2012年4月 « トップへ » 2012年9月

2012年7月29日

実際の抜歯

実際の抜歯に際しては次のような手順で進んでゆきます。

抜歯手術の準備
1、上の歯の場合は浸潤麻酔、下の歯の場合は伝達麻酔を使って麻酔をかけていゆきます。
2、抜歯する場所の周り、お口の周りを消毒します。(強酸性水など)
3、滅菌されたオイフ(手術用かけ布)をかけてゆきます。
抜歯
4、歯肉を切開してゆきます。
5、歯の上にある骨を削ります。
6、必要に応じて、歯を分割します。
7、切開部分を縫合して抜歯終了
下のレントゲンは患者さんの抜歯前のレントゲンです。
CT1193_141224101409Project_20160724_0002.jpg
抜歯後のレントゲン写真
CT1193_150711092717Project_20160724_000.jpg
こちらはCTでスライスした同じ左の親知らずのレントゲンです。
下顎神経(下顎の神経のすぐ近くにまで根があることがわかります・・左側)
CT1193_141224101409Project_20160729_000l2.jpg
いずれも、神経に近い歯ですから、CTで歯の根の位置を確認できることは非常にありがたいです。・・右側
CT1193_141224101409Project_20160729_001r(調整後).jpg

2012年7月 4日

インプラントに隠された事実

インプラントを待つ最悪の結末

今、インプラント難民と呼ばれる、「抜くに抜けない」、「噛むこともできない」、「入れ歯さえ作れない」といった患者さんが大学病院に溢れているという恐ろしい現状なのです。
今後、自らの利益追求のために「インプラントを打ち続けてきた歯科医の倫理観と人間性」が問われることになるでしょう。

インプラントが治療として問題がある科学的根拠

1、インプラントには感染に対する免疫機構が働きません。1438310.png
自分の歯であれば免疫機構が働き、歯の周りにいくら細菌がいたとして、もそう簡単には体の中に入ってく可能性はありません。しかし、インプラントは骨に直接金属が刺さっているうえ、その一部が不潔である口の中に露出しているため免疫機構が働かず。細菌が直接骨の中に入っ来る可能性が非常に高いのです。現在「インプラント周囲炎」が発症しており大きな問題となっております。

1362959.png2、不具合が起きても簡単に抜去できないうえ、骨がなくなって入れ歯すら作れなくなる可能性があります。
インプラントは数百もの種類があり抜去のための専用の器具を用意することすら困難な上、抜去リスクが非常に高い治療なのです。そのリスクは高齢になるほど高くなり、大学病院口腔外科では開業医で抜去を断られた抜去希望者であふれ、正常な業務に支障をきたすほどの事態となっています。また骨がなくなった場合、入れ歯すら作れなくなる場合があります。

もっとの信じられないことは、不具合が起きても抜去をしてくれない無責任な歯科医が多いことです。もし最後まで責任を取る気持ちがあってインプラントを打つ先生であればそれでもある程度は許されると思います。実際インプラントで調子が良いという人もいないわけではありません。

3、インプラントが入っていることで生体の正常な反応が阻害されることがあります。
インプラントによる持続的な骨刺激ストレスによって痛みに対する正常な反応が出にくくなり、根や虫歯の痛みの除去が難しくなります。

fe628ec3205886d13f38c6aea0872503_s.jpg4、インプラントは歯と構造が全く異なり異物でしかありません。
インプラントには歯根膜という組織がなくクッション性がないため、しっかり埋まっていればいるほどインプラントのかみ合わせの相手側の歯に重大なトラブルが起こります。また先生によってはそのようなトラブルを避けるために、あえて相手の歯に当たらないように製作することで、かみ合わせに問題が起き、顎関節症を引き起こす患者さんも少なくありません。

いずれにしても、高いお金を出して治療を受ける価値はないといえる治療で、最新技術とは到底言えない代物なのです。


2012年4月 « トップへ » 2012年9月


コールバック予約

PAGE TOP