«  2012年6月  » 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30
2012年6月30日

最近、わたくしは歯科医はすごいのではないかと非常に思います。

医療の中でも歯科は素晴らしい技術が必要なのです。

たとえば比較して大変申し訳ありませんが、歯科で治療を受けた人に診断して薬だけ出す歯科医がいたらどう思うでしょうか?

患者さんは100%怒るでしょう。

では内科医でははほとんど薬を出すだけで成り立ってしまうことがありますが、どういうことでしょうか?

もちろん、薬では治る病気がないと言っているわけではありません。急性の疾患や抗生剤など、限られたものに関しては薬はとでも有効だと思います。

しかし、原因を治すという点に関しては多くの疑問があります。

一方歯科医は原因を取り除かないをまず治りません。
だから薬を出すだけでは患者さんは納得しませんし技術が必要になります。

歯科医を20年近くもしていると、多くの患者さんが治っていないことに苦しんでいることを知りますが、それは原因を治すことが並大抵ではないからですし、手先の技術力も相当必要であるからです。

あくまでも症状を治す対症療法ではなく、原因療法を模索するようになれば、内科医も歯科医と同レベルになるのではないかと思います。(歯科医にへたくそが多いなんて軽々しく言えないのではないでしょうか?)

実際私の経験では、おなかが痛かったり、すぐ下痢をしたりする自分の体調が、整体や、歯の治療で改善したところを見ると、あれだけ出された薬はいったい何のためだったのか?その場しのぎだったのかと疑問に思うことも少なくないのです。

2012年6月22日


わたくしが今まで何人もの歯科衛生士や、歯科助手の方と働いて、知ったのですが、

「自分が受けた歯医者さんの治療で感銘を受け、関心を持って働こうと思った」

という人が少なからずいたということです。

医療や歯科医療では、一般の人たちが目につくのは、テレビに出てくる人だったり、本を書いている人たちだったりします。

本を書いたり、テレビにたびたび登場する先生は、残念ながら、金に執着し、患者さんを増やそうと企んでいる人がほとんどで(もちろんそうでない方もいるでしょうが)、あえて治療を受けるに値する場合があまりありません。

こう書いている私も、8年ほど前、本を出版しようと考えて、ほとんど完成まで行ったのですが、どうしてもうまくいかず、出版はされませんでした。

しかし、今考えるとそれは本当によかったと思っています。自分でも欲があったのではないかと振り返って考えてみるのです。

実際は、名もなく、必死に患者さんのことを考えて、治療を模索し、良心の呵責と闘いながら、現在の矛盾した制度の中、患者さんの意識とのギャップを埋めつつ、少しでも良い治療をしようと思って治療をしている先生が、少なからずいるのではないでしょうか?

残念ながら、技術面では日本はアメリカに大幅に遅れています。また、先生も患者さんも意識レベルが平均するとアメリカと比べて高いとは言えません。

これから、日本が成熟してゆくにつれ、歯のみならず、健康に関して、結果の修正でなく、原因の修正を行う方向へと行かねばなりません。そのためには、保険制度など、根本的な問題にメスを入れていかねばならないと思います。

2012年6月16日

私も歯科医を開業して12年目に突入し、色々な思いがあります。


開業して10年ぐらいたつと、ある程度経営が落ち着く人は落ち着きます。もっとも今の競争が激しく、大変な世の中では必ずしもみなそうはいかないでしょうが、それでも堅実にやっていれば、歯科医はそこまでリスクの高い仕事ではありませんし、時間とともに信用もついてきます。ですから、この先どうしようといった考えも徐々に出てきます。


私がちょうど12年程前に、ある講習会に出席して、私より10以上年上の先生とお話ししたとき、「借金もなくなったし、これから治療の方向性を変えようと思って悩んでいる」

と言っていました。
その講習会では高度な治療技術を教わり、自由診療で治療をする内容だったのですが、その先生の医院では、ほとんどの診療が保険診療で、講習会で学んだ技術を全く生かせる場がなかったからそういったのだと思います。その先生はその講習会も含めて、すでにそのような高額(当時の私にとっては払うのが大変でした)な講習会を3つ以上受けていました。

その時、私が感じたことは、「開業の時点ですでに、方向性を持っていなければ、到底自由診療で高度な治療を行うと決心しても、今更もう不可能だろう。」

ということです。

保険診療しかやっていない歯科医院に高度な治療を高額なお金を払ってまで受けたいと思っている人はまれにしかいません。

つまり、そのような治療をしようと思ってみても、顧客がいないわけですから、そのような方向に方向転換などで非常にむずかしいわけです。


私の場合はその時、分院長をしておりましたが、分院長になる際に

「患者さんは急に多くはいらっしゃっていただけないと思いますが、必ず信用され、高額でも治療を受けてくださる患者さんを来院していただくように頑張ります。

しかし、保険診療は基本的に仕方なくやるのであって、やりたい治療だとは思いませんので、患者さんには自由診療を薦めます。ですから来院される患者さんのの総数はかなり減ると思います。」

と宣言してから、着任しました。

今は、不景気のためか安売りがとても流行っています。しかし、これからは、安くても大丈夫なものと、お金をかけてでもきちんとしたものを手に入れるという、2つの選択肢を非常にシビアに考える必要が出てきた時代ともいえます。

私自身、歯の治療が安くて大丈夫とは思いませんし、そういった方針ではなく、できるだけ患者さんにとって良い治療を目指した来たことは良かったと思っています。

ですから生きがいを持ってい治療ができていると感じでいます。

先生によって考え方はまちまちですが、やはり一度しかない人生、思いっきりこだわってなおかつ患者さんのためになる治療をするというのが私の歯科医としての生きがいなのです。

2012年6月 8日

インプラントが今世間を騒がせているが、そもそもなぜインプラントがこのように問題を引き起こすようになったのか?
その原因を見つけなければ、単に騒いでも何の意味もないと思うのです。

そもそも、インプラントは、困窮する歯科医が切り札として考え出した打ち出の小づちなのです。

もしかしたらインプラントがなくなると、日本の歯科医はどんどんつぶれてしまうかもしれないのです。

日本の歯科の保険制度はすでに崩壊しているといって間違いでなく、実際、まともな歯科診療をして、保険だけで、経営が成り立つのは、かなり難しいといえるでしょう。

かといって、国民皆保険制度が根付いている日本で、自由診療を取り入れるのは難しいのです。

たとえば、根の治療きちんとしようとすると、保険ではなく自由診療で行わないと、コスト的にかなり無理があります、根の治療をきちんと行うためには顕微鏡などを用いて、根の中まで十分に観察して行う必要があり、奥歯では4時間から5時間ぐらい、顕微鏡を見ながらのマイクロサージェリーが必要だからです。

しかし、実際は根の治療を自由診療にすると、混合診療の考え方から、保険治療すべてを放棄せざるを得なくなります。(根の治療は自由診療で行う場合、時間はかけても、材料に特段違うものを使うわけではないので、保険医療機関では、保険診療でできる治療という解釈になってしまうのです。)

さらに感染予防は歯科では最も重要なのに、その費用を保険で賄うことは、世界標準のレベルの感染予防を行うのであれば到底不可能と言わざるを得ません。現在の保険制度では420円が患者さん来院ごとにいただけるようになっていますが、この金額で、歯科医とアシスタントののグローブ代、感染予防にかかる費用等を負担するにはいささか安すぎます。(滅菌器や様々なディスポーザブル物品などのコストを考えるとちょっと無理があります)

しかし、その費用を自費でいただこうとすると、また保険制度の足かせが問題になるのです。

ですからもし本当にきちんとした治療をしようとする先生はすべて自由診療にするか、赤字覚悟で治療を行うしかありませんが、そうやって生き残れる先生は日本にも何人もいらっしゃいません。

つまり、保険をやりながら、自由診療も取り入れるという、混合方式が最も現実的になるのですが、そうなると、片方で、定食屋をやりながら、同じ店でフランス料理も出すといった、かなり矛盾した経営形態になってしまうのです。

しかし、定食屋と、フランス料理では、食器も、食材も、そしてコックの求められる技術も根本が違いますので、一緒にやること自体不可能ですし、矛盾だらけになってしまいます。


現在のインプラント批判は、歯科医療において、それをそうせざるを得ない環境にさせておきながら、「日本のフランス料理はまずいではないか?」と言っているようなものです。

本当にうまいフランス料理を食べたかったら、「フランス料理の専門店に行ってほしい」のですが、「日本ではその店がほとんどない」、というか「お客がはいらないので店を維持できないので定食屋と一緒にするしかない」といったところが、今の日本の歯科の現状ではないでしょうか?

イギリスでは、保険制度はありますが、多くの医院は自費診療専門になっています。アメリカは自由診療のみです。

つまり、イギリスでもアメリカでも、歯科は相当高額の費用がかかる治療なので、保険制度になじまないといった感覚があるのではないでしょうか?(費用が掛かりすぎて保険制度では制度自体を維持できない)

患者さんも、歯科にかかるときはこのような現状をきちんと理解して、慎重に歯科医選びをするべきでしょう。

アメリカなどでは、とりあえず治療できるレベルからかみ合わせまで含め高度な治療を提供するレベルまで様々なレベルの歯科医がおり、自分のニーズに合った歯科選びをしています。

ただし、感染予防に関しては、法律で定められているので、日本のような低いレベルの感染予防を行う歯科医院は皆無に近いと思います。

一方日本はほとんどが定食とフランス料理を同時に提供している様な医院ばかりで(これは保険制度の大罪といえます)、衛生面も高いレベルを維持できている歯科医院は少ないと言わざるを得ないのです。

2012年6月 2日

先日ついにインプラントの重篤な問題事例が400件以上あることが新聞でも報告されました。

しかし、神経麻痺が60万本も販売されているインプラントで400例とはいささか少なすぎる気がします。

実際は本人もはっきり認識できない問題を含めると倍以上あるのではないでしょうか?

何しろ親知らずを抜くのでも、どんなにきちんと気を付けて抜いても500例に1回ぐらいは多少の神経麻痺は起こると思います。60万本のうちの400とは0.1%以下ですから(実際はいっぺんに2本以上植えているケースもあるのでもう少し多いと思いますが)この400という数字は相当重篤なケースではないかと考えられます。

私の医院にもインプラントの失敗や、問題のある症例がいらしたことがありますが、多くの場合患者さんの感覚がおかしくなってしまっているので、治療をしても無駄ということに気が付き、今はインプラントを受けた患者さんの初診患者さんは特殊な場合を除いてお断りすることにしています。

実際、大学病院では、失敗している患者さんの処置は大変困っていることでしょう。

私が思うのは、歯を失うのはそれなりの理由があるということです。

歯を失う前に、当然虫歯になったり、根の治療がされたりというプロセスが必ずあったはずです。
その際、受けた治療にもよるでしょうが、弱っている歯で平気で固いものを食べてはいけないことぐらいは容易にわかるはずです。それにもかかわらず平気で固いものを食べる人がいます。

足をくじいた人が、思いっきり全速力で走るでしょうか?
そんなことをしたら将来歩けなくなります。

それと同じで、歯を失ってしまった人はそれなりの使い方しかできないものです。
つまり完全に歯を失うまで、きちんとした使い方をしてこなかった患者さんが多いといえるでしょうし、それを教えなければならなかった歯科医にも責任の一端はあるでしょう。

ですから、そうなった後にインプラントのような人工の歯で思いっきり噛もうと思うこと自体、自分の体を顧みない間違った考え方の結果でしかないのです。

それを煽って勧める歯科医も歯科医です。

健康を失った場合、自分がなぜそれを失ってしまったのかを考え直し、神様からもらった体をいかにこれから大切に使うかを考えるべきで、なんでもかんでも自分の思いどうりに治療してもらおうと考えるほうがおかしいのではないでしょうか?

歯科医が医療を行うものとしての根本的な感覚を失ってしまっては人間のためになる医療は絶対できません。

同じことが医療にも言えます。
治すのではない、単に延命処置をしているだけの医療もたくさんあります。
これらが本当の意味で改善されないと、日本の社会保障費がまっとうな金額になることは永遠にないでしょう

« 2012年4月 | メイン | 2012年8月 »

Powered by
本サイトにて表現されるものすべての著作権は、当クリニックが保有もしくは管理しております。本サイトに接続した方は、著作権法で定める非営利目的で使用する場合に限り、当クリニックの著作権表示を付すことを条件に、これを複製することができます。
番町デンタルクリニック 院長 吉田敦志(よしだあつし)

番町デンタルクリニック
院長 吉田敦志

番町デンタルクリニック公式サイト

皆さんは何のために歯科矯正をお考えでしょうか?
美しい笑顔のため?コンプレックスを解消するため?
確かに矯正治療には、そういった役割もあるといえます。

しかし、私が考える矯正治療の目的とは、健康な体を手に入れること。

私は10年以上前から、かみ合わせと体の関係を研究してきました。その結果、
矯正治療で適切なかみ合わせに導けば、体の状態は必ず改善するという自信を持つようになりました。

実は、矯正治療というものは奥が深いものなのです。