«  2013年1月  » 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31
2013年1月14日

歯科医療に私は20年以上も従事していますが、非常につよく感じるのは、歯は全身の状態を示した鏡であるということです。

歯の状態が悪い人は、歯が悪いだけではなく、全身の状態も決してよくありません。

「歯ぎしりをする」たったそれだけでもいろいろなことがわかります。

「非常にストレスのある仕事をしているのか?」とか「無理をして働いていないか?」
など、歯の状態を見て想像してしまいます。

どんなにこちらがキチンと治療しても、普段の生活に無理があれば、歯ぎしりで歯にひびは入るし、歯をきちんと磨く余裕はなくなりますし、免疫能は落ちて、顎は緊張して唾液が出にくくなり、結局虫歯になりやすくなります。

つまり、治療は全身管理と両輪であるということです。

これは体に疾患がないのとは違います。疾患がなくても体にとってよくない生活をしていれば、必ず歯には表れるのです。

つまり、歯を見て生活そのものを見直すことが、体に疾患が現れる前の予防になるのです。

歯はほとんど患者さんが治療をするので、これほどよい、予防医療への入り口はないでしょう。

本当の歯科医療最前線とは、無くなった歯をインプラントで補うのではなく、歯から高度なレベルの予防医療へと進んでゆくことではないでしょうか?

実際私どもの医院では、患者さん自身が気づいていない、睡眠不足や、ストレス過多について、できるだけ指導をしてゆくようにしています。

実際、そのことがきっかけで、生活習慣を見直したり、食事に気を遣ったりする方も多くいらっしゃいました。

歯も治って、全身にも興味を向けてくれたわけです。

日本全国の歯科医院がこのような姿勢でいれば、保険医療の破たんも避けれれるのではないかと感じます。

« 2012年11月 | メイン | 2013年3月 »

Powered by
本サイトにて表現されるものすべての著作権は、当クリニックが保有もしくは管理しております。本サイトに接続した方は、著作権法で定める非営利目的で使用する場合に限り、当クリニックの著作権表示を付すことを条件に、これを複製することができます。
番町デンタルクリニック 院長 吉田敦志(よしだあつし)

番町デンタルクリニック
院長 吉田敦志

番町デンタルクリニック公式サイト

皆さんは何のために歯科矯正をお考えでしょうか?
美しい笑顔のため?コンプレックスを解消するため?
確かに矯正治療には、そういった役割もあるといえます。

しかし、私が考える矯正治療の目的とは、健康な体を手に入れること。

私は10年以上前から、かみ合わせと体の関係を研究してきました。その結果、
矯正治療で適切なかみ合わせに導けば、体の状態は必ず改善するという自信を持つようになりました。

実は、矯正治療というものは奥が深いものなのです。