矯正治療の抜歯の必要性とその危険度?

  矯正治療の抜歯の必要性とその危険度?

お役立ちコラムCOLUMN

2020.05.10

矯正治療の抜歯の必要性とその危険度?

このページは202037日に更新されました。(歯科医療を科学し結果にこだわる番町D.C運営ポリシーはこちら)

「矯正治療前に、親知らずを抜くといわれた?」、「親知らず以外に4本の歯を抜かれると言われた?」このような経験で、「どうして親知らず以外の歯を抜かなければならないのだろう?」とか

「親知らずを一体どこで抜いたら良いのだろう?」と悩んだことはありませんか?

この記事では、「矯正治療前に親知らずを抜歯しなければならない理由」と、「果たして治療のために本当に親知らず以外の歯を4本も抜歯が必要なのか?」について私なりの理論について書かれています。

また親知らず以外の歯を抜歯をされたことで、思いもかけない影響が出ることがあるということについても書かれています。

いずれもみなさんが一度は気になっていたことばかりだと思いますが、意外にその本当の意味を理解して治療をしている先生は少なく、またさらに患者さんには正しい知識が全く伝わっていません。

せっかく時間をかけて矯正治療を受けようと思っていたのに、それが台無しになってしまうのはあまりにもったいないと思います。

このような記事をかけるのも、虫歯治療や噛み合わせに関してより深く勉強するときっかけを作ってくれたアメリカの大学を出た先生は特に大きかったです。

私自身も歯並びが悪く、大学時代、先輩の矯正専門医や、同級生の矯正専門医の何名かに矯正治療の診断の相談をしていました。

そして、ほぼ全員が小臼歯4本を抜歯する治療しか無いと言われていたのです。

4本も抜かれるとむしろ隙間が大きすぎて、問題が出るのではないかと感じた私は、抜歯をされるのであれば、矯正治療は避けたほうが良い直感でと感じました。

その直感はやがて、44歳で矯正治療を自分の力で始めたときに正しかったとわかりました。

医療人は一度習ったことに対してなかなかその壁を壊すことができません。

高名な先生が考えた方法だから間違いがないと思いがちです。

しかし、CTスキャンなどの新しい機器が開発され、診断方法も旧来のレントゲン撮影だけではなくなりました。

さらに矯正装置もセルフライゲーションのように今までとは全く異なるタイプの装置が現れ、治療技術も格段に進歩したのです。

番町D.C.では「患者さんが本当に治るためにはどんな歯科治療が必要か?」を問い続け、ISO9001の取得を経て(2004年~2015年)旧来の治療法とは考え方をことにする治療技術を実践し、検証し、科学的根拠を確立してまいりました。

この記事に書かれている内容は私の臨床経験から理解した純然とした事実です。

真理を知って正しい治療をお受けになりたい方にとってはとても役に立つ内容ですのでぜひ最後までお読みください。

①.今までの歯列矯正の限界
②.これからの歯列矯正で何を考えるべきか?
③.親知らずの抜歯がなぜ必要か?
④.小臼歯の抜歯は慎重に検討すべき
⑤.抜歯と全身の関係とは?

①.今までの歯列矯正の診断の限界
今までの歯列矯正の診断では、機械もレントゲン(セファロレントゲン)と並行模型(診断のとき先生から見させられるきれいに磨かれた模型)しかなく、治療にあたっての情報が限られていました。

しかし、近年機器が進歩し、CTが歯科でも一般的になりつつある今日では、今までは考えもしなかったことを診断できるようになりました。

例えば、頚椎や、顎の三次元的位置、舌の位置などがわかるようになってきており、それによって呼吸機能や頚椎の位置異常による体調不良など様々な診断ができるようになってきました。

うえのCT映像では、頚椎がいびつに変形していることがわかります

このような頚椎だと、顎だけでなく全身にまで様々な症状が出てくるのです。

このような診断方法は、今までのセファロレントゲン撮影によ分析では明らかにできなかった内容なのです

②.これからの歯列矯正で何を考えるべきか?
これからの歯列矯正では、単に歯並びをきれいにするだけではなく、健康のレベルを上げるための方法として行われる必要があるのです。

しかし、多くの歯科医院で、マウスピース矯正といった、テクノロジーを誤った方向に用いた、お手軽に審美的な歯列矯正のトレンドがあることは誠に残念です。

健康のレベルを上げるための歯列矯正では、CTスキャンだけでなく、半調節咬合器を使った噛み合わせの綿密な診断が必要になるからです。

上の写真のように半調節咬合器を用いた場合、平行模型ではわからない骨の歪みを診断できます。

単に上下の模型を採得するだけで矯正治療を始める矯正は実は非常に危険な一面を持っているのです。

③.親知らずの抜歯がなぜ必要か?
現代人の殆どが顎の大きさが小さくなっています。、これは硬い食べ物がなくなり、咀嚼する力が必要なくなったからだと言われています。

そして、親知らずが埋まった状態で前の7番の歯を後ろから押していることがあります。

そのようなケースでは抜歯をしないと、7番の歯の移動を邪魔することが考えられるからです。

万が一残したまま治療を終わらせてしまうと、矯正の保定の時期に咬み合わせがおかしくなったり、一番奥の歯の後ろ側に虫歯が出来てしまったりする可能性もあるので、垂直に生えてきていない場合は抜歯することが望ましいでしょう。

親知らずを抜く理由は以下のとうりです。
1、歯が前の歯を押すことによって、歯列を乱す力をかけてしまう。(歯を後ろに起こそうとするとき邪魔になる)
2、親知らずの位置によっては、手前の歯の後ろ側が歯周病になったり、虫歯になったりする。

といった理由です。

また親知らずの抜歯は実際はとても危険な治療です。

「親知らずの抜歯」で”顔の輪郭が変わる?”こちら

しっかりとした感染対策が取られている医院で抜いて貰う必要があります。

感染対策は、実は歯医者によって雲泥の差があるのでよく調べでから抜いてもらう医院を決める必要があります。

3つの基準でわかる”歯科医の感染予防”と治療レベルこちら

では親知らず抜くタイミングですが、歯列矯正を始めるときで無くても早めに抜歯をしておくことが望ましいです。

できれば学生自体に抜いてもらうのが良いのですが、その理由としては
1.時間が比較的取りやすい。
2.体力があるので、感染などのリスクに抵抗力がある。
3.骨がまだ柔らかく、歯を抜きやすい。

大人になって、「どうして今まで抜かなかったの?」と思うような親知らずを多く見かけます。
高校生を過ぎたら、自分に親知らずがあるのか?生えてくるのか?
調べておいた方が良いでしょう。

④.小臼歯の抜歯は慎重に検討すべき
矯正治療で小臼歯を抜歯する必要を診断されることがあります。

逆にすべての小臼歯を抜歯すべきではないという考え方もあります。

私は、「ほとんどのケースで小臼歯を抜歯する必要はない」と考えています。

その理由は、先程でてきたCTスキャンの画像や、半調節性咬合器を用いて診断すると、抜歯が必要な理由がほとんどのケースで見当たらなくなるからです。

多くの抜歯矯正を行う理由が「審美性を担保できないといった理由」や、「歯が並びきらないといった理由」です。

しかし、3次元的に見ると、歯を引っ張り出したり、顎の位置を正しい位置に移動させたりするとかなりの出っ歯感や歯の傾斜感は解決することができます。

たしかに成人の歯列矯正の場合は歯の傾斜を完全に審美的に理想的な状態にまで移動させることは難しいかもしれません。

しかし、審美というものは客観的なものというより、主観的なものです。

患者さんそれぞれに主観的な審美的歯並びはあるとは思いますが、それが機能的に正しいという保証はまったくないのです。

今日ではむしろ患者さんに迎合し、一般的に好まれる見た目という情報をもとに、歯並びや歯列の形態を、一定の範囲内に収めようとする歯科医師が多く、それではもはや治療人ではなくなります。

以前矯正の講習会で、「セレブが笑って写っている雑誌が歯列矯正の歯並びの基準を決める!」

といった愚かな講義をしたドクターがいました。

モデルの人の歯は概ね、顎が奥に下がりすぎている傾向があり、上の歯も内側に傾いていることが多く、正直歯科医の立場から考えて、理想できな歯並びと噛み合わせとは思えません。

そして、多くのモデルが、「腰痛や生理不順、体調不良などの数多くの不具合を抱えていること」はあまり知られていません。

実は私はこのような問題も歯のかみ合わせも少なからず関係していると考えています。

歯科医とは、如何に科学的かつ論理的に、「どのような歯並びが機能的に最も優れているか」を決めることが仕事であり、「雑誌モデルの歯並びに合わせて歯を移動させる」など、医療人とは思えない低レベルの発想をよく公演でできたものだと呆れたのでした。

⑤.抜歯と全身の関係とは?

昔、矯正治療を受けて失敗し、その後顎関節症を発症して、自分がどんな治療を受けるべきが悩んでいる技工士さんをアルバイトで雇ったことがありました。

その技工士が言うには、「歯にはそれぞれ全身の経絡と関連があり」、抜いた歯によって、その経絡が弱まり、身体の機能が落ちてゆくといっていました。

ここ3年間で、私も漢方薬や、東洋医学について勉強して感じたのは、歯と全身の経絡とは強い関係があり、「経絡が詰まると歯にも不具合が生じる」ということです。

逆に考えれば、健康な歯をむやみに抜歯をしてしまうと、その「歯が関係している全身の経絡に問題を生じてしまう恐れがある」と考えられます。

そういった意味で、審美性を求めて不用意に抜歯矯正を行うのは全身にとっても問題の種となおそれがあるので、本当に慎重に検討すべきだと思いました。

最新情報こちら
番町D.C.の診療システムこちら
ご通院前の注意事項こちら
番町D.C.の料金システムこちら
お問い合わせこちら

RECENT POST

CATEGORY

ARCHIVES