«  2013年9月  » 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30
2013年9月22日

私が歯科医になって最初の3年間は、「歯科治療は本当にこれでいいのか?」

といった疑問の毎日でした、大学に残っている先生はいろいろなことを教えてくれたのですが、実際自分が行っている診療や教えてもらった診療は、「はたして本当に治っているといえる正しい治療なのか」というようなものばかりでした。

私も先輩に治療を受けた時、その先輩は、私が治療に疑問を持っていることに気が付いたのか「おれのやっていることは間違っていない!」と繰り返し言っていました。

しかし、今考えると、日本の歯学部では、教授陣の質の悪さ、教官のレベルの低さから、きちんとした治療技術を教えることができる人はほとんどおらず、それが日本の歯科医療のスタンダードを作っているので、いくら間違っていないといっても、教育自体が間違っているので本当の意味で治っている治療ができる先生は自力で勉強している先生しかいないといえます。

残念ながら、当時先輩に治療された歯は、私の中で、今でも一番問題を抱えた歯になってしまいました。

私はラバーダムをして虫歯を取り除きますが、ラバーダムをしているという、非常に条件の良い見やすい状態でも、熟練している私が治療をしても、20分ぐらい虫歯の除去にかかることがあります。

しかし、日本のほとんどの歯科医はラバーダムをしません。これで虫歯が完全に取り除けるわけがありません。これは世界の歯科医師では常識で、きちんとした治療をする先生は防湿(ラバーダムなどを用いた)を何よりもきちんと行います。

日本の患者さんの、再治療のほとんどの原因は虫歯がきちんと取り除けていないことです。これを知らないで治療を受けている患者さんが、今でも日本ではたくさんいらっしゃいます。なぜなら、虫歯を完全に取り除く教育を大学で受けた覚えのない沢山の歯科医が治療を行っているからです。

私と縁があった先生には、少しでもこの技術を教えようと思っていますが、自分が治療ができていないと思っている先生が少ないので、教わりに来る人もあまりいません。

虫歯を取り除くごくごく基本的なこともそのようなレベルなので、かみ合わせを含めた全体的な治療など望むべくもないでしょう。

2013年9月15日

歯科治療を行う際、2つの技術が必要です。一つは医院全体がスムーズに回転し、診療や会計、予約が滞りなく進む技術です。ISOではこれを管理技術と呼ぶようです。

一方、歯科治療は細かい歯を適切に削り、適切な材料で、精緻な充填や、かみ合わせの調整、外科処置などが必要となります。こちらはISOでは固有技術と呼ばれ、ISOの審査を行うことはできず、評価もできません、しかしながら習得には時間がかかり、またこれがなければ歯科医院として成り立ちません。


私は、管理技術を上げる一つの手段として、ISO9001を取得し、それを維持してきました。

ここで非常に強く感じたのは、固有技術の比重の大きさです。

いくら管理技術がしっかりしていても、歯科医の考え方、技術が稚拙であると、歯科治療の8割は失敗に終わります。

今の日本の歯科を見ていると、思想と技術的な間違いが多いと感じます。

治療に対する思想が間違っている例として

「歯を残そうという努力失せた結果の、インプラントに頼る歯科医療」、「審美ばかりで、歯の寿命など全く考えない審美治療」、そして、「かみ合わせの全身への影響を考えもしない矯正治療」など

これら明らかに正しい治療に対する思想が間違っている治療であり、いくら管理能力が長けていても、患者さんは真の意味で治ってゆきません。

一方で、「ラバーダムもしない根管治療」、「出血もコントロールできていない修復治療」、「きちんとしたかみ合わせの診断もできない治療」など明らかに技術的な間違いの治療と言えるでしょう

ISO9001を維持してきてつくづく感じるのは、管理技術がある程度できていれば、このような固有技術のレベルアップこそが最も重要な点であるということです。

ISO9001を取得しようと思う医院の考え方だけでも大したものだと思います。しかし、固有技術が思想、技術ともにきちんとしないと治療はうまくいかないのです。

2013年9月14日

私が初めて感染予防を徹底し、お金をいただくようになったとき、当時のオーナーは、「サラリーマンの昼食代より高い費用をいただいて、一体患者さんがいらっしゃるだろうか?」

と言って反対をしました。

しかし、医療人の立場からして、昼食代と医療を混合して考えることはおかしな話ですし、そもそも感染予防は治療を行う上で絶対必要なもの、それをないがしろにして、治療自体考えられないのです。

結局私の場合は、感染予防で費用をいただくことを押し通しましたが、それができない先生もたくさんいらっしゃると思います。

多くの歯科医院でいまだ日本では、感染予防対策が十分とは言えません。
というかほとんどの歯科医院でできていないというのが現状でしょう。

それは保険制度の問題、歯学部での教育レベルの低さが複合し、さらに患者さんの意識レベルの低さと相まって、早々簡単に克服できるとは思えません。

アメリカでは一番初めに感染予防の方法論が教育され、そのあと、治療法が教育されるシステムになっており、このシステムは30年以上も前から行われているようです。

単に感染予防に限っても日本の歯科は30年以上もアメリカと水を分けられているわけです。

我々が感染予防はあくまでもお金がほしくて行っているのではなく、患者さんのために行っているということを理解してほしいのです。

逆に言うと感染予防のない治療など治療とは言えないのです。

適切な感染予防には、ディスポーザブル品のコストだけでなく、莫大な手間がかけられていることを患者さんにも知っていただきたいのです。

« 2013年8月 | メイン | 2013年10月 »

Powered by
本サイトにて表現されるものすべての著作権は、当クリニックが保有もしくは管理しております。本サイトに接続した方は、著作権法で定める非営利目的で使用する場合に限り、当クリニックの著作権表示を付すことを条件に、これを複製することができます。
番町デンタルクリニック 院長 吉田敦志(よしだあつし)

番町デンタルクリニック
院長 吉田敦志

番町デンタルクリニック公式サイト

皆さんは何のために歯科矯正をお考えでしょうか?
美しい笑顔のため?コンプレックスを解消するため?
確かに矯正治療には、そういった役割もあるといえます。

しかし、私が考える矯正治療の目的とは、健康な体を手に入れること。

私は10年以上前から、かみ合わせと体の関係を研究してきました。その結果、
矯正治療で適切なかみ合わせに導けば、体の状態は必ず改善するという自信を持つようになりました。

実は、矯正治療というものは奥が深いものなのです。