「マウスピースで噛み合わせが変わる」、「驚くべき3つの効果」と「知らないと損する3つのポイント」

  「マウスピースで噛み合わせが変わる」、「驚くべき3つの効果」と「知らないと損する3つのポイント」

お役立ちコラムCOLUMN

2020.03.26

「マウスピースで噛み合わせが変わる」、「驚くべき3つの効果」と「知らないと損する3つのポイント」

このページは2020年4月20日に更新されました。(歯科医療を科学し結果にこだわる番町D.C運営ポリシーはこちら)

「運動やスポーツにマウスピースは効果的」、「歯を痛めないためにマウスピースで歯軋り防止」そんな話を聞いたことはありませんか?

今回はそのマウスピースの「驚くべき3つ効果」と、「知らないと損する3つのポイント」について記事を書かせていただきます。

これを知れば「どんなマウスピースが有効?」、「どんな使い方ができる?」について理解できます。

この記事はISO9001(2004年~2015年)取得の経験から、歯科医療技術を科学してマウスピース製作を20年以上行ってきた経験から書かせていただきます。

「マウスピースを正しく理解」して、「マウスピースを正しく作り」、「マウスピースを正しく使えば」素晴らしい効果が得られるのです。

3つの驚くべき効果
①.歯ぎしり防止効果
②.顎関節症(肩こり、首凝り)の治療
③.運動能力向上効果
知らないと損する3つのポイント
①.劇的な効果は作り方で決まる!
②. 噛み合わせの位置で効果が変わる?
③. マウスピースで噛み合わせが変わる?

3つの驚くべき効果

①.歯ぎしり防止効果
歯ぎしりを完全に防ぐ方法は今のところ見つかっていません。歯ぎしりの原因が脳や体にかかるストレスと言われているからです。歯ぎしりは「歯の表面を摩耗させ」「歯にヒビを作り」、健康な食生活を脅かします。

マウスピースは「EVA(エチレンビニールアセテート)」という素材でできています。この素材は柔らかく歯どおしが強く当たることを防ぎ、歯ぎしり防止にとても有効なのです。

②.顎関節症(顎の痛み、肩こり、首凝り)の治療
マウスピースでもう一つの高い効果が見込めるものが顎関節症です。顎関節症はストレスだけでなく、「噛み合わせのずれが原因」で起こります。顎関節症のスプリント療法としてマウスピースを用いることは大変有効なのです。

「軟質タイプのスプリント」「ハードタイプのスプリント」と比べて装着感が良好で、歯に対する刺激が少ないうえ、歯ぎしり防止装置としての機能を持ち一石二鳥の装置なのです。

マウスピースはかみ締めや、歯軋り防止に使われることが多いようですが、実際はさまざまな利用法があり、顎関節症の症状を軽減することができるのです。

実はこれは私が治療を教わった先生が「アメリカでNBAの選手用のマウスピース」を作っていた時に顎関節症の治療に使えないかと作ってみました。

するとハードタイプのものより装着感が良く、痛みも軽減するという結果が得られたので、番町D.C.では顎関節症治療の用途に使っています。

③.運動能力向上効果
実はスポーツに用いられるマウスピースには単に歯を守るという効果だけでなく、運動能力の向上という効果があるのです。

実際に番町D.C.で製作したマウスピースで、「ベンチブレスのマックス重量が20%アップした」「ゴルフの飛距離が20%伸びた」と直接言われ、逆に気がついた効果です。

知らないと損する3つのポイント

①.劇的な効果は作り方で決まる!
「スポーツ品店で売っているマウスピースじゃダメなの?」、「歯医者で作るとどんな違いがあるの?」と疑問に思う方があるでしょう。実は作り方は様々で、本当に効果的なマウスピースを作るのは難しいのです。

効果的なマウスピースは精度が命、正確に印象(歯型を取ること)した模型に高い圧力で「EVA(エチレンビニールアセテート)」を圧接することで口の中にぴったりフィットさせる必要があります。

それに使われるのが「バイオスター」「高品質なシート」(下写真)なのです。

歯科用に機器の中でも模型に5~6気圧で圧接できるのは加圧式成型器「バイオスター」だけで、フィット感が違うのです。

この機器が導入されている歯科医院はごく僅か、しかも番町D.C.では精度にこだわり院長自ら製作しています。

また「バイオスター」では2種類の厚みの異なる板を組み合わせて圧着させることが可能で、「噛み合わせの面は厚く」、「装着部分は薄く」加工することができるので、「違和感の少ない」マウスピースを作ることが可能なのです。

市販のマウスピースではここまでの「フィット感」「装着感」は出せません。ガタつくことで却って顎を痛めてしまうこともあるのです。

②.噛み合わせの位置で効果が変わる?
ナイトガード製作で最も重要なのは、マウスピースをどの「位置で噛ませる」かです。ここにハイクラスの歯科治療の粋を極めた技術が使われます。通常の歯ぎしり防止床のマウスピースは(下写真)ただ板を圧接しただけです。

本当のマウスピースは(下写真)のように

下の歯が嵌る圧痕がつきます。この圧痕をつける下顎の位置にポイントがあり、その加工精度こそが「ハイレベル歯科治療で作られるマウスピース」の違いなのです。

“歯科治療の基本”、”咬合学”を知らずして治療するべからず!こちら

下顎の位置が適切でかつ高い精度で作られているからこそ、顎関節症の症状の改善だけでなく、運動やスポーツにおける効果を高めることができるのです。

“体も変えるロジカルな歯列矯正”で”不調まで治す”?こちら

③.マウスピースで噛み合わせが変わる?
マウスピースをしていると顎関節症が治ったり、運動やスポーツで効果が得られるのはなぜでしょうか?

実は適切な下顎の位置で噛み合わせることができるようになると、筋肉はリラックスし、身体のバランスが整います。すると自然に力が抜けてきて、不必要な筋肉の緊張が無くなり、痛みやコリが消え、スムーズな運動が可能になるからです。

しかし、この時注意しておくべきことがあります。

それは筋肉が緩むことによって、骨の形状が変わったり、骨格の構造が変化して噛み合わせが変わることがあるということです。

マウスピース自体は顎関節症の根本的な治療のためのものではなく、あくまでも重い症状を取り除くため応急処置的なものです。もし本当の原因を治したいのであれば、歯の治療を行う必要があります。

かぶせ物を作り直したり、矯正治療を行う必要があるということです。根本的治療を行うと噛み合わせも治ることでマウスピース以上の効果が得られるのです。

補足
マウスピースという名前がついている似たようなものに「マウスピース矯正」というものがあります。

しかし、これはここで書かれているマウスピースとは全く異なります。

ブラケットを装着しなくていい、楽に矯正ができると「必ずしもて適切とは言えない宣伝行為」によってたくさんの方がこの方法で矯正を始めています。

しかし、この矯正の方法は30年以上も昔からあったもので、限られた歯並びの人しか適応できないため、今まで行われてこなかったものなのです。

テクノロジーの進歩によって歯科医が手を出しやすくなったためと、楽して稼ぎたい歯科医が無理にに流行らせているものです。

「甘い宣伝文句に誘われ、安易に治療を受けると痛い目にあいます」のでくれぐれもご注意ください。

知って納得”マウスピース矯正が失敗する訳”こちら
”歯だけじゃない、身体も変わる”インテリジェンスな歯科医療”のすべてこちら
最新情報こちら
番町D.C.の診療システムこちら
ご通院前の注意事項こちら
番町D.C.の料金システムこちら
お問い合わせこちら

RECENT POST

CATEGORY

ARCHIVES