«  2015年7月  » 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31
2015年7月20日

現代人、特に日本人は「今日明日死んでもおかしくない」ほどの生命の危機に陥っている人は少ないでしょう。

しかし、「来月からの収入はどうしよう?」とか「今のような生活が今後も送れるだろうか?」とか、「介護の苦しみは一体いつ終わるのか?」いった先の見通せない恐怖にしばしば襲われます。

この恐れや不安が、まさしく現代人にとっての最強の敵といえるべきものとなったといえます。(もちろん以前からも恐れと不安は人間の心を脅かしてきましたが)

平和な日本で起こっている多くの犯罪がこの手の恐れや不安によって引き起こされています。

またこの「恐れや不安」は人々の心をまるで伝染病のように伝わるため、感性の豊かな人は、ちょっとしか偶然で隣に「不安と恐れ」に満ちあふれた人が座っただけでも、自分の立場に投影した、「不安と恐れ」抱いてしまうことがしばしばあるのです。

私も恐れと不安をもらってしまった経験がしばしばあります。ある時の集まりで、普段は全く考えたこともない「死にたい?」という気持ちに突然襲われたことがありました。

よくよく調べてみると、その会合の中の一人が実は今までの自分の不手際で、今月いっぱいで職を失う立場にある人で、将来を非常に不安を感じていることを知りました。

本人にとっては、死にたいほど不安に満ちた状況での会合への出席だったのだと思います。それが何となく私の脳に伝わって、私まで死にたいと急に考えてしまったのです。本当かウソかはわかりませんが、それ以外に自分が死にたいなどと急に考えたりしないはずなので、そうに違いありません。思いがこのように伝播することを知ったときは相当驚きました。

このようなことは、たとえ本人が自分の感性が豊かだと思っていなくても、誰にでも絶対起こっているはずです。なぜなら、「景気が悪い時は、お金があるひとでも、財布のひもは固く、お金を使いたがりませんし、景気が良い時は、貯蓄がなくても、将来のお金周りを楽観的に考えてお金を使う傾向がある」という現実が世の中にあるからです。みんなの気持ちが盛り上がれば自然に自分の心も緩むはずです。

このような周りの人の影響からくる、精神のブレをコントロールすることは、毎日の人生を豊かにするためにもとても大切なことです。

自分が急に不安になったり、恐れに襲われたとき、最近誰に会い、どんな人だったかを思い出し、何か影響がなかったか考えます。もし影響された原因がわかればで「今の心は、自分の心ではなく、あの影響だ!影響されてはだめだ!」と考えます。そうすると、そのうちにそのような「恐れと不安」は自然と自分から抜け去ってくれます。

私もこのような方法で、突然襲ってくる不安と恐怖に打ち勝った経験がたくさんあります。

精神の健全性が健康の指標ともされる現代では、このような見えない形でのさまざまな人から影響が精神の健全性をおとしめていることを理解しておく必要がある思います。

第二次大戦中、ヒットラーが何万人もの残虐な殺戮を実現できたのも、このような強力な精神へ働きかけができる人間だったからではないかと思います。強力な精神への影響力を持つ人は、感性の豊かな人、心のコントロールが得意でない人へ、強い影響を与えるのです。

2015年7月 1日

時々「口の中の金属を取ると、体の症状が消える!」とか「口の中の重金属が悪さをしている!」
なんてことをしきりに不安をあおる文言を目にすることがあります。

しかし、金属は人間の体内にも絶対に必要なものです。たとえば代表的なものでが赤血球のヘモグロビンは鉄イオンが含まれており、これがないと酸素を運ぶことができません。

ですから金属が体に存在することはある意味では必要なことです。

また私は20年ほど前細胞培養の研究をしていましたが、培養液に亜鉛や、セレン、などの微量の金属をいれるによって、培養が難しい細胞も培養できるようになるという、実験手法があった経験があります。

つまり、体にとって必要な金属と、そうでなく悪さをする金属とがあることは事実ですが、全ての金属を口の中から取り除くことが有用な治療法とは言えないでしょう。

なぜなら、金属以外の材料で噛み合わせの面に使用するのに適している歯科材料がまだないのが現状だからです。

金属でアレルギーが出る人は確かにいますが、私が今まで見てきた経験では、その人自身の体調自体が悪いことが原因であることが殆どした。特に肝臓の機能が落ちている人では様々なものに対してアレルギー反応がおこる傾向があることに気が付きました。

私の医院には、薬剤や、化粧品、添加物に非常に敏感な患者さんが多く訪れます。その人とたちは(私も含めてですが)ほとんど薬を飲むことはありません。薬はどんな副作用があるかわからないからです。

歯の治療後に体調を悪くした患者さんが多く、肝臓の機能が悪くなっていて、薬は体調をさらに悪化させる原因と理解している方が多かったからです。(薬の成分の大部分は肝臓で代謝されるのですが、これは非常に肝臓を疲弊させます)

また、加工食品の多くのものに必ずしも体に良くない添加物が入っているため、できるだけ生の食材を調理するように気を付けていたり、加工されたものを買うときも添加物をチェックして、かなり気を付けて購入しているようです。

それだけ薬剤や添加物に敏感で繊細な患者さんでも、歯に金属材料を使って問題が起きた例は1例もありません。むしろ体調が良くなっている人がほとんどです。

当医院で使用するアマルガムは、アメリカで買える最良の質のものを使っていますし、ゴールド材料も、最良の質のを使い、さらに、アレルギーの原因となる異種金属が混入しないように、鋳造するときに使うルツボはそれ以外の金属の鋳造には使わないよう技工士にも指導しています。

ですから、きちんと管理された金属材料を持ちいれば、金属アレルギーは殆ど起こらないと考えます。それよりも肝臓の機能を回復することの方が先に行うべきことではないかと思います。

« 2015年6月 | メイン | 2015年8月 »

Powered by
本サイトにて表現されるものすべての著作権は、当クリニックが保有もしくは管理しております。本サイトに接続した方は、著作権法で定める非営利目的で使用する場合に限り、当クリニックの著作権表示を付すことを条件に、これを複製することができます。
番町デンタルクリニック 院長 吉田敦志(よしだあつし)

番町デンタルクリニック
院長 吉田敦志

番町デンタルクリニック公式サイト

皆さんは何のために歯科矯正をお考えでしょうか?
美しい笑顔のため?コンプレックスを解消するため?
確かに矯正治療には、そういった役割もあるといえます。

しかし、私が考える矯正治療の目的とは、健康な体を手に入れること。

私は10年以上前から、かみ合わせと体の関係を研究してきました。その結果、
矯正治療で適切なかみ合わせに導けば、体の状態は必ず改善するという自信を持つようになりました。

実は、矯正治療というものは奥が深いものなのです。