状記憶された状態にゆっくり戻ろうとする。力は非常に弱くて負担が少なく、痛みを感じにくいです。下写真

*3 歯根吸収・・・強すぎる矯正力がかかりすぎたことで根の一部が吸収されてしまう現象。強すぎる力がかかることで根の周りが貧血状態となり、根の一部が吸収する。

*4ワイヤーベンド法・・歯を起こす、廷出(引っ張り出す)させる、圧下(沈める)などの移動を行うために、移動させたい歯だけに選択的に力をかけるための特殊に屈曲したワイヤーのこと。番町D.Cでは細めのワイヤーを使ってかかる力を最小限に抑えている。

写真で見るデーモンブラケット
●写真はクリアブラケットを使用したものです。見た目はきれいですが、歯にかかる力がデーモンブラケットより強く、痛みが強く、顎が緊張しやすいのです。

●これがデーモンブラケットです。ワイヤーを縛らない特殊構造で、締めつけは従来の約1/10~1/20程度!筋肉の緊張も起こさないから、下顎も正しい位置へ。

 

非抜歯治療が可能に

当医院では抜歯をすることは殆どありません。それには理由があります。

抜歯をしない理由とその方法

①.抜歯矯正は身体に負担がかかる
②.顎の位置を3次元で動かせば抜歯は必要ない。
③.デーモンブラケットとワイヤーベント法の組み合わせで非抜歯矯正

①.抜歯矯正は身体に負担がかかる

日本人は出っ歯を気にするあまり、抜歯矯正が選択されます。

抜歯矯正では「歯列全体のアーチが狭くなる」、「下顎が奥に押し込まれる」問題がおこり体調不良の原因になります

”見た目だけ”の矯正と”元気な身体まで手に入れる”矯正の違い?こちら

②.顎の位置を3次元で動かせば抜歯は必要ない。

矯正治療が必要な患者さんの場合、ほとんど全て「下顎の3次元的な位置に問題」があります。下顎が正常な位置になる様に「歯を高く引き上げたり、後ろに移動したり」すると、「歯が並ぶスペースが自然にできて抜歯は必要なくなってくる」のです。

③.デーモンブラケットとワイヤーベント法の組み合わせで非抜歯矯正

番町D.C.の採用しています「噛み合わせを治す矯正治療」では、デーモンブラケットとワイヤーベンド法、双方の特性を100%引き出し「歯を引き出しながら歯を起こす後ろに送りスペースを確保」するので、ほとんどすべての症例で「見た目も改善可能な非抜歯矯正」が実現できるのです。

 

噛み合わせの矯正(デーモンブラケット)での症状の改善例
1、鼻づまりの改善
2、睡眠時無呼吸症候群の改善
3、脳の循環の改善

1、鼻づまりの改善
矯正治療をされて鼻づまりの改善を喜ばれる患者さんは多いです。上の顎がのアーチが広がったり、舌の位置が挙上されることによって改善することが可能です。

2、睡眠時無呼吸症候群の改善
弱い力の噛み合わせの矯正治療で、お口の中は広がり、舌の入るスペースは拡大し、中枢神経系に働きかけ、筋肉の緊張が緩和し、睡眠時無呼吸が改善します。(当院ではさらに東洋医学的な方法で、改善する別のアプローチも行います。)

3、脳の循環の改善
噛み合わせの改善によって中枢神経への血流や、脊髄液の流れが変化し、中枢神経系が活性化します。(下図、クリックすると拡大します)
ご存知の通り、これらの症状は、歯科では今まで治療の対象とは思われていなかったことです。噛み合わせを改善すれば、こんな副次的効果もあるのです。

”歯”の重要性と老化防止効果について”の動画はこちら

「ライフステージで変わる歯のトラブルと対策」の動画はこちら

番町D.C.の診療システムこちら

ご通院前の注意事項こちら

番町D.C.の料金システムこちら

お問い合わせこちら

RECENT POST

CATEGORY

ARCHIVES