«  2016年1月  » 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31
2016年1月19日

今日もバスの事故のニュースが大きく取り上げられました。

結局は法令違反が原因なのか、コスト削減が原因であるのかよくわかりませんでしたが、結局無理な経営が事故を生んでしまったようです。

東芝の不祥事や、マクドナルドの不祥事などこの手の話は枚挙に暇がありません。

しかし、結論から言って顧客に対して不誠実であるという行為はいずればれることになるということです。もちろんばれないでしばらくうまくいくこともあるでしょうが、結局その分ばれたときの代償が大きなものとなってしまいます。

われわれ歯科も競争が激しくなって、歯科医師から見てあまりに不誠実と思ってしまうような治療が今まで結構横行してきていました。

生理学的に考えて、どう考えても無理があるインプラントの流行。患者さんの歯を長持ちさせたり健康を得るために必要とは到底思えないほどの極端な審美治療。

いつかはその根源にある先生の経営第一主義が発覚することになるでしょう。

また、それとは別に誤ったコストカットをしていることもよく見かけます。

質があってのコストカットなのに質を犠牲にしたコストカットです。これはトヨタに発覚したコンピュータシステムの問題や、タカタのエアーバックなどで安全に問題が出た例などは行き過ぎたコストカットが原因ではないかと想像しています。

私達の業界でも、どうしてそこでコストを削るのかわからないようなコストカットをして質を落としてしまうことも結構あります。

もちろんわれわれの業界では保険診療ではいただける料金が決まっていますから、ある程度自由診療の収入がある歯科医院でなければひたすらコストカットする構図になってしまうのはやむをえないと思います。

しかし、今後日本の歯科でも自由診療が多く取り入れられるようになるため、その料金体系によって質がさまざまとなることは想像に難くありません。

アメリカではすでに価格帯によって治療レベルの格差があって、高い技術で高めの治療費を請求する歯科医院はそれなりの歯科医院を紹介するという(アメリカは専門医が多いので専門医同士がお互いに専門医を紹介しあう)すみわけが出来上がっています。

このような仕組みは日本でも進み、価格帯と質といった住み分けで、一般的な企業と同じようにで信用のある歯科医院とそうでない歯科医院とでは価格帯の差も広がってくることでしょう。

そのときに歯科医院の持っている質に対する姿勢は自分が治療を受ける上で重要な参考になってくると思います。

2016年1月14日

私どもが治療の成果を考える場合、どうしても本当に効果の出る治療であるかを確認する必要があります。

なぜなら顎関節症の治療はかみ合わせの状態を大幅に変化させ、全身にまで変化が現れるような治療をするので、場合によっては取り返しのつかないことになりかねないからです。

かみ合わせの変化によって人によっては呼吸が楽になったり、苦しくなったり、あるいは生理痛がよくなったり、ひどくなったり、また敏感な人では精神の状態(うつ状態など)にまで起こすことがあるからです。

おおむねほとんどの人は治療するにしたがって順調によくなってゆくのですが、人によってさまざまな好転反応と呼ばれる、一見治っていないのではないかと思ってしまうほどの一度体調が落ちるなどの反応が起こることがあるからです。

私自身も矯正治療を経験し、咬合の変化がさまざまな好転反応や精神面に対する影響があることを知りました。実際自分の咬みあわせが悪くなく、また自分が割と敏感な体質で無かったならこのようなことに気がつかなかったかもしれません。

正直自分で確信を持って自分の治療を行っていたのに、「これであっているの?」と不安に思うほどの好転反応があった記憶があります。

今の治療法になってかなりの年月がたち沢山の患者さんに治療をおこなっていろいろな好転反応や、変化があることが徐々にわかってきました。

そしてどの時期にどのような反応が起こるかというパターンもおおむねわかるようになってきました。

ほとんどの患者さんははじめ自分に起こっている変化がかみ合わせを操作していることで起こっていることに気がついていませんし、人によっては「何でこんなことが起こるの?」と動揺する方もいらっしゃいます。

しかし、かみあわせで知らず知らずに歪められてしまった体や顎、そして頭のバランスが変化するときは、まるで「生みの苦しみ」のようにかなりの浮き沈みの変化と苦しみがあることが多いのです。

今後はこのような変化が起きた場合、「どう対処すればよいのか」、また「どのくらいの期間それが続くのか?」についても患者さん専用ページで紹介したいと思います。

2016年1月 8日

顎関節症というと歯科に携わる先生のほとんどが咬合学について言及せざるを得ません。

しかし、一方で咬合学自体を全く知らない先生も今は残念ながら沢山いらっしゃいます。
中には咬合学のコの字も知らないで、「顎関節症の治療はドウノコウノ」と言っている人もいらっしゃることは驚きです。

もちろん、歴史的に見て見るとアメリカ発のナソロジーやヨーロッパ発のシークエンシャル咬合などさまざまな咬合理論がありながら、いずれの方法も顎関節症を十分に治療できなかったという事実があります。

ですが、少なくとも歴史的な流れは理解してから治療をはじめてほしい気はします。

ところで、私が顎関節症の治療で悩み始めたのは、もう20年以上も昔でした。
大学に沢山の顎関節症症状の患者さんが来院しているにもかかわらず、全く完治した症例がなかった記憶があり、多くの先生は患者さんを遠ざけようとしていました。

何とか治療してほしいと頼まれた患者さんを何とかしようと勉強を始めると、理論はあるが実際は治療効果が無いという矛盾にも気がつきました。

つまり、「理想とすべき咬みあわせこうして採得しなさい」という方法論はあるものの、その結果がほとんど良好とはいえなかったのです。

その後10年以上顎関節症の治療に取り組んできてわかったことは、「そもそも顎関節症で訪れた患者さんの理想的なかみ合わせの位置など採得することは出来ない」という事実でした。

顎関節症は顎の問題のみならず全身にゆがみを生じてしまっている疾患ですから、当然といえば当然です。

今私が行っているやり方は、顎の位置を理想に近い位置に移動させることで体の反応を引き出し、その反応によって少しずつ体のゆがみが正常に近づいたところでまた顎の位置を変えてゆくという方法です。

このように治療をしてゆくと、次第に理想的な体のバランスが得られ、顎の位置も自然に決まってきます。

もちろん簡単そうに書いていますが、実際は10年以上の試行錯誤と、理想的な顎の位置を触診できるようになるまでの長期間にわたる鍛錬が必要でした。

そもそもナソロジーやシークエンシャル咬合で説明している理想的な咬合理論がすべてでたらめであることに気がついたときはかなりの衝撃でした。

そもそも顎関節症になっている人の顎をベースに、位置を探したり、顎の運動を調べても正しい顎の位置がわかるはずが無いのです。

また顎の位置は体のバランスとともに変化するわけですから非常に複雑で難解な治療技術を必要とするわけです。

しかし、一方で、体がバランスの取りやすい顎の位置を体の変化とともに採得してあげれば、最終的には理想的な体と顎のバランスが得られるわけです。

つまりバランスをとりながら噛み合わせの治療をすることで、勝手に体が自然になり、全身までバランスが整い治ってしまうのです。これこそが理想の全身的治療を言えるでしょう。

« 2015年12月 | メイン | 2016年2月 »

Powered by
本サイトにて表現されるものすべての著作権は、当クリニックが保有もしくは管理しております。本サイトに接続した方は、著作権法で定める非営利目的で使用する場合に限り、当クリニックの著作権表示を付すことを条件に、これを複製することができます。
番町デンタルクリニック 院長 吉田敦志(よしだあつし)

番町デンタルクリニック
院長 吉田敦志

番町デンタルクリニック公式サイト

皆さんは何のために歯科矯正をお考えでしょうか?
美しい笑顔のため?コンプレックスを解消するため?
確かに矯正治療には、そういった役割もあるといえます。

しかし、私が考える矯正治療の目的とは、健康な体を手に入れること。

私は10年以上前から、かみ合わせと体の関係を研究してきました。その結果、
矯正治療で適切なかみ合わせに導けば、体の状態は必ず改善するという自信を持つようになりました。

実は、矯正治療というものは奥が深いものなのです。