«  2018年4月  » 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30
2018年4月12日

実は矯正治療には長い歴史があり、その歴史の中で、どうやって効率的に矯正治療を行うか?そして、できるだけ正確な結果が得られるようにと、さまざまな工夫がなされてきました。

矯正治療のもっとも革新的な変化は「ストレートワイヤーテクニック」です。それまで、先生がひとりひとりの患者さんの歯列にあわせてワイヤーを歯ごとに曲げていた非常にテクニックの難しかった矯正治療をとてもやりやすくしたのです。

その方法ですが、簡単に言えば、理想的な歯の位置関係を徹底的に研究し、曲げない理想的なアーチの形状をしたワイヤーをブラケットに入れさえすれば歯列が理想的に並ぶ様にのブラケットの形状を規格化したのです。

これは非常に画期的な方法でしたが、実際にやってみると、今までとは比べ物にならないくらい、治療の精度が上がり、先生による治療の差が非常に少なくなりました。

しかし、実際には患者さんの歯の長さや、形状が画一的ではないことがありますし、何よりも正確な位置にブラケットを装着しなければ、歯が正確に並ばないという欠点もありました。したがって、ブラケットの規格としてはすばらしくても、それを使いこなすことが難しいという欠点がありました。

つまり、精度が格段に良くなっても、さらに改良の余地があったわけです。

矯正専門の大学院を卒業していないので、私の場合ブラケットを目分量で正確に着ける位置づけの訓練を受けていませんでした。ですから、白須賀法インダイレクトテクニックを習得するまではブラケット装着は大変苦労しました。
自分なりに当時の規格ややり方でインダイレクトテクニックを勉強はしてはいましたが、白須賀法のような正確なブラケット装着法が確立していませんでので、実際に歯を並べて咬ませてみて、咬まないとき、はじめて位置づけが悪いと気がつき、ブラケットを着け直していたので、治療期間も長引き、患者さんにもずいぶん迷惑をかけてしまうことになっていました。

実は今でも、ほとんどの矯正治療のブラケット装着はダイレクト法(ブラケットを目分量で直接歯に接着する方法)で行われています。しかし、ダイレクト法を実際にやってみるとわかりますが、狭い口に中で、ブラケットを正確に位置づけすることは非常に難しく、多くの矯正専門医はこの技術と、ワイヤーを曲げて調整するテクニックを何年もかかって習得しているともいえるのかも知れません。しかも、矯正専門医といえどもブラケットの着け直しを行うことが必要でした。

インダイレクト法がこれほど優れているのに、実際に行われているケースがそれほど多くない理由は、「自分でインダイレクト法を習得することが非常に時間がかかる」こと、そして、「忙しい診療の合間を縫って技工操作をしなければならない」こと、自分で技工を行わない場合インダイレクト法を技工操作をしてくれる技工所さんに頼むわけですが、「インダイレクト法の技工物を製作する作業に手間がかかりすぎて技工所も赤字覚悟の作業になってしまう」ため、普及しにくい状況となっているようです。

また、技工所に頼むと製作に5週間程度かかってしまうので、患者さんを待たせてしまったり、その間に歯が動いてしまうかもしれないという問題もあります。正確にしかも結果の良い治療をできるだけ短い期間で行えるインダイレクト法ですが、実際は普及率が高くないのもうなずける気がします。

私の場合、すべて自分で製作するので、早ければ3日ぐらいでも製作できますが、患者さんが毎日一日中詰まっているととても技工操作をする時間が取れませんし、無理をすれば自分の体調を壊しかねません。実はインダイレクト法の技工操作は非常に緻密でストレスのかかる作業なのです。ですから、診療時間の合間が十分にないと、自分で製作したインダイレクト法による正確な矯正治療を行うことができないのです。

そう考えると、顎関節症の患者さんのような、矯正治療の高い精度を要求される診療をきちんと行うためるには、テクニックだけでなく、診療所のさまざまな条件が整わなければ難しいのだとおもいます。

2018年4月 3日

私は、歯科医以外の職業をほとんどしたことがないのと、歯科治療の技術や本当の意味を理解することが忙しくで、客観的に歯科医という職業がどういったものなのかを考えることがありませんでした。

しかし、今になって、客観的に歯科医を見てみると、かなり特殊な職業である気がします。
患者さんの状態を判断するための知識と、診断できるだけの直感がいるだけでなく、ほとんどが外科治療だけに相当の体力を必要とします。つまり体力の消耗が半端ではないと思います。

また歯科医療は他の医療の中では、現代でも、たった一人で患者さんの全般的な処置をしなければならない科だと思います。

そして、歯科衛生士さんが手伝ってくれるとはいえレントゲン撮影から、患者さんの健康管理、精神状態の分析、治療(しかもほとんどが外科治療)、そして場合によっては技工(患者さんの口に入れるものを製作する)にいたるまで、自分でやらなければならないことがあるのですから、その忙しさは大変なものです。

そして、ほとんどが零細な中小企業ですから、経営者として、人事や売り上げと経費のバランスをとったり、今では集患といって患者さんにいらして頂けるように、自院の売り込みまでしなければ、医院として成り立たない時代になってきました。わたしの場合はそれ以外にISO9001を取得したときは、医療の質管理の責任者件システム管理全体を統括を行い、かつマニュアル作りの秘書のような仕事まで全部自分でやりましたので、ISO9001の審査担当者に本当に一人でおやりになったのですか?と疑われたくらいです。

ほとんどの歯科医院は保険診療も行っていますから、診療しなければならない患者さんのは相当な数になりますから、通常の歯科医院ではどうしても、技工などはする時間はなくなってしまいます。
しかし、患者さんの健康状態や精神の状態、そして、口の中、を理解するためには技工操作はじっくり患者さんと向きあることができる時間なので、とても大切な時間です。これがなくなると、治療は単なる流れ作業にならざるを得なくなります。患者さんの歯の模型はそれほど、患者さんのさまざまなことを語りかけてくれるのです。

このような観点から見て、私が自由診療のみの歯科医院を目標として、今のじっくりとした診療のできるスタイルにできたことは非常によかったと振り返って考えています。

話を元に戻しますが、歯医者さんはとにかくマニアックな人が多く、審美にこだわりだすと、前歯の歯茎の位置の0.5mmの長さにまでこだわったり、歯の接触を完璧にするといって、理想的な咬み合せを作ったり、矯正ではいかに審美的な並びを作るかにエネルギーをそそいでいる人などを見かけます。

私も30代ぐらいまでは、自分が入れた前歯がきれいに仕上がると、達成感を感じたものです。しかし、歯が体と健康に大きく関係していることを知るようになってから、フレキシブルな体を理解しないで些末なことにとらわれた治療を行う意味のなさを痛感しました。コンマ何ミリをあわせる努力をしても、体が変化した瞬間数ミリの変化が起こることに気がつき、マニアックな治療をしている先生には失礼ですが「木を見て森を見ず」の治療は歯科では治療にならないことに気がついたのです。

歯科治療も「森を見て木を直す」といった考えで行いっていきたいものです。

« 2018年3月 | メイン | 2018年5月 »

Powered by
本サイトにて表現されるものすべての著作権は、当クリニックが保有もしくは管理しております。本サイトに接続した方は、著作権法で定める非営利目的で使用する場合に限り、当クリニックの著作権表示を付すことを条件に、これを複製することができます。
番町デンタルクリニック 院長 吉田敦志(よしだあつし)

番町デンタルクリニック
院長 吉田敦志

番町デンタルクリニック公式サイト

皆さんは何のために歯科矯正をお考えでしょうか?
美しい笑顔のため?コンプレックスを解消するため?
確かに矯正治療には、そういった役割もあるといえます。

しかし、私が考える矯正治療の目的とは、健康な体を手に入れること。

私は10年以上前から、かみ合わせと体の関係を研究してきました。その結果、
矯正治療で適切なかみ合わせに導けば、体の状態は必ず改善するという自信を持つようになりました。

実は、矯正治療というものは奥が深いものなのです。