歯科治療で真剣に悩む方へ

  歯科治療で真剣に悩む方へ

お役立ちコラムCOLUMN

2020.11.09

歯科治療で真剣に悩む方へ

このページは2020年11月19日に更新されました。心も体も軽くなる番町D.C運営ポリシーはこちら)

歯のトラブルや歯科治療を受けたことで、深刻な全身の症状(不定愁訴)に悩ませる方は少なくありません。これらの症状は顎関節症といわれています。

しかし、本人が体験している苦しみを正しく理解し治してくれる歯科医は非常に少ないというのが現実です。

不定愁訴を訴える患者さんは感受性が高く、一般的な人がなかなか理解できないいわゆるエネルギーにも敏感に反応します。

この記事では、深刻に悩んでいる歯科難民と呼ばれる患者さんがいる一方でなぜその苦しみを理解し、解決できる歯科医が非常に少ない理由について触れてゆきます。

私の長年の経験と研究そして実証から得られた理論についても解説してゆきます。

この記事を読むことで、一人でも多くの方が自分に起きている現象の根本を理解し納得し、悶々と悩むだけから解決されることを願っています。

この記事に自信を持てる理由は、私が一患者として顎関節症などが原因の不定愁訴に長年悩んでいたことと大きく関係しています。

この記事や内容が、自分自身の治療を試しながら30年以上にわたって研究してきた成果に他ならないからです。

現在の西洋医学だけに偏った現医療では本当に悩める方々を救うことはできないと考え、15年以上にわたって整体、アロマテラピー、オステオパシー、ヨガ、中医学などのあらゆる代替療法を試し、本物の治療技術と理論に辿り着いた結果なのです。

1.虫歯治療でも顎関節症になる?
2.かみ合わせで顎関節症になる?
3.歯が全身に影響するわけ
4.東洋医学を歯科治療に生かす

1.虫歯治療で顎関節症になる?
虫歯の治療を受けただけで顎関節症になってしまう方も実は少なくありません。

その原因として①物理学的な原因と②エネルギー的な原因の2種類があります。

①としてはa.材料自体の選択、b.虫歯の除去と修復法の問題の、2点があります。

a.材料に含まれる組成が患者さんの体質にあっていなかったり、噛み合わせにとって不適切な材料を使われたことで顎関節症になることがあります。

b.虫歯が適切に取り除けていないと痛みや違和感がいつまでも消えないことがあります。

また詰め物の高さや、隣の歯との緊密具合が不適切だと噛み合わせが狂うことがあります。これらは顎関節症の原因になります。

②としては、なかなか理解が難しいかもしれませんが、虫歯は細菌による酸によって溶かされているだけでなるわけではなく、発症にストレスエネルギーが関与していることを理解する必要があります

衛生状態が虫歯になる人は減ってきているものの、歯を磨いていても虫歯が出来る人は必ずいますし、忙しかった後には虫歯が増えたりします。

これらを考えると虫歯の原因が甘いものや歯の汚れだけでなく、ストレスエネルギーが関与していることは明白です。

そう考えると治療時に虫歯からそのエネルギーが取り除けるかどうかは重要です。治療後に違和感が取れるか取れないかは、治療をする医師のその能力の違いと言えるのです。

ですからエネルギーのコントロールを含めた能力を考慮すると歯医者選びはとても難しくなるのです。
整体でも担当によって寝落ちしてしまう場合もあれば、そうでもないことがある様に歯医者の腕の良し悪しはこの様な能力の差が大きく影響しているのです。

2.かみ合わせで顎関節症になる。

不適切な噛み合わせで顎関節症になる人はとても多いです。実は歯の高さや顎の位置は、首の位置を変化させ、首の痛みの原因になり、ひどい場合は全身にまで影響を与えます。

“体も変えるロジカルな歯列矯正”で”不調まで治す”?こちら

顎が後ろに下がると、口の中は狭くなり、舌をどう収めにくくなり、鼻呼吸がしにくくなります。寝ているときは舌根沈下を起こし、睡眠時無呼吸症候群を引き起こす場合があります。

「“歯列矯正”で”睡眠時無呼吸症候群”が治る?」こちら

3.歯が全身に影響するわけ

歯科治療が全身に影響するわけは、上記の説明でおおむね理解していただけたと思います。

確かに物理的なかみ合わせの変化が全身に影響を与えますが、時にちょっと理解が難しいほど病気の不定愁訴が現れる状態になってしまうのは何故でしょうか?

ここからはエネルギーと東洋医学を含めた考え方がどうしても必要になります。

東洋医学的に考えると、人間の体は12本の経絡の流れによるエネルギー変化によって五臓が影響を受けるとあります。一見精神病の様に思える症状もこのエネルギーの乱れが原因で各臓器と関係する、「不安感、怒り、悲しみ、思い悩み」などの感情に症状に影響をあてることがあります。

また下図のような様々な症状が出ることがあり、もともとは歯の治療をされたことで経絡に影響が出て、理解できない症状に悩まされてしまうことがあるのだと思います。

このような症状が出てしまった場合は、歯の治療だけでなく、氣功などのエネルギーを調整する方法も活用しなければ治すことができません。

私たちは治療が難しい患者さんを氣功教室を通じてより深く治し、より早く治したいと考えております。

氣功教室の開催こちら

誰も言わない顎関節症の側面とは?こちら

RECENT POST

CATEGORY

ARCHIVES