«  2017年11月  » 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30
2017年11月24日

歯の治療を行ううえで、噛みあわせを変化させないことは非常に大切なことです。
なぜなら、虫歯で少しでも歯が欠損したり、歯が割れたり磨り減ったり、あるいは適切でない虫歯の治療を行ったりするだけで、顎が移動したり、歯が移動したりして、かみ合わせは変化してしまうものだからです。

一度歯を削って変化してしまったかみ合わせは、その歯を後で元の高さに戻したとしても、もうに二度と削る前の状態に戻ることはありません。なぜなら顎は非常に柔軟な組織で、低くなった噛み合わせやズレに対して瞬時に適応して筋肉の長さや、顎の位置を変えてしまうからです。噛み合わせを調整する場合は咬合理論をよく理解してから行う必要がありますし、たとえ理解していたとしても今の噛み合わせを変化させることは、よほど悪くなってしまった人の最終手段と考える必要があります。

そういった意味で、歯の治療をするということは非常に注意が必要です。

私が虫歯の治療をする際に強く教えられたことは、虫歯の治療の際でも、噛み合せに関係する歯の部分をできるだけ削らないこと、虫歯が修復物の下にできて深くて悪くなっている状態でも、できるだけ直接修復材料(アマルガムなど)を用いて、当日中に元の高さに戻すということです。これは実は虫歯の治療で噛み合わせを変化させないために非常に重要なことです。

そして削って虫歯を取り除き、元の高さに当日中に戻すという直接修復材料を用いた治療を行っていれば、噛み合わせをが変化させることなく治療を進めることが出来ます。

最近は噛み合わせの面に樹脂を使う先生も多いようですが、白くて磨り減ったかどうかもよく分かりませんが樹脂は知らない間にどんどん磨り減っており、定期健診でも噛み合せが変化していることに気がつきにくい材料です。アマルガムやゴールドなどの金属材料は、高さの変化やストレスのかかり具合によって表面の磨り減り具合(光って見える)が変わってきますので、実は異変に気がつきやすい材料といえます。そういう理由で100年以上も昔から使われてきた材料です。

一部セラミック材料も材質的に良い材質が出てきましたが、こちらも金属のような磨り減りを見分けることが困難で、噛み合わせに関係する場所に使用する材料としては、チェックが難しくあまり適していない材料といえるのです。

このようにもともと噛み合わせの狂いが少ない患者さんの場合、噛み合わせを変えないことが非常に大切ですが、治療や、様々な理由で噛み合せが変化してしまった場合はどう考えればよいでしょうか?
それについてはまた後日書いてゆこうと思います。

2017年11月16日

EBM(evidence-based-madicine)は近年盛んに医療業界でも歯科業界でも盛んに言われています。

たしかに、全く根拠のない治療をすべきではありません。しかし、実際に臨床で治療をしていると、根拠に基づいた治療(EBM)だけで患者さんが治るかといえば、それは非常に難しいといえます。

私も研究者として4年以上大学で動物実験をしたり、細胞培養をしてきた経験で考えますと、科学(science)とはあくまでもある程度予測を立て、それに対して証明する手順であり、現在の科学技術で証明できるものに限られます。

昔は機器や機械の精度から証明が難しかった治療手法や薬剤の作用起序なども技術革新とともにだんだん証明が進み、それをEBMと呼んでいるわけです。そう考えるとEBMとはある程度結果がわかっているものに関して証明してゆくものと考えられます。つまり治療におけるEBMとはすでに、ある程度手法の効果が認められていたことを証明しているにすぎません。

ということは、はじめに治療技術があり、それが証明された後にEBMとして一般的に使われる様になるということです。
実際には治療効果がありながら、現在の科学技術的に証明できない技術はたくさんあります。

特に東洋医学的な経絡の概念、そして人同士の影響や正気や邪気の概念、生命エネルギーの概念などは、科学的に証明を行なうことができるようになるのは相当未来のことになると考えられます。
私も顎関節症の治療は研究し始めた頃は、何故これで治るのかは分からないが、治す方法をがたくさん見つけました。そして年を重ねるごとに治るメカニズムがわかってきたので、その都度本ホームページで公開しています。しかし、特に東洋医学的な感覚は証明が難しいです。

治療技術は必ずしも全て証明できるものばかりではないです。それらに関してはあくまでも確実に結果のでる手順に従って行なうことで望む結果を出せると理解しています。携帯電話の構造や仕組み、何故離れたところとやり取りできるのかを知らなくても電話をかけたりメールを送ったりすることができるのと同じ考えです。そこには間違いを犯さないためのルールを持つ必要があり、そのルールを守っている限りよい結果を生み出すことが可能なのです。

つまりEBMがない治療が絶対にだめというわけではないということです。全く適当な勘で行われた治療は困りますが、使いこなされた経験や技術を用いた治療は、たとえ今の科学でEBMがあると証明できなくても効果が出せれば、活用すべきですし、そこに医療人としての裁量権というものがあると理解しているのです。そういった意味でEBMに強い西洋医学も、逆にEBMに弱い傾向にある東洋医学もいずれの良い点を使いこなして治療を行うことがよりよい結果を出すためには必要だと考えるのです。

しかし実際には東洋医学の本当の技術が伝わりにくく、漢方薬の診断や、気功技術なども、本当の技術を持っている人が実際には少なく、間違った方法で行なわれていることがほとんどで、本物を探すのは非常に難しいといえます。

歯科治療に関しても、本当の技術をもっている人は非常に少なく、虫歯の治療手順すらきちん理解して正しく行なえる人は相当少ないと考えられます。


« 2017年10月 | メイン | 2017年12月 »

Powered by
本サイトにて表現されるものすべての著作権は、当クリニックが保有もしくは管理しております。本サイトに接続した方は、著作権法で定める非営利目的で使用する場合に限り、当クリニックの著作権表示を付すことを条件に、これを複製することができます。
番町デンタルクリニック 院長 吉田敦志(よしだあつし)

番町デンタルクリニック
院長 吉田敦志

番町デンタルクリニック公式サイト

皆さんは何のために歯科矯正をお考えでしょうか?
美しい笑顔のため?コンプレックスを解消するため?
確かに矯正治療には、そういった役割もあるといえます。

しかし、私が考える矯正治療の目的とは、健康な体を手に入れること。

私は10年以上前から、かみ合わせと体の関係を研究してきました。その結果、
矯正治療で適切なかみ合わせに導けば、体の状態は必ず改善するという自信を持つようになりました。

実は、矯正治療というものは奥が深いものなのです。