«  2017年7月  » 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31
2017年7月28日

今歯科業界は結構大変な状態になっています。

保険制度が崩壊し、治療技術を大学で十分教えてもらえなかったにもかかわらず自由診療を行わなければ経営が成り立たないという矛盾を抱えているのです。

アメリカの大学でははじめから保険制度がないので、自由診療でも納得してもらえるような治療技術を教えてもらえます。しかし日本ではそのような教育を受けることは非常に難しく、時にアメリカの大学を研修されている先生もいらっしゃいますが、莫大なお金をかけて留学してやっと技術を習得してしかも有名にならなければ、なかなか歯科医として成功することが難しいようです。

仕方がないことかもしれませんが、多くの歯科医は、治療技術を習得するといった難しい道を選ぶことより、今日、明日にでもお金を稼ぐことができるような自由診療に飛びついているのが目立ちます。
安易な臼歯部のダイレクトレジン、マウスピース矯正、セレックシステムなどはその例で、基本的に様々な問題を抱えるこのような治療法が、今ではまるでスタンダードのように見える宣伝の対象と化しています。

また今になっていろいろと問題が生じているインプラントなども結果的には安易な自由診療移行のためのツールでしかなかったので、インプラントをうたれて高齢化した患者さんの、抜くことすらできない問題を抱えたままで残ってしまっているインプラントはこれから社会問題化してゆくと思います。

虫歯の深い奥歯のダイレクトレジンや大きく歯を削るセラミック修復での治療は材料の刺激で抜髄(神経を抜く治療)となる数が増加してしまうこと考えられますし。一度神経を抜いてしまうと歯の寿命は圧倒的に短くなりますし、根管治療がきちんとできる歯科医院はまだ少ないのが現状です。安易な審美治療は日本人の歯の寿命を短くする原因とのなっているかもしれません。またダイレクトレジンは目にはっきり見えなくても、必ず金属より早く磨耗しています、噛み合せが知らない間に低くなっている原因はこのダイレクトレジンの多用だと思います。何故臼歯の機能部分に磨り減りの早いレジンを使うのか?歯科医として勉強をした先生の治療としてはいま一つ信じられません。自費用のレジンでも所詮は樹脂です、金属の1/20程度の強度しかありません。患者が求めてもまずリスクを説明して、断るのが筋でしょう。

私の医院では、患者さん意識が比較的高いので、虫歯などの状況がそれほど酷くないという理由もあると思いますが、治療後に神経を抜いた歯は10年間で数本もありません。きちんと感染対策とMTAなどの適切な材料による処置を施せば、神経を抜く治療に至る可能性はきわめて低くなると思います。また金属材料を使うことによって噛み合わせの変化も少なくできます。そして何より「ものが噛める」とよく言われます。考えてみればそのために治療に来ているのですから当たり前のことですが、審美治療をうけて失敗した患者さんはなおさらそうおっしゃいます。

歯を治すことは、痛みや違和感、不快感を取り除いたり、健康の向上のために行うものですから、歯の機能の問題や痛みが起きないようなベストな材料や噛み合わせのための治療が行われれば、それが最もよいわけです。
仮にそれが自由診療であっても、きちんと行われるのであればそれでも患者さんは治療を受けてくださる人はいらっしゃると思います。多くの日本の歯科医院のように本来の目的とは違う自由診療化は患者さんのためにはなっていないと思いますし、結果的には自分の首を絞めているのと一緒です。

しかし、保険制度での歯科の点数の急激な締め付けや、歯科医院の数が急に増え経営が悪化してきたため、多くの先生は時間や労力をかけずになんとかお金が稼げる方法へと移行せざるを得なかったのだと思います。
一概に歯科医がすべて悪いとは言えません、国もこのような状況を放置してきたこともありますし、もっと積極的にアメリカの治療技術を日本に導入するなどの歯科大学の教育改革を行うべきたっだとおもいます。

私が20年以上前に、アメリカから帰ってきた先生が治療を教えてくれたとき、多くの同級生や後輩は、治療技術を習得する大変さを知ってそれ以上踏み込もうとしませんでした。つまり多くの先生はなかなか治療が大変な自由診療で行うアメリカ式の治療にはなじめなかったのだと思います。

これは日本の文化もある程度影響していると思います。少しでも安く治療をしてあげるのが親切な医師、というイメージがあることは誰にも否定できないでしょう。
しかし、レベルを保つための投資や費用を考えるとそうと、それが果たしてよいのかどうかとも言い切れないことを理解しないと、医師も患者さんも結局不幸になるだけだと思うのです。
いくら安くてもキチンと治らなければ意味がないからです。

私の場合、適切な感染予防の意識と、歯の治療にはある程度お金がかかってしまうという感覚を患者さんに理解していただくまでに10年以上の歳月がかかりました。
そして一番難しかったのが、治ったと分かっていただける感覚が分かる患者さんと出会うことでした。患者さんとの出会いはとても大切です。医院の性格上敏感な患者さんが多いのですが、多少治療が難しくても、自分が治療して状態を良くなったことが実感できる患者さんと出会えることが、歯科医としての自分の存在意味を感じることが出来るのだと思います。


2017年7月14日

感染対策に関する日本の歯科のスタンスは常に問題にされます。

つい先日も、「グローブを常に交換しているか?」とか、「歯を削る道具を滅菌しているか?」といった問題がテレビでも放映されていました。

いまだに半数以上の歯科医は十分の処置が出来ていないという結論でしたが、日本の歯科に内在する問題がそこに集約されています。

何故そのようなことが起こっているのかを私なりに考えてみると以下のようなことが理由であると考えられます。

1、そもそも、感染対策を行うだけのコストを保険診療の報酬では難しい(再診料が450円)。
2、個人経営がほとんどの歯科医院であり、歯科助手などの感染対策の十分な教育を行うだけの余裕がない。
3、大学教育で感染対策をきちんと教育していない。

等があります。当医院では感染予防費という費用を再診料と同じ感覚としての位置づけで頂いていますが、保険診療ではそこにはコストという問題がどうしても出てきます。短時間で大量の患者さんを診療してゆかねばなりません。なぜなら歯科での保険診療は一回の診療あたり500点(5,000円)以上の請求をすると健保から目をつけられ、個別指導などの嫌がらせに近い仕打ちを受けるからです。

そのためできるだけ一回の診療報酬を減らしながら多くの患者さんを診療するスタイルにならざるを得ず、こちらは「治療のテクニック」というより「健康保険対策を考えた診療の仕方」、といった方法にならざるを得ないからです。

そして、一回あたりの時間が限られるために、十分な感染対策をする時間的な余裕もありませんし、大量の器具も必要となります、クラスBといったハイレベルの滅菌器では滅菌できる器具の数に限界がありますから、アメリカなどで標準の感染対策を行うことは通常相当難しいといわざるを得ません。

保険診療ではユニット周りを毎回消毒することも時間の関係から難しいでしょうから、実際は世界標準の感染対策を行うこと自体が難しいといえるでしょう。混合診療に関してはいろいろいわれていますが、ある程度の感染予防をするためには、対策費を実費で頂くなどいずれ取り入れなければならないと思いますし、歯科医側の問題とばかりもいえないのが現実だと思います。

日本の歯科用ユニットについても、世界のスタンダードのユニットとは違うようです。
歯科大学で多くの学生が実習で歯科用ユニットを使いますが、それを開業しても好んで選ぶことになるので、各メーカーは大学に歯科用ユニットを納入することに躍起になります。そして日本ではほとんどの場合国産のユニットが選ばれますが、そのほとんどが感染予防についての考慮がされておらず、世界的の標準的な感染予防を行うことが出来ません。

そのユニットを使って大学を卒業した先生に感染予防をきちんとして欲しいと思っても難しいことは明らかです。(スピットンは今は使わないのが一般的ですし、水も通常水道水は使いません、ユニット内のチューブを洗浄できる水を使います)

世界的に見るとアメリカのa-dec社の歯科用ユニットが感染予防など様々な点で優れている歯科用ユニットの世界標準なのですが、日本の大学病院でほとんど見たことがありません。

10年ほど前に私の医院で器材の準備などを手伝いに来ていた学生が、大学の病院で実習が始まると、あまりの汚さに、アルコール綿をもって感染源となる部分を拭きまわっていたら、「一体何をしているの?」と怪訝そうにみんなに聞かれたといっていました。それほど大学病院の感染対策は遅れていたようです。(今はだいぶ変わったと思いますが)

2017年7月12日

医師も歯科医もよく「医者の不養生」といわれることがあります。

お医者さんが病気になってぽっくり死んでしまったりすることが少なくないからです。
お医者さんもそうですが、歯医者さんもとにかく「歯が悪い⇒体の具合が悪い、といった方」を多く診療しなければならない職業で、相手にする人の具合が悪い人ばかり、ということはむしろ当たり前のといえます。

私のブログでも良く書いていますが、体の調子が悪い⇒悪いエネルギーが溜まっている。といっても過言ではありません。
そう考えると、お医者さんが病気になってしまうリスクは、むしろ普通の人が病気になるリスクより高くて当然といえます。

「医者の不養生」では全くだめでむしろ「医者のやりすぎるほどの養生」でなければ、仕事を続けられないのが現実ではないかと思います。

私自身も、歯科医として患者さんを診療するようになってから、「原因不明の体調不良」や「「おなかが張る」、「ガスが溜まる」、「うつ状態になる」、「体中がコチコチになる」といった症状に悩まされていました。
今は整体に通ったり、オステオパシーに通ったり、ヨガをしたりと周到に養生をしているので、何とかある程度以上の健康状態を保つことができています。

診療時間を17時半までにしたのも、自分の身体を翌日までに回復させるための苦肉の策です。

医師は患者さんより健康状態が上でなければ、患者さんを良くすることが出来ないと思います。エネルギーの法則からいっても、高いエネルギーから低いエネルギーへを流れます。もし患者さんよりも具合が悪いエネルギー状態の先生であれば、むしろ「患者さんの良いエネルギーが先生の方に向かってしまう」といった本末転倒のようなことも起こりかねません。

物理的な歯の治療というのは、腕が確かであれば十分だと思います。しかしそれ以上に治療を受けて治ったと感じていただけるためには、それ以上に何かが必要です。それがスタッフの健康だと私は考えます。そして法人の目標としてもスタッフの健康管理を入れたわけです。

私たち医療人は自分達の健康状態には普通の人以上に気を使う必要があると思います。残念ながら、多くの医師や歯科医は健康管理はおろか自分の具合の悪さにすら気がついていない人がほとんどと感じます。

患者さんのお話を聞くと、「病院に行けば行くほど調子が悪くなる」といった人もいらっしゃいます。きっとその病院のスタッフの健康状態も、そして病院内の空気もよどんでいるに違いないと、話を聞きながら考えるわけです。

歯の病気の治療というと短に物理的な回復(虫歯が詰め終わる、根の治療が終わる)だけに着目しがちですが、物理的に悪くなる前に、その部分には悪いエネルギーが溜まっていると考えて間違いないと思います。
さんざんハンマーで叩いたコンクリートはたとえ割れていなくても、その後指で触れるだけで砕け散ることがあります。これは叩かれたエネルギーがたとえ目に見える形でなくても溜まっていることを示しています。

人間の病気にも同じことが起こっていると思います。ガンができる前にはそうなってしまうだけのエネルギーという負荷がその部位にたまっているはずです。

歯の詰め物が取れるということは、取れるだけのエネルギーや負荷がその歯に加わっていることもあるのです。詰め物が取れる場所がいつも決まっていたりするのは、その場所に取れるほどのエネルギーが溜まりやすいからです。ですから、詰め物やかぶせ物のやり方が悪くないのに取れたり壊れたりする場合、患者さんには「それは取れてやり直す必要があったからだからポジティブに考えてください」と説明して、再度治療をやり直します。

実際に取れた部分の歯をきれいにして詰め直すと、本人もびっくりするほど具合が良くなることがあります。恐らくやり治すことで何らかのエネルギーが解放されるからだと私は個人的に思っています。

近年接着性の良いレジンなどがでて、詰め物が取れないことがとても重要のように考えられていますが、「悪いエネルギーが溜まっているのに外れない」ことのほうが将来より大きな問題を引き起こすのではないかと治療をした経験で思います。

多くの患者さんは、「外れないこと、治療されないこと」が歯医者選びの基本の様に考えているようですが、むしろ外れるべきであるのに、外れないことによって悪いエネルギーが溜まり続けることのほうが重篤な問題を引き起こすことは想像に難くありません。

今や原因のわからない疾患がたくさんありますが、これらも多くは何らかのエネルギーが作用していることは間違いないと思います。地球上は今は電波や磁気など様々なエネルギーが飛び交っていますから、反応性が高い人はそのエネルギーでおかしくなってもなんら不思議ではないからです。

当医院では、アマルガムを用いた歯科治療を行っております。
時々、その材料は古いし、害があるのではないかと聞かれることもあります。

私自身も大学で実習をしたのは一回だけで、アマルガムを歯科医としてここまで充填することになるとは思いもしませんでした。

しかし、アメリカの大学を卒業した先生にアマルガム充填の治療法を勉強させていただいたとき、正直「こんなに素晴らしい材料があったのか?」と思いました。使わせて頂いたのはKerr社のアマルガムで日本にはほとんど入ってきていませんが、非常に素晴らしい材料で、私も兄の歯も治療から20年以上経っても2次カリエスにもならず全く問題なく機能しています。

結論から言えば、臼歯を問わずこれほど安定した材料はないということです。
歯の治療は、物を噛めることと、虫歯を再発させないことが欠かせない必要最低条件です。そして口腔内でできうる限り長持ちすることも重要な条件です。

20年以上も昔に充填したアマルガムが、外してみたがなんともなっていなかったということは実際には多くあることです。そして歯医者さんの間でもこのように書かれており、アマルガムを積極的に外そうと宣伝している先生はむしろ経営のためではないのかと疑ってしまいます。

よくアマルガムを詰めた人の半数以上がアトピー性皮膚炎や精神障害、不定愁訴の原因となっているとアマルガムの害を主張する人がいらっしゃいますが、中には本当に金属アレルギーの人もいるかもしれませんが、これらの疾患は様々なことが原因とでなっていますし、このことを主張する先生が納得のできるような説明がなされていないので、にわかには信じがたいです。

私自身もアマルガムを10本以上詰められています。歯科医になってから背中のアトピーに悩まされ、アマルガムが原因かもしれないと思ったときもありましたが、矯正治療で噛み合わせを治したり、整体に通うなどでいつの間にかなくなってしまっていました。人によって必ずしも同じではないと思いますが、不定愁訴の原因をアマルガムのせいにするのは少し論理が飛躍している気がします。アマルガムを強度の低い材料に交換するリスクを取ってまで治療を受ける必要性があるか非常に疑問です。

一部の金属アレルギーのある方への充填は不適当だと思いますが、それ以外の患者さんで充填した限りではいずれも非常に良好な口腔状態を維持することに成功しています。その理由として
1、金属なので耐久性が高い。
2、金属なので研磨するとプラークなどがつきにくくなる。
3、小さい虫歯から強度の補強が必要な歯まで様々なケースに使用できる。
4、即日に充填が終了するので、感染のリスクが低い。
5、充填後に膨張し、なおかつ直接充填なので適合が良い
といった利点があります。

そんな理由から今でもアメリカでアマルガムが良く使われているのだと思います。むしろ審美的な患者さんの要求がコンポジットレジン充填を行う歯科医を増やしていると思います。
FDAの見解はこちらです。

当医院に御来院される患者さんの多くが、歯がすぐに虫歯になってしまったり、具合が悪くなる人が多いので、そのような患者さんにアマルガム充填をおこなうと、「噛める感覚をとりもどせるのと、自分の歯にぴったりフィットしている感覚があって本当に具合が良い」といわれます。
ただでさえ歯がダメージを受けやすい患者さんですので、耐久性の高い材料が治療に必要になるからです。

そのような臨床の成績から、私どもは、あえてコンポジットレジンを使用しないでアマルガムを使用しています。

また、アマルガムは確実に充填することが非常に難しい材料です。そのため十分トレーニングされた先生でなければ詰めることができません。現在日本の歯科医師でアマルガム充填を正確に行えるドクターは非常に少なくなっているのが現状です。


« 2017年6月 | メイン | 2017年8月 »

Powered by
本サイトにて表現されるものすべての著作権は、当クリニックが保有もしくは管理しております。本サイトに接続した方は、著作権法で定める非営利目的で使用する場合に限り、当クリニックの著作権表示を付すことを条件に、これを複製することができます。
番町デンタルクリニック 院長 吉田敦志(よしだあつし)

番町デンタルクリニック
院長 吉田敦志

番町デンタルクリニック公式サイト

皆さんは何のために歯科矯正をお考えでしょうか?
美しい笑顔のため?コンプレックスを解消するため?
確かに矯正治療には、そういった役割もあるといえます。

しかし、私が考える矯正治療の目的とは、健康な体を手に入れること。

私は10年以上前から、かみ合わせと体の関係を研究してきました。その結果、
矯正治療で適切なかみ合わせに導けば、体の状態は必ず改善するという自信を持つようになりました。

実は、矯正治療というものは奥が深いものなのです。