«  2014年7月  » 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31
2014年7月29日

先日、テレビを見ていたら、池上彰さんがバブルの話をしていました。

話が進むうち、当時バブルに踊らされ、多額の借金を背負わされた人が、当時を振り返り。
「銀行マンも、このままバブルが続けばいずれどうなるかわかっていたでしょう、しかし、おかしいと思いながらも当時の状況では変な営業でも、続けるしかなかったのでしょう」と語っていました。

もちろん、銀行マンもその道のプロですからいつかは異常なバブル景気に終わりが来ることは分かっていたでしょう。しかし、必要もない、おかしな融資を繰り返した結果、ついに、バブルの崩壊と、銀行の信用失墜を引き起こしてしまいました。

医療業界は世の中の他の業界のブームから10~20年遅れで来ると言われています。

私が何気なく、一般の業界の常識でふと医療界を見ていると、今医師や歯科医がまさしくバブル崩壊のはじまった頃のような医療業界信用崩壊が始まっているのではないかと思わせる事実がたくさん起こっています。

歯科では、つい最近起こり始めたインプラント問題や、感染予防の問題、そしてこれからはホワイトニングや、審美治療(マウスピース矯正など)、ヒアルロン酸注入(こんなことを歯科て行っているとは知りませんでした)が問題になってくるでしょう。

医科では、「C型肝炎は治療できます」と盛んにCMで流していながら、実際は副作用による死亡例がたくさん発覚したり、「子宮頸癌の予防接種を受けましょう」と盛んにプロモート活動していた結果が、副作用で中学生が重篤な状態に陥り、結局予防接種は控えるべしという結論になりました。そもそもプロモート活動が必要であったのでしょうか?

我々医師はその道のプロです、臨床に長年携わっていれば、どんな治療が経過が良くて、どんな治療が経過が悪いのかはわかっているはずです。

歯科で言えば、審美目的で治療を行えば本来の歯の治療は絶対うまくいかないでしょうし、インプラントも本当にお口の中を長い期間保証することを考えれば決して行わない治療でしょう。特に人生の終末にどうすべきかは考えておくべきことなのです。歯は完璧に磨けなくなり、感染を引き起こしやすくなりますが、リスクが高すぎて抜くこともできません。

診療の帰りに、それほど出っ歯でもないのに、審美ブラケットの矯正装置を装着され、すでに歯を抜かれている中高生を見かけます、「この子の将来はどうなるのか?きっと大人になってどんどん体調は悪くなるだろう」と思うと心が痛みます。審美ブラケットを使う先生は審美のことがメインで治療を行っているに決まっているからです。

よっぽど無知で不勉強な人でない限り、歯科医師や医師は本来どの治療が患者さんにとってプラスになるか、ならないかは、実際に治療をしてみた感触で、心の奥底では絶対にわかっているはずだと思います。しかし、自分の生活のため、名誉のため、お金のために、心とは裏腹な治療をついやってしまうのです。

私が見てきた限りでは、そのように心を裏切った治療をし続けると、その人の顔つきは悪くなり、家族やその周囲にトラブルが頻繁に起きるようになっているのを見ます。

一見お金持ちで幸せそうに見えながら、実は毎日酒におぼれ、いい年をしてスポーツカーを唸らせ憂さを晴らしていたり、子供が不登校になったりと、一体どうしてこんなことになるのかといった周りから見ると理由がわからないトラブルを抱えているのです。

でも、結局はその人の生き方に問題があるのでしょう。

やはり、「人にやってはいけないことをしていれば、必ず報いが自分に戻ってくるのだろうな?」といつも思っています。自分もそうならないよう気を付けなければなりません。

今の世の中そこまでしなくても生活できるはずなのに、どうしてそこまでしてお金を稼ごうとするのか?しかも医師というそれを絶対してはいけない立場なのに何故?としばしば思うのです。

2014年7月26日

歯科医として20年以上治療をしてゆくうち、歯科医としての資質はどのようなものか?
年齢を重ねるうち、その奥行がだんだんとわかってきました。

30代ぐらいまでは、歯科医としては単に器用で技術があればよい、知識があればよい、と思っていました。

しかし、医者もそうですが、歯医者も、
「患者がなぜその疾患を患っているのか?」そして、
「その原因が一体なんであるのか?」
ということをわかることが治療を成功させるのに必要であるとわかっててきました。

患者さんは、パッと見ただけではわからないさまざまな問題を抱えています。
たとえば、配偶者のストレス、会社のストレス、介護のストレス。
私が診てきてた大人のストレスの原因で多かったものはこの3つです。

そしてそのストレスを取り除かなければ歯の治療自体がうまくいったとしても、本当の意味での治療は絶対にうまく行ったとは言えません。

「技術的に歯の治療がうまくいけば大丈夫だ!」もちろん、最初はそう思っていましたし、
「きちんとした治療技術を身に着けることが歯科医としての使命である。」

と思っていました。もちろん、疾患に対する知識、治療手順、虫歯や疾患の状態に対して適切に対処できる引き出しの多さ、かみ合わせと全身の関係に対する知識と、知力は歯医者にとって非常に重要な資質ですし、これを身に着けることですら非常に困難です。

しかし、それでもそれは、まだ歯科医師としては道半ばに過ぎないと最近思うのです。

なぜ、歯がそのような状況になってしまったのか?家族環境、家族との関係は?そしてその患者さん自身の性格や体質、感受性?を理解していなければ、治療が終了した後でも、原因が取り除けたとはいえず、また問題が再発するのです。

そのように考えると、今日よく出会う、患者さんの体を触ることはおろか、目も合わせず、パソコンの画面と検査データだけ見て、診断する知力だけの医師は明らかに失格医師と言えるでしょう。

歯科医でも、患者さんと話もせず、ただ歯の治療だけしていても、その一本の歯を治すことができてもその人の歯の疾患を完全に治せたとは言えないと思います。

そうなると話を聞いたり、雰囲気、体を触った感覚で、その人自身を理解できるだけの感性が必要になります。

そう考えると、歯科医師も医師も、相当な知力と感性が必要とされる職業であると考える思うのです。つまり受験勉強ができるだけでは、医師の適正があるとは言えない難しさがあり、それが今の知力に頼り過ぎた医療業界の問題の根っこがあるとは思うのです。

人間の歴史の中で、先進国では、今日ほど死の恐怖から逃れられた時代はないでしょう。

少なくとも、普段の生活をしていて、死という恐怖が身近であった時代は日本ではほとんど終わりとなりました。

実際、現在問題になっている労働災害は、労働事故というより、精神疾患、過労死(これも多くは自殺)など精神を病んだために仕事ができなくなる例が非常に多くなってきています。

つまり、癌や、感染症などの今まで死と背中合わせであった疾患はほとんど死に直結しなくなり、代わりに精神疾患である鬱など、今までの医療では根本的な解決法がない疾患が増えてきました。

私は歯科治療をしてゆくうちに、このような疾患こそ歯科の出番であると思っています。

以前と比べて人間は頭脳が発達し、脳にかかる負担は今までとは比べ物にならないほど多くなってきました。そして、その処理の量と、負担は人類の歴史の中で今最高レベルに達しているといえます。

そして、パソコンを使えば使うほど、また不規則な勤務形態が増えれば増えるするほど、頭や首、そして顎周囲の筋肉は体の中でも特別に緊張し、それが、頸椎の配列や、頭部の骨格をゆがめる大きな原因となってきました。

勿論昔からこのような問題はなかったわけではないのですが、現代人は特にひどくなっており、このようなゆがみが頭の回転を遅くしたり、やる気をなくさせるなど、人生にとってのもっとも大切な「生きがい」や「生きている意味」を失わせるほど、大きな問題となってきたのだと思います。

このような時代では、かみ合わせの治療を含めた歯科治療による頭頸部の緊張の除去は、本人にとって、全く信じられないような結果を生むのです。

実際に当医院で治療を受け、体調が今までとは全く違う良好なレベルになったため、今まで守りでしかなかった人生が、攻めに転じた方もたくさんいらっしゃるのです。

これからは、このような噛み合わせ治療によって頭頸部の不適切なゆがみを取り除き、脳脊髄液の循環の好転により、機能が100%出し切れる頭で、充実した人生が送れるために、歯科が21世紀の人類にとって絶対に必要な治療になってくると思うのです。

2014年7月25日

インターネットの発達のおかげで、日本の歯科界もようやく、世界的なスタンダードな治療への移行が始まってきたような気がします。

NHKで取り上げられたインプラント問題や読売新聞で取り上げられた感染予防対策など、世界では議論も終わっているような内容ですが、やっと日本でも一般の人に知られるようになりました。

インプラントはアメリカでもヨーロッパでも訴訟の嵐ということは20年以上前から聞いていました。インプラントが矯正治療にまで使われるようになったときは、矯正部門の営業マンは「怖くてできるだけすすめたくないが、使う先生がいる以上我々も販売しなくてはならない。」と複雑な心境を語っていました。

私はこのホームページで10年以上インプラント反対の立場を理論を持って解説してきました。

以前ポルトガルの先生が開発したツーバイフォーという総入れ歯にインプラントを使う治療法が非常にはやりましたが、最近は全く聞かなくなりました。
またインプラント治療を受けるのに、慎重な患者さんも増えているようで、最近はインプラント治療の需要は下降傾向だそうです。

歯科用顕微鏡を私が初めて知ったのは1991年ごろで、当時は東京医科歯科大学の根管治療OPE室に1台、何千万の顕微鏡があり、OPEを見学しました。

当院で購入したのは2004年でしたが、当時はほとんど顕微鏡を持っている医院はありませんでした。しかし今では顕微鏡歯科はかなり一般的なものとなってきました。また当ホームページでも顕微鏡の良さは、詳細に紹介してきました。今では、根管治療ではぜひ必要な機器であることも認知されてきました。

タービン等の感染予防に関する話は私はすでに20年ほど前に聞かされていましたし、日本で一般的に売られている滅菌器が実はきちんと滅菌できていない事実を知ったのはもう8年以上も前です。当時は武骨で非常に大きなクラスB滅菌器しかなく、病院に置く場所がなく、買うのを断念した覚えがあります。

その滅菌器もコンパクトなものが見つかり、やっと購入でき、滅菌に関しても、私のホームページでも薦めていたクラスBの滅菌器もやっと日本で売れ始めてきたようです。時間はかかりますが歯科医療も一歩づつ変わってきています。

とにかく医療の分野は特殊な分野だけに、正確な情報が海外から入ってくるのは時間がかかるようです。

私自身、ホームページというツールを用いて、最新歯科医療の情報を患者さんだけでなく、歯科医療関係者にも、にわかりやすく伝えてきたつもりです。もし、私のホームページがこのような歯科界の変化に少しでも貢献できたとしたら本当にうれしく思います。

今後、課題になってくるのは、患者さんの歯科医療に対して、コストや治療を受ける価値についての意識改革と、歯科医療教育自体の遅れ取戻し、をどう取り組むかでしょう。

私自身大学病院に在籍中、本当の世界の歯科のトレンドについて全く知らなかったことに気が付いた時には正直焦りました。

材料の営業マンたちの中には多くそのような情報を持っている人がいますが、大学という教授という一大権威のもとで成り立っている教室という世界では、なかなか本音はしゃべってくれないのです。

本来正しい教育をすべきこのような組織が現在の歯科医療界の最大の癌ではないでしょうか?

また、患者さんも、歯科医療がいかに人間の身体の不具合と関係しているかを知っていかなければならないと思います。
また、歯科治療自体の技術レベルの高度さ、そして、当然かかる費用はそれなりに高額であるということ、そして、それゆえ健康のために歯を大切にすることが非常に大切であるということを知ってもらう必要があると思うわけです。

2014年7月22日

歯科では100年以上にわたり、かみ合わせに関する論争がありました。

よく知られているのはドーソンテクニックと言って、CR(中心位)という、理想的なかみ合わせの位置を採得する方法です。

しかし、勉強されている先生であればこのようなかみ合わせの採得方法で治療がうまくいくことはないと知っていることでしょう。

残念ながらこのような事実は本当に一部の先生しか知らないため、誤った理論でかみ合わせを採得するし、悩み続ける先生が後を絶ちません。

入れ歯や、矯正治療では、かみ合わせの位置を変化させるので、かみ合わせの採得方法は非常に重要なテクニックです。かみ合わせがきちんと採得できる技術を持たなければ、入れ歯も矯正治療も成功しないからです。

多くのかみ合わせの採得テクニックは、ほとんど顎を押しながら、あるいは位置を探りながら、患者さんに噛んでもらいながら、噛み合わせの位置見つけてを採得します。

しかし、これは全くの間違いです。
奥歯が倒れこんでいたり、歯がなくなってしまった患者さんの場合、奥歯の高さがなくなって低くなり、顎の位置が回転してしまっていることがほとんどだからです。

特に日本人の場合、奥歯が低くなっていることがほとんどですから、奥歯を拳上するかみ合わせの採得方法が絶対に必要です。

つまり、正しいかみ合わせの位置を採得するためには、奥歯を上げ具合を調整できる道具が必要というわけです。

この道具については、2010年の矯正学会で発表させていただいたのですが、この道具が歯科のかみ合わせの採得方法を変えるものだと確信しています。

この道具を使うようになってから、矯正や入れ歯の患者さん、あるいは顎関節症の患者さんの噛み合わせ治療で確実な成果が得られるようになったのです。

今後このような考え方と道具が広まり、治療を行う先生が増えることを望みます。

2014年7月21日

当医院の治療は「虫歯をきちんととった」とか、「根の治療をきちんと行った」とか、という歯科治療では基本的なレベル(勿論日本でそのレベルに到達している先生が多いとは言えないのですが)
の治療を行うといった段階は少なくともクリアーしております。

当医院では、虫歯の治療や、根の治療をきちんと行うだけでなく、それをさらに進め、治療の最中に「かみ合わせを正しい位置に戻す」、「顎の筋肉の緊張を取りながら、歯の治療と同時に顎の位置の矯正を行う」そして最終的には「元あったかみ合わせの位置に戻すだけでなく、体にとって理想的な顎の位置にかみ合わせを治療する」という全体をプランニングした治療をしているのです。

このような治療を初めて見た何人かの衛生士は、最初のうちは私が何をしているのか全くわからなかったといっていました。衛生士として経験がある人でもです。

つまり、総合的な治療は、ちょっと見ただけでは理解しがたいものなのです。しかし、患者さんは自分の体が良くなるので、すぐにわかってもらえます。ですから一体何をしているかわからないので、「どうして治るのだろう?」とはたで見ている人が不思議に思うのです。

たとえば、家でいえば、虫歯や根の治療は家具や、電化製品と言え、かみ合わせは、家の全体の構造と言えます。設計する際は中の家具のみならず、耐震性、全体の動線や総合的な使いやすさなども当然考えなければなりません。

残念ながら歯科における各専門医はこのようなかみ合わせというアンサンブルを理解して治療を行っているわけではありません。

たとえば根の治療がうまく詰まって、病気が消えたとします。しかし、土台や、かみ合わせがきちんととのっていないと「必ず再発します。」また場合によっては「歯ぎしりなどの強い力によって歯が割れて抜歯になってしまいます」。

もし、白くてきれいな歯を入れたとします。しかし、割れると困るからと言って低めに作ってしまえば、たちまちかみ合わせが崩壊して、体調ががくんと悪くなってしまいます。

ですから全体のかみ合わせも考えられ、そして個々の治療も行える、オーケストラでいう指揮者であり、ソリストでもある歯科医が必要なのです。

アメリカではかつて、そのような歯科医を育てるべきと、ある歯科大学の学長が考え、何名かにをスーパージーピープログラムとして教育プログラムを実施しました。しかし、結局1人しか卒業できませんでした。私はたまたま、そのたった1名の先生と知り合い、その先生の治療を見るうちに、これが理想の歯科治療であると確信しました。そして、20年以上臨床経験と努力ののち、ようやくその方法の中程まで入れた気がします。

歯科医の中には、マニアックにすべて顕微鏡を用いた治療を行ったり、すべての治療記録映像を取るなど私には到底真似のできないことをする先生もいらっしゃいます。これも一つの極みだとは思います。

でもこれはまるで森を育てるのに、一本の木の育ち具合ばかり気にしている人のように見えます。いくら一本の木(歯)が育っても、森(噛み合わせ)が整わなければ何の機能も得られませんし、患者さんにも治ったといった実感がわかないのです。

特にかみ合わせは、噛み合わせと体のところで触れたように体全体にかかわる大きな問題となるのです。
総合的な治療ができる歯科医が、これからの歯科には絶対に必要なのです

歯科医療は非常に精密な機械、機器を使います。
したがって、それらを購入する際の選定には非常に神経を使います。

様々な業者が同じような機能を持ったものを販売しているのですが、値段も高価なものなので、本当に故障しないで、長く仕え、機能も最高である機器を買いたいものです。

私の場合は、何軒かの商社に評判を聞き、技術屋さん、場合によってはそのメーカーの人にまで修理の頻度や、機械の性能について聞いてから購入するようにしてきました。

人間とは案外正直なもので、自社製品でも他のメーカーに同じ機能でよい機器があると、そちらを薦めてくれます。勿論私が信頼している営業マンや技術屋さんは、わりと正直で自社メーカーのものでも修理が多いと教えてくれます。

そのような情報収集をした上で購入した器機、機械ですから、それらの道具には絶対の信頼があります。

歯科用のユニットに関していえば、日本製のユニットはまだ故障が多く、費用が非常にかかりますが、当院のエーデック(アメリカ製)のユニットは18年以上も使っているにもかかわらず、いまだに新品と勘違いしている患者さんがいるほど、きれいで、故障もほとんどありません。

ユニットの場合は、故障すると治療ができなくなってしまうので、故障が少ないという機能がきちんとしていることが非常に重要です。

エーデック本社の工場を2008年に見学しましたが、非常にゆとりある環境で精密に作られていました。また世界中に販売責任者がいて、歯科医の声をユニットの構造に生かしていました。

また治療に使う器具(ピンセットやミラーなど)はアメリカのヒューフレディー社のものを使っていますが、非常に使いやすく、医療用の強い消毒薬にも耐え、錆びたりしないで長持ちします。2014年に工場見学に行きましたが、100年以上前のプレス機から、コンピューター制御によるプレス機まで使い、質の高い器具を製作していました。

刃が付いているものは、30年以上のベテランが研ぎの作業をしていました。歯科の器具は非常に緻密なので、かなりの職人技が必要ではないかと感じました。

歯の治療は人間が行う作業ですが、それには非常に緻密な作業があり、それに使う道具で治療結果さえ変わってしまう気がするのです。

私は、より良い機械、器具を使って、より良い治療を実践してくれる歯科の先生が増えてくれれば本当に良いと思っています。

恐らく日本のGDPも歯科治療が変わってくれば上昇するのではないかと思っているのです。

日本の歯科ほど杜撰な治療が横行している先進国は少ないと思っています。(これも保険制度と日本の教育制度に原因のほとんどがある)

歯科は全身の健康や、やる気と直結します、金銭的問題もあるとは思いますが、きちんとした治療が広がれば日本の将来も明るくなるのではないかと思っています。

2014年7月18日

私の医院にご来院頂く患者さんは、ほとんどが、非常にデリケートな方です。

このようなタイプの患者さんに共通して言えることは、いずれもかみ合わせに対して敏感であることと、材料や薬剤に対して反応性が高い傾向があります。

ですから、化粧品にかぶれたり、良くない食べ物に対して過敏に反応したりします。

そして、私が治療を何人もしていて気が付いたのは、アマルガムに対しては全く反応しないということです。(もちろん当医院で使っているアマルガムが質が保証されたものであることも関係しますが)

そして、ノンメタル治療を銘打って、レジンや、セラミック治療をされた人は非常に予後が悪いということです。

アマルガムの水銀について騒ぎすぎといった、治療に対する誤った考えを持つ人たちのせいで、非常に重要な材料について何の根拠もない情報が流布していると思います。

わたしが経験した限りでは、ノンメタル治療が必ずしも経過が良いとは言えないことです。セラミックは、表面がツルツルで食事をするのに有利とは言えず、しかも、強い力で割れたり、接着している材料(レジンセメント)などが吸水性があるため、細菌感染上も良いとは言えないのです。

近年CAD/CAMなどが流行ってきてるようですが、適合性の問題、材料としての問題などが以前から言われておりました。

私は、ちょうど15年ほど前インプラントの問題をホームページでしきりに書いていましたが。半年ほど前NHKでその治療の問題が取り上げられました。

そして12年ほど前、感染予防の重要性についてホームページに取り上げていたところ、ちょうどつい最近新聞で本格的に危険性が取り上げられました。

私の場合、特に時代の先端を行っているので、当時はなかなか周囲の人や、業界関係者に理解されませんが、結局私が予想した結果になっています。

審美歯科のCAD/CAMや審美レジン修復はこれから必ずボロが出て来ることは間違いないでしょう。
実際すでに業者の間ではセレックシステムなどに重大な欠陥があることを指摘しているのを聞いたことがあります。(2006年頃)今はすでに改善されたかもしれませんが、私は個人的にはあのような方法できちんとした治療ができるはずはないと確信しているので、いつか問題が発覚するでしょう。

« 2014年4月 | メイン | 2014年8月 »

Powered by
本サイトにて表現されるものすべての著作権は、当クリニックが保有もしくは管理しております。本サイトに接続した方は、著作権法で定める非営利目的で使用する場合に限り、当クリニックの著作権表示を付すことを条件に、これを複製することができます。
番町デンタルクリニック 院長 吉田敦志(よしだあつし)

番町デンタルクリニック
院長 吉田敦志

番町デンタルクリニック公式サイト

皆さんは何のために歯科矯正をお考えでしょうか?
美しい笑顔のため?コンプレックスを解消するため?
確かに矯正治療には、そういった役割もあるといえます。

しかし、私が考える矯正治療の目的とは、健康な体を手に入れること。

私は10年以上前から、かみ合わせと体の関係を研究してきました。その結果、
矯正治療で適切なかみ合わせに導けば、体の状態は必ず改善するという自信を持つようになりました。

実は、矯正治療というものは奥が深いものなのです。