«  2012年9月  » 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30
2012年9月30日

アメリカの歯科事情について、ほとんどの日本の先生は本当の事実を知りません。

実はアメリカでは、教育制度がしっかりしているおかげで、本当に技術レベルの高い先生は患者さんの獲得に全く困っていません。

というかむしろ、予約が取れないのが現実です。

一流の歯科医はアメリカではピラミッド構造の頂点に君臨し、おおむね200名程度しかいないといわれています。

そのような先生は患者さんは紹介された人しか見ませんし、審美歯科などという怪しげな治療やインプラントなど一切やりません。
おおむね初診の予約から実際の治療を受けるまで1年以上かかる場合もまれではありません。
というのは、患者さんが終了しないと次の患者さんを新しく入れられないので、待ちになるようです。

また、アメリカの患者さんは日本のように急を要するような人が少ないのが特徴で、痛くはないが将来困らないために、時間をかけてきちんと治そうという意識が高いからです。


マスコミに取り上げられたり、日本によく来日する歯科医はほとんどアメリカではマイナーか、悪徳な歯科医です(金もうけに走っている)

そのような事実は意外に知られていないのです。

また、治療のほとんどが、修復治療で、アマルガムや、グラスアイオノマー、をきちんと充填できるかが歯科医としての腕の見せ所です。

特にアマルガムは、歯科の修復で最も技術が必要で、これをアメリカの大学で徹底的に仕込まれます。

レジン充填をセミナーでするずれたアメリカ人のドクターはいません。
なぜならレジン充填は長期間もたない材料であることは、一般の患者さんもほとんど知っていて、きちんと治療を受けようとする患者さんがそのような治療を希望するはずがないからです。

また感染予防に関しては、医院の感染予防はシステムになっており(これは私が見学に行ったほとんどすべての先生がそのシステムで歯科医院の設計をしていた)、クラスBオートクレーブは開業時に購入するのが当たり前、タービン、エンジンの滅菌は勿論、感染防御のビニール掛けは徹底しています。

よく、アメリカ帰りの先生が開業して、セミナーなどを開いていますが、その先生の感染予防対策を見ればそのレベルは簡単に露呈してしまいます。

ビニール掛けはしない、オートクレーブは日本製、といった時点で、治療技術がどうあれ、最低限のやるべきことさえしていない先生と言えるでしょう。本来あるべき治療ができているか怪しいものです?

アメリカでは、患者さんのレベル自体が違うので、日本で行っているような野戦病院の治療とは違い、余裕をもってきちんと治療しています。

このような事実を日本の患者さんも歯科医師も知り、ともに変わろうと思わなければ、日本の歯科レベルがアメリカの歯科にレベルが追いつく日は永遠に来ないでしょう。(アメリカ人向けのあちらで売っている日本への旅行誌には日本の歯医者に行くと感染の恐れがあるので絶対行ってはならないと書いてあります)

2012年9月 6日

様々な業種がある中で、もっとも遅れている分野が医療と教育ではないでしょうか?

今までのやり方に甘んじ、自己改革や自浄作用がない典型的な業種でもあります。

多くの先生方と話をしてみると、ほとんどの先生は、今まで行われてきたことに対して疑いすら感じていません。

歯科では、機械や機器を非常にたくさん扱っているので、故障やトラブルは数多くあります。
しかし、ほとんどの先生は、その故障が起こってから、あわてて業者に電話して、即日修理をお願いしています。

勿論、重要な機器器械の場合は、治療ができなくなることすらあります。

しかし、実際は、定期的な検査や、確認で事前に管理できます。でも、それをやる先生はほとんどいません。
私も何を隠そうその一員でしたが、ISOを取り入れてからはかなり厳格に管理を行うようになり、故障で患者さんの治療に支障をきたすようなことはほとんどありません。(たまにメーカーさえきちんと認識していない不具合があるのでそれは避けれませんが)

先日毒蜘蛛の血清で期限切れのものを投与されたというニュースがありましたが、私の知っている限り、納入された薬品の品質期限を管理する医療用のソフトは無いと思います。

私の医院ではついにそれが完成し、今運用試験をしているところですが、これがあると非常に便利です。

今後は医療界、教育界に様々な改革が求めれれてくると思います。
今までのようにはいかないということです。

実際病院はほとんどが赤字、歯科医院は経営が汲々と言った状況で、一部の儲かっている歯科医院も、インプラントや、審美歯科などという本質とは関係ない方法でもうけを出しているという矛盾があります。

今後このような不自然な状況が変わってゆかねばならないでしょう。

« 2012年8月 | メイン | 2012年10月 »

Powered by
本サイトにて表現されるものすべての著作権は、当クリニックが保有もしくは管理しております。本サイトに接続した方は、著作権法で定める非営利目的で使用する場合に限り、当クリニックの著作権表示を付すことを条件に、これを複製することができます。
番町デンタルクリニック 院長 吉田敦志(よしだあつし)

番町デンタルクリニック
院長 吉田敦志

番町デンタルクリニック公式サイト

皆さんは何のために歯科矯正をお考えでしょうか?
美しい笑顔のため?コンプレックスを解消するため?
確かに矯正治療には、そういった役割もあるといえます。

しかし、私が考える矯正治療の目的とは、健康な体を手に入れること。

私は10年以上前から、かみ合わせと体の関係を研究してきました。その結果、
矯正治療で適切なかみ合わせに導けば、体の状態は必ず改善するという自信を持つようになりました。

実は、矯正治療というものは奥が深いものなのです。