«  2018年11月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30

« 健康保険の真実を知ろう | メイン

2018年11月16日

歯科医院は一見華やかそうで、とても地味な職業です。

最近では歯科のブラック医院の問題が起きているようです。経営難で予防中心に切り替え、歯科衛生士に稼がせるスタイルがはやっていますが、歯科衛生士の負担過重と、本来の歯科治療がおろそかのまま患者さんを大量に集める宣伝に汲々とする歯科医医院そんなタイプの歯科医院が増えてきています。

最近ではホームページに対する広告規制を厚生省が乗り出しましたが、「ホームページに偽りあり」で良好な経過を得られるかのように見せかけた治療法、歯科医学の基本もわかっていないような治療法をあたかも最新の治療のごとく宣伝し、また出来もしない技術を持っているかのように偽装するホームページがとても多くなっています。

宣伝が派手で、分院がたくさんある医院ほど危険ではないでしょうか。実際は宣伝広告費と運営の基本費用を稼ぐために、医師には保険ではまかないきれない分の自由診療のノルマを貸し、スタッフはコーディーネーターと名前をつけ、治療する本人でもないのに治療コースを患者さんに説明、説得してノルマを達成し歩合を稼ぐ。そんなスタイルを強いられたスタッフは、倫理観から退職する人も少なくないと聞きます。そして退職者を補うための採用費が医院の負担になるという負のスパイラルが出来ています。

実際に分院展開している医院はきちんと治る治療もしていない割りに、経費を抑えた治療をまわすことを、辞めてゆくスタッフの欠員を補う新しいスタッフの確保と教育に追われ、社会に貢献しているのか社会からお金を奪っているだけなのか、わからない状態である医院を数多く見て来ました。

ある大きい法人の歯科医院でぼろぼろにされた患者さんが当医院にいらっしゃいました。顎関節症を治してもらおうと、何冊も本を読んで治療技術に期待して治療を受けたらしいです。その患者さんを診た歯科医院の院長は、「歯を抜かない矯正」や「知らないと損する歯の話」などで何冊も本を出している大きな法人の歯科医です。

以前読んだ、その先生の告白の中で、自分は都内に開業しても患者さんが全く来ないので、ちらし配った。しかし、どんなことをしても患者さんは増えず、閉院寸前となりました。そのとき、両親に「地元に戻ってきなさい」といわれたが、一年奮起、本を書いたことで「患者さんでいっぱいの勝ち組歯科医」にすることができた。とサクセスストーリーを回想しています。

患者さんを治療はめちゃくちゃなのに、本を書いたことで自分が稼げる医院の院長になれたということが、歯科医の人生に一体何の意味があったというのでしょうか?

本当はお母様のおっしゃるとおり、田舎に戻り、細々とそれなりの技術で少なくとも患者さんの痛みだけでも取り除ける歯科医でも良かったのではないでしょうか?

歯科医には(医師もそうですが)中途半端なプライドが邪魔をして本質を見失う人がたくさんいらっしゃいます。たとえ医師になれたとしても、人には向き不向きがあるますから、自分の想像する華やかな成功だけが本当の成功ではない、医師としての成功の形はいろいろあると思うのですが、それに固執したため、患者と自分そしてそこで働くスタッフ皆を不幸にしている。そんな悲しい現実が、笑顔で写る院長の写真の裏に見え隠れします。

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
https://www.ethica-dent.com/mt/mt-tb.cgi/878

Powered by
本サイトにて表現されるものすべての著作権は、当クリニックが保有もしくは管理しております。本サイトに接続した方は、著作権法で定める非営利目的で使用する場合に限り、当クリニックの著作権表示を付すことを条件に、これを複製することができます。
番町デンタルクリニック 院長 吉田敦志(よしだあつし)

番町デンタルクリニック
院長 吉田敦志

番町デンタルクリニック公式サイト

皆さんは何のために歯科矯正をお考えでしょうか?
美しい笑顔のため?コンプレックスを解消するため?
確かに矯正治療には、そういった役割もあるといえます。

しかし、私が考える矯正治療の目的とは、健康な体を手に入れること。

私は10年以上前から、かみ合わせと体の関係を研究してきました。その結果、
矯正治療で適切なかみ合わせに導けば、体の状態は必ず改善するという自信を持つようになりました。

実は、矯正治療というものは奥が深いものなのです。