«  2012年8月  » 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31
2012年8月 8日

昔よくテレビで、自宅の病気に、往診に来た先生が、脈をとりながら、「○時○分、ご臨終です」と言って手を合わせ、顔に布がかけられる。といったシーンを結構見かけていました。

しかし、今はどうでしょう、普通に自然死で家で死ぬと警察が現場検証に来るという、なんだか変な世の中になってきました。

いくら世の中が変わっても、自然死が普通に受け止められないのはいささか異常といえます。

それは、一般の人も感じているようで、死ぬ間際の、自宅療養ができないときの入院は致し方ないでしょうが、自宅で安らかに死にたい人は多いようです。

できれば最後まで自力で生活できて、力尽きて死んでゆくのが理想ですが、いろいろな不自然な延命法や、若返り法があって、どうも自然な死をできる人が今や少なくなっているのではないでしょうか?

ではどうすれば、自然死に近い状態で死ねるのでしょうか?

やはり、不自然な生活をしない。(早寝早起き、日の出とともに起き、日の入りとともに寝る)

口の中に入れるものには気を付ける。

生活の中で、余計な不安や、度を越した欲を持たない。

というのが重要ではないでしょうか?
睡眠不足や、食べ物の質が悪いと健康の質が著しく下がることを患者さんで確認しています。
また余計な不安は、ストレスを生み、首や肩そして全身にコリを生じて、健康の質を下げます。

度を越した欲を持つ人は一見若々しく見えますが、体の中はボロボロといった人が多いようです。

いずれにしても今の高度に発達した現代社会でも、いかに自然に生きるかが重要だと思うのです。

それを守って、眠るように死に、死ぬ間際によい死に方ができたとほくそえみたいです。
そんな大いなる実験をしています。

« 2012年6月 | メイン | 2012年9月 »

Powered by
本サイトにて表現されるものすべての著作権は、当クリニックが保有もしくは管理しております。本サイトに接続した方は、著作権法で定める非営利目的で使用する場合に限り、当クリニックの著作権表示を付すことを条件に、これを複製することができます。
番町デンタルクリニック 院長 吉田敦志(よしだあつし)

番町デンタルクリニック
院長 吉田敦志

番町デンタルクリニック公式サイト

皆さんは何のために歯科矯正をお考えでしょうか?
美しい笑顔のため?コンプレックスを解消するため?
確かに矯正治療には、そういった役割もあるといえます。

しかし、私が考える矯正治療の目的とは、健康な体を手に入れること。

私は10年以上前から、かみ合わせと体の関係を研究してきました。その結果、
矯正治療で適切なかみ合わせに導けば、体の状態は必ず改善するという自信を持つようになりました。

実は、矯正治療というものは奥が深いものなのです。