«  2017年12月  » 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31
2017年12月 8日

矯正治療では歯ならびを治すのですが、最も重要なのは機能的に噛めることです。

しかし、歯並びの悪い患者さんにとって、噛めるという感覚を理解することは難しいと思います。

上の歯と下の歯がきちんとかみ合っていれば、機能的に噛めると思いがちです。そして多くの矯正治療を担当されていらっしゃる先生がそれをゴールと考えていらっしゃると思います。

実は矯正治療は、骨の中の限られた範囲の中で歯を移動させてゆかなければならないので、上の歯と下の歯をきちんとかませるだけでも至難の技です。

ただ、上の歯と下の歯が緊密に当たっているにもかかわらず、「噛めない」とおっしゃる患者さんがいらっしゃいます。

それを聞いた先生は咬合紙という色のつく紙をかませて、歯の当たり具合を見て、問題ないとおっしゃられるはずです。

このような患者さんを何人も診療して私が気がついたことは、顎の力の出やすい適切な歯の高さがあるということです。

簡単にえば、顎についている筋肉をゴムと考えると、ゴムがほとんど縮んだ状態しか噛み合せの高さがないと、どんなに頑張っても力は出ませんから、噛むことができません。一方ある程度の高さがあれば、ゴムが引き伸ばされるため、十分噛めると認識できる力が発揮されます。

それは顎が左右的にずれていても同じように十分力を発揮できませんから、ものを噛む力が出ないことになるわけです。

そう考えると、矯正治療を行う上では、植わっている歯の高さや、左右の顎の位置のずれについても十分考察して噛み合わせを治してあげる必要があるわけです。

残念ながら今まで一般的に行なわれてきた矯正治療ではこのようなことを考慮することがほとんどありませんでした。その結果、矯正治療を受けて本当によくなる人と、治ったように見えるのに噛めないといった問題が生じる場合があるわけです。

私が診査してきた経験では、多くの手術が必要なケースといわれた場合や、歯を抜かないと無理といわれたケースでも歯の高さを上手く移動させることで改善できることがほとんどでした。

外科手術や、抜歯はできるだけやらないほうが良いと考えます(もちろん症例によっては必要な場合があります)。また上下の骨のバランスが手術が必要なほどずれていることはめったにないと思います(唇顎口蓋裂などの先天病変は例外です)。実は手術以外の方法で治りそうな多くの患者さんが手術を勧められ、実際に手術を受けていらっしゃいます。

矯正治療が多くの場合、見た目のコンプレックスが原因のことが多く、見た目の改善のために必要以上に抜歯がされているケースが多いのですが、私は矯正治療に関しては、身体に対する関連が非常に強く、見た目を気にしすぎて結果的に身体に問題が出ることも少なくありません。

また顎の手術は実は簡単ではなく、手術が上手くいっても、噛み合わせの位置が必ずしも正しくないことも実はあるのです。それは外科の先生も、矯正の先生も噛み合せについて詳しい人が少ないからではないかと思います。

2017年12月 2日

近年、敏感なお子様が増え、矯正治療も難易度を参りました。

特に当医院に御来院されるお子様の場合、他院で矯正が上手くいかなかったり、手術や抜歯する方法しかないと断られたりされた方がほとんどです。

お子様の場合は、歯の位置や高さが完全に完成していないので、矯正治療を行うと格段に体調まで変化してくることがわかっています。ですから子供のうちから見た目ではなく、正しい噛み合せにする矯正治療が絶対に必要です。

残念ながら、今の歯科大学での歯科矯正の教育では、顎の位置や、歯の高さを正しくするという本来の意味での噛み合わせを考えた矯正治療が十分に教育されているとはいえません。

歯科矯正治療は噛み合わせと大きく関っていて、噛み合わせの変化によって呼吸器系や、脳神経系に非常に大きな影響を持つ治療ですので、このことが大学で十分教育されていないことは非常に残念でなりません。

また敏感なお子様の場合(人混みが苦手だったり、お腹がすぐに痛くなってしまったり、疲れやすかったり、アレルギー体質であったり)噛み合わせが悪いことによる影響が強く出る傾向がありますし、噛み合わせも悪くなりやすいです。敏感であればあるほど周りの環境に影響され、顎を緊張して噛み合せが変化してしまう傾向があるからです。

ちなみに、矯正治療に用いられる装置は多種多様のものがありますが、敏感な患者さんを多く治療してきた私の経験では、ブラケットやワイヤー、その他装置によって歯にかかる力が弱ければ弱いほど、敏感なお子様の治療は上手くいきます。

当医院でデーモンブラケットを使っているのも、今販売されているブラケットの中で、かかる力が弱く、しかも構造がしっかりしているからです。

難点としては、痛くないので、何でも食べることができてしまい、ブラケットを外していらっしゃる患者さんが少なくないといったことでしょうか。

歯がかめないほど痛いというのは、骨のリモデリング(改造)がおきているか、それとも骨などの組織が壊されそうになっているかをはかる目安でもあります。噛めないほど痛い場合は、組織が壊されそうなほど力がかかっているかもしれません。これらの矯正装置によってかかる力の差による痛みの反応は個人差がありますが、たとえ痛みを感じにくい人でも、より弱い力で歯が動かすことが良いことであることは間違いありません。。

歯にかかる力は実際はとても弱くても骨のリモデリングは起こることが骨の研究でもわかっていますので、できるだけ弱い力で矯正治療を行うことは、骨にとっても歯にとっても最良の方法であるというのが今の矯正治療の考え方なのです。

« 2017年11月 | メイン | 2018年1月 »

Powered by
本サイトにて表現されるものすべての著作権は、当クリニックが保有もしくは管理しております。本サイトに接続した方は、著作権法で定める非営利目的で使用する場合に限り、当クリニックの著作権表示を付すことを条件に、これを複製することができます。
番町デンタルクリニック 院長 吉田敦志(よしだあつし)

番町デンタルクリニック
院長 吉田敦志

番町デンタルクリニック公式サイト

皆さんは何のために歯科矯正をお考えでしょうか?
美しい笑顔のため?コンプレックスを解消するため?
確かに矯正治療には、そういった役割もあるといえます。

しかし、私が考える矯正治療の目的とは、健康な体を手に入れること。

私は10年以上前から、かみ合わせと体の関係を研究してきました。その結果、
矯正治療で適切なかみ合わせに導けば、体の状態は必ず改善するという自信を持つようになりました。

実は、矯正治療というものは奥が深いものなのです。