«  2016年2月  » 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29
2016年2月20日

歯科医院はいわゆる女性が多い職場です。
ほとんどの場合院長以外は女性で構成さています。

実際医療の現場でも、医師以外の多くは女性で構成されていると思います。

これは女性が愛に満ち、無償の愛で包み込むことが出来る性質を男性より持っていることと決して無関係ではないと思います。

特に医療関係の仕事につく女性は愛に満ちていることが多いのではないか?と何人もの医療関係スタッフを見てきた経験で感じます。

たとえ医師や歯科医のように直接病巣を取り除いたりすることが無くても、隣にアシストしているだけで患者さんの痛みや苦しみを共感したり、分かち合ったりして、患者さんを癒してくれます。

私が以前手術で入院していた際、点滴をしていた手が動かせなくて、しびれて感覚完全に麻痺し、つらくてどうにもならなくなったことがありました。

そのとき、看護婦さんを呼ぶと「どうしてかな?」といって2,3回さすってくれましたが、それだけで痺れは無くなり楽になってしまいました。

そのとき、「ああ、看護婦さんが見えない苦しみの原因の何かエネルギーのようなものを取ってくれたんだな、申し訳ないな」と思っいました。そして、病院における女性はきっと自分を犠牲にしながら患者さんの苦しみを取っているのだとく感じ、感謝の気持ちにつつまれました。

われわれ歯科医師も、歯科衛生士も、歯科助手も、患者さんを治療することで、自分達にダメージを受けてしまう経験は決して少なくありません。

しかし、患者さんがニコニコして帰ってゆく姿を見るとそのようなことは一切消し飛んでしまいます。

男性の歯科医師の場合、意外にもはそのような影響を受けてしまっていることに気がついている先生は少ない気がしますし、気にかけるほど感性の高い先生はむしろ少数派です。

一方女性の場合は割りと感性が高い人が多いので、女性スタッフ達はその様なことに内心気がついていながら、毎日きちんと出勤してきてくれるわけですから、本当に女性と言う存在には男性には無い強い慈愛と自己犠牲の心を強く感じるわけです。

こう考えると、医院における女性スタッフには本当に感謝しなければならないし、医院経営事態が女性で成り立っていると考えても決して過言ではないといえるのではないでしょうか?

2016年2月19日

私は病院が苦手です。

なぜかというと、大体具合の悪い人しかいないし、病院の待合室の空気が非常に重苦しいからです。ですから出来るだけ必要最低限しか病院にはいかないようにしています。

昔からよく言われていますが病院は悪いエネルギーがたまりやすい場所です。
当然体調の良い人や具合の良い人が来る場所ではないのですから仕方が無いことです。見えないエネルギーでも人間はなんとなく感じ取るために病院に行きたがらない人が結構多いのではないでしょうかです。

私ども医院にいらっしゃる患者さんも決して具合の良い人がいらっしゃるわけでは有りませんから日々診療をしているとどうしても医院自体に重苦しいものがたまりやすくなります。

そういった理由から、どうしても医院内の場の環境を常に整える努力が必要になって来るのです。
私どもの医院ではホールなどで使う巨大な空気清浄機を入れたり、床を掃除したり、換気をしたりします。

今の時期は寒くてなかなか十分に換気を出来ませんが、こまめに換気したり空気を清浄化することで医院の場を良くさせ少しでも患者さんの治りがよくなるように努力しています。

同じ内容の治療をする場合でも、患者さんが緊張状態にあるかリラックス状態であるかで結果は大きく変わってきます。そういった意味で治りがよくなりやすい治療ができるためには、リラックスできる「医院の場」を作ることが絶対に必要になると考えています。

今まで24年近く技術者としての歯科治療技術を勉強し、歯の治療を全身の不具合との関係がわかってくるに従い、単に物理的にはっきり見えているものを治すことだけでは解決しきれないものが患者さんの中に沢山あることが見えてきます。

患者さんの人生の経験や、受けた物理的、精神的な傷です。またその影響も、その人自身の持っている体質や性質によっても歯や体に出てくる症状に大きな差が出てきます。。

もちろん、われわれ歯科医や医師の中には、それらに対してもある程度理解し、意識的または無意識にそれらにアプローチし、それらの負のエネルギーのようなものを取り除こうとしている人もいることは確かなのです。

しかし、それらの原因としての役割と、どのように作用しているのかをきちんと認識し、分析し、それを理解して治療を行うことで、より早く、確実に患者さんの状態が良くすることが出来ることがわかってきました。

逆に、先生自身がそのような負のエネルギーに負けてしまい、自分自身が具合が悪くなってしまったり、スタッフが体調を崩してしまったりする医院もしばしばみかけます。いわゆるミイラ取りがミイラになってしまう例です。
自分の医院ではそのようなことが起こらないように常に自分とスタッフの状態をお互いにチェックしています。

これは整体や気功の先生から言えば「気のエネルギー」といえるでしょうし、物理学で言えば「素粒子などの重力波エネルギー」の一部かも知れません。

また心療内科から言えば「心の病気」などもある種のエネルギーによって精神が乱されたものといえるのではないかと思っています。

感染症や、癌などの物理的に取り除けば何とかなる治療で疾患が克服されてきた21世紀に入った人類は、このような物理的にはっきりとは見えない疾患の真の原因を探求し、理解し、それを取り除かなければ本当の意味で治ったと言えない事に気がつかねならない時代に入ったといえると思います。

2016年2月18日

今体質が敏感な人がどんどん増えてきています。

アレルギーがあったり、なんとなくだるい、心を病んでしまう。

このような問題は昭和のころにはあまり聞かれませんでした。

もしかしたら、昔は根本的な原因がわからないまま、結果についての治療を行ってきていたのが、より原因に近いものにアプローチしなければ結局治らないということがわかってきたからなのかもしれません。

われわれは、虫歯になりやすかったり、咬みあわせが悪くて体調が苦しくなりやすいなどの患者さんを多く治療してきました。

その結果、歯や顎さらには身体に問題が起こりやすい人は、その人の仕事の内容や種類、そしてその人自身の体質とも大きく関係していることがわかってきました。

たとえば医療やマッサージ師、整体師の仕事、弁護士やSEの仕事などをしている人は歯や体にダメージを受けやすいです。その中でも体質が敏感な人はさらにダメージを受けやすいですから、敏感体質でこの種の仕事をされている方は正直相当きついと思います。

これらの職種の人がダメージを受けやすい理由は、あくまでも私の想像でしか有りませんが、いまだに解明されていない、ある種のマイナスのエネルギーが作用して歯や臓器などにダメージを与えるためだと思います。

医療関係の人は相手の身体を癒すことが仕事ですから、いらっしゃるのはマイナスのエネルギーがたまっている人がほとんどでしょうから、どうしてもその影響を受けることになります。

またSEの仕事は強力な電磁波を受ける機会が多いため、そのようなエネルギーは身体にマイナスに働きやすいと考えられます。

弁護士は、諍いに常に直面することになりますから、当然プラスのエネルギーよりもマイナスのエネルギーが大きいと考えられるからです。

このように考えると、感情や疲れなど、感覚的にはわかってもはっきりとは見えないものでも人間に対して大きな影響を与えていることは間違いありません。

よく笑っていれば病気にならないといいますが、このようなエネルギーのような影響を考えた治療も今後は必要になってくると思います。

われわれも自分達の健康管理には常に気をつけています。というのは、やはり自分達の健康状態が患者さんの健康状態よりも良ければ患者さんをよりよい状態にまで引き上げることが出来ます。

一方自分達が悪ければ、自分達のレベルにまで引き下げることになります。
これでは治療を受けに行っても結局エネルギーレベルを下げられ本当の意味で治らなくなってしまうからです。

2016年2月12日

矯正治療は、長年私が治療に携わってきてこれほど難しく奥が深い治療はあるのかと思うほどの治療です。

もちろん咬み合わせなどを考慮した歯の治療も非常に難解で奥の深い治療です。

そもそも顎関節は非常に特殊な構造で、腕の関節のように決まった軸で動く構造になっていません。

比較的左右にも、前後にも、そして上下にも自由に動くゆとりがあるのです。そのため、たとえ歯の治療で低いかぶせ物をされても、ある程度顎の関節自体は適応することが出来ます。

しかしながら、位置的に適応できたとしても、その周りを取り巻く筋肉はそれに適応し切れません。
やがて不適切な緊張が生まれ、それが首の筋肉や頭骸骨に付着している筋肉を引っ張り始めます。

これによって頚椎の配列は乱れ始め、頭蓋骨の形は変形してきます。

多くの人はこのような変形や変位がある程度ある場合がほどんどです。しかし、その変形や変位に対しての反応は人によってまちまちです、すべての人が不快感を感じるわけではありませんが、不快感を感じる人にとってはこれほど苦しいものは無いため、人によっては咬み合わせの異常が原因の顎関節症による不定愁訴が起こるわけです。

これらの異常は現代の難解な病気とも関係していると考えられます。頭蓋骨の変形や頚椎の変位はホルモンバランスや場合によっては精神面の異常を引き起こします。そういった意味で矯正治療で歯の位置を変えることで、不適切な筋肉の緊張を取り除き、骨格の異常を取り除くことが出来るため一見関係ないように見えながら、このような疾患に対してもある程度有効な治療法といえます。

しかし、すべてのこのような症状が咬みあわせだけで取り除けるわけではないので注意が必要です。あくまでも咬み合わせの狂いなどで引き起こされた筋肉の緊張が原因となっているものだけです。

しかし、治療で言えば、咬み合わせの位置を変えることで筋肉の緊張は取り除かれ、それに伴って頭蓋骨の形状も治ってきて、徐々に変化してゆくため、それに合わせた下あごの位置をさらに見つけ出して歯を動かしてゆかねばなりませんからまさしくこのタイプの矯正治療は非常に難解なものになるのです。

« 2016年1月 | メイン | 2016年3月 »

Powered by
本サイトにて表現されるものすべての著作権は、当クリニックが保有もしくは管理しております。本サイトに接続した方は、著作権法で定める非営利目的で使用する場合に限り、当クリニックの著作権表示を付すことを条件に、これを複製することができます。
番町デンタルクリニック 院長 吉田敦志(よしだあつし)

番町デンタルクリニック
院長 吉田敦志

番町デンタルクリニック公式サイト

皆さんは何のために歯科矯正をお考えでしょうか?
美しい笑顔のため?コンプレックスを解消するため?
確かに矯正治療には、そういった役割もあるといえます。

しかし、私が考える矯正治療の目的とは、健康な体を手に入れること。

私は10年以上前から、かみ合わせと体の関係を研究してきました。その結果、
矯正治療で適切なかみ合わせに導けば、体の状態は必ず改善するという自信を持つようになりました。

実は、矯正治療というものは奥が深いものなのです。