«  2012年4月  » 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30
2012年4月20日

今の時代は非常に変化が激しく、今日当たり前であったものが明日には全く非常識になってしまうことが起こりかねない時代になってきています。

歯科医療でも最近感じるのは、つい5年ほど前まではインプラント治療が治療の花形で、これをやらない先生は遅れている、技術がないのではないかと疑われるような時代でした。

しかし、今はどうでしょうか?次々とインプラントによる問題が噴出し、訴訟のなかでもインプラントに関するものは歯科ではもっとも多いものとなっています。

しかしこのことは私はすでに15年以上も前にわかっていたので、警告はし続けてきました。
私の知り合いの先生方は、私がインプラントをしないことを不思議に思ったり、「早くインプラントを導入しないと手遅れになる」とまで言った先生もいらっしゃいます。

しかし、やはり私の思ったとおりでした。
実は勘のいい人にはすでに20年先、30年先にどうなるかなど簡単に予想できるのです。

20年以上前私が大学を卒業したての頃、まだ歯科は儲かるほうの仕事でした。

しかし、当時から、私は特殊な技能を身に着けていないと、歯科はこれからは過剰になって食べてゆくのもやっとになると思っていました。

ですから早くからアメリカの最新の歯科治療を学んだり、矯正治療の最新の技術に積極的に取り組んだりしていました。

結果今はそれが功を奏しています。

20年前の当時、私は50人近くいる高齢者歯科の医局で、ラバーダムと拡大鏡を使って治療をしていたのですが、ラバーダムを使うのは私だけで、看護婦さんにいつもお願いして私のためだけに新しいラバーダムを出してもらっていましたし、拡大鏡は周りの歯科医に「オウム真理教のヘッドギアーだ!」と揶揄されていました。

しかし早くからこの治療法を習得していたので、今は何の苦も無く治療に生かせています。

つい最近までは、裸眼で治療を行うのが当たり前だったのに、先進的な歯科を行う先生にとって、ルーペや顕微鏡を使うのはもはや当たり前、それができない先生は、時代遅れの感が否めません。(保険診療ではまだ一般的とは言えませんが)

私が2004年に顕微鏡を購入した時は、顕微鏡は全国で多くても200から300台ほどしかありませんでしたが、今や千台の大台は超えどんどん増えてきています。それもたった8年もかからない間にです。

顕微鏡はアメリカで1980年代に発明されたものですから、私が購入した当時はすでにアメリカでは何千台売れていたのですから、ここ最近の日本の変化は非常に激しくなっていると思います。

医療に関してもこれから今までの価値観は必ず変化してくると考えられます。

臓器の使い捨てのように扱う発想の「再生療法」は絶対に上手くいかず、いかに今ある臓器をきちんともとどうりにするのか?といったことが医療のテーマになってくると思います。もちろんそれが本質でしょう。

またどんなに最新の治療を受けたとしても、たとえば重粒子療法でがんを取り除き、痛みなく、治療が終わったとしても、これでその人の問題が解決するわけではないでしょう?

そもそも、がんになる生活習慣や、精神状態、がもとにあるわけですから、それを治療せねば臓器を取り換えるというのは本当に最後の最後の手段で、それよりも前にすることがたくさんあるはずです。

今後の医療はそのような、肉体の改善と、精神の構造改革にも目が注がれるようになってくると思います。

私自身歯の治療をしていて、歯磨きだけでなく、普段の考え方や、生活習慣を変えてもらうことによって、あるいは歯を治すことによって、そのような変化が起こることによって(これはあくまでもおもに私の軽いかみ合わせ等の誘導と、本人自発的気づきによるものですが)体調が激変することを目の当たりにしてきました。

特にお子さんの場合は、受けている精神的ダメージや、肉体的な癖、思考の傾向や癖が、固定化して間もないので、治療の効果は大人よりはるかに高い気がするのです。

このような、観点を今後医療に持ち込むことによって、不要な薬代や、意味のない繰り返しの手術など必要がなくなってくると思うのです。

そうすれば、今抱えている社会保障費の問題や、高齢者の抱える不安などが徐々に解決されてい行くと思うのです。

しかし、これが達成されるには、医師たちの意識改革がぜひとも必要でしょう。
今までのようなやり方とは違う、結果の修正ではない医療を行う努力を始めるべきでしょう。
勿論、そこには、ドクターと患者さんの両方の意識改革が必要だと思います。

2012年4月15日

日本では、国民皆保険制度のもと、保険診療で治療を受けることが当たり前になっており、自由診療といえば、歯科では矯正やインプラント、医科では高度ながんの治療や、先進医療などを想像することがほとんどといえます。

しかし、皆保険制度がないアメリカでは、治療費はまず「患者さんを完全に治すためにいただく費用」という位置づけになっており、その費用の多寡は、当然治療技術にも比例しますし、内容にそぐわない治療費をとっていれば、そのうち、経営が成り立たなくなります。

一方日本の保険制度は、まず先に費用があります。

この点はいま問題になっている東電にもつながるものがあるでしょう。

「かかる費用を先に計算し、それに対して利益が出るように電気料金が決まってゆく」
しかしここの「かかる費用」が問題で、そんなものは経営努力をしなければいくらでも吊り上げられます。

一方、医療の場合は、先に診療費が決まっています。つまりどんな治療をしてももらえる金額は同じです。

そうなれば、もっとも経営努力をしてコスト削減をするでしょう。
しかしここに問題があります。
誰がやっても同じ料金という点です。

同じ金額であれば、努力してももらえる金額は同じ、つまり、サービスの質を向上させる理由がなくなるのです。

今の日本の歯科医療はそこに限界が現れ、医学的にみて行わねばならないと先進国で当然のように行われている治療手順が踏まれていないことが散見されます。(滅菌や感染予防管理、治療にかける精度や手間)

しかし、残念ながら総コストが決められている以上こうなるのは仕方がないことでしょう。

一方自費診療はいくらでも費用を高くできます。勿論患者さんが来てくれればの話です。

実際は保険診療に慣れている日本の患者さんに自費診療を受けてもらうのは至難の業で、自費診療だけしか行っていない歯科医院で生き残れるのはほんのわずかしかいません。

しかし、実際に先進国の常識といえる治療レベルを行おうとすれば、自費診療しかありませんし、混合診療が複雑に規制されている今の保険制度では、それこそ自費診療しか扱わない経営形態にせざるを得ません。


そいった意味で考えてゆくと、21世紀に入って、日本の医療は徐々に矛盾をあらわにしています。

今のままですと、その治療に意味があろうとなかろうと、無尽蔵に保険医療費は払われ続ける制度にほかなりません(勿論先生は意味があると主張するでしょうが、患者の意識改革が行われなかったり、治ることのない慢性病に薬を出し続けても意味がある医療とは言えないでしょう)。


自分の管理を怠ってきた人が病気になるでしょうし、病気にならない人は、管理をきちんとしています。

管理をきちんとしている人が多くの保険費用を払わされている現実はどうも理不尽です。

世の中の歴史を見てみると、おかしな制度は徐々にその矛盾を抑えきれなくなって崩壊します。

まず国鉄が崩壊し、日本電電公社が崩壊、郵便局、道路公団と、おかしな組織は次々とつぶれてゆきます。
今は東電がその矛盾を抑えきれなくなっています。

医療制度もそう遠くない将来必ずメスが入る時が来ると思います。

「窓口の支払額が増えると、患者さんが必要でも来院できなくなる」
と医師会は言っていますが、本当に必要なら、高くても払って治療を受けるはずです。
勿論お金がない人もいるでしょうが、この世の中でただでサービスが受けれるものなどないでしょう。

お金がない人が医療を受けられず、問題になるのであれば、そういった人を受け入れる公共の医療機関を国が作るか、無償のボランティア医療施設に国も補助金を出すなどの制度を作るしかありません。今の保険制度で国民全員分を賄うことはかなり難しくなってきています。

そして、国民一人一人が、自分の健康管理をきちんと行えるようになれば、きっと医療費の問題は解決されると信じています。(私を含めた経験では、自分で健康管理をしているつもりでも、かなり無理をしていて体を壊してしまっている人も少なくありません。実際はそこまで働く必要もないのに働いてしまっている、あるいは働く義務感に駆られている人も少なくないのです。私はそのような人の助けに少しでもなれればと、コミュニケーションを多くとるようにしています)

2012年4月 2日

スーパージーピー

この言葉はかなり聞きなれないと思います。
私もこの言葉を聞いたときはいったい何を意味しているのかさっぱり分かりませんでした。


スーパージーピーとは、GP(General Plactitioner=開業医)でスーパー(あらゆる科をまたいで治療ができる)先生のことを言います。

歯科でいうと、歯周病、根管治療、口腔外科治療、修復治療、補綴、義歯治療、矯正治療などのあらゆる治療ができることを指します。

昔からアメリカではそうでしたが、歯科治療は各々専門分野に分かれて治療を行っていました。
日本では、多くは開業医がほとんどの治療をこなしてきましたが、残念ながら、アメリカのレベルと比べると、かなり遅れている感は否定できませんでした。

これは日本の保険制度の評価が低すぎることと同時に、歯科教育のレベルがまだまだ低く、治療に対する技術の教育が不十分のみならず、満足な感染予防対策の教育すらされていないという事実があるからです。

アメリカでは、専門医はさすがにかなりの技術を教育されるために、それなりに高い技術を持っています。

ところが、この専門教育が、医療と同じように様々な問題を起こしてしまいました。
歯はすべての問題点や原因が絡み合って現在の症状が起こっています。ですからたった一つの科を専門でできても、原因をとり除いたとは言えず、同じ疾患を繰り返すからです。

たとえば、簡単な例で、虫歯ができたとします。
この虫歯はきちんと治してあげればその場所の虫歯は治り、歯は正常に機能してまたかめるようになります。専門医が治療すれば、何十年も持つでしょう。

しかし、そもそもなぜ虫歯になったのでしょう?

歯磨きが悪かった場合は、歯磨きをきちんとすればもう大丈夫でしょう。

しかし、歯を磨いているのに虫歯になる人が現代人にはたくさんいます。

この場合はストレスによる歯ぎしりが、歯に過大な力をかけ、歯にクラック(ヒビ)を作り、そこには応力ももともとかかっているので、細菌が入りやすくなって虫歯になるのです。

単にストレスだけの問題であれば、生活習慣を変えたり、職場での自分の頑張り具合などをもっと減らすなどで解決できますが、多くの場合は、かみ合わせにも問題が起こっています。

このようにストレスを受けやすい人は、首から上の筋肉が緊張しやすかったり、性格が几帳面だったりするので、顎を強く引く癖が起こりやすく、それは幼少期から実はあったりするのです。

ですから、そういった人の場合ほとんどが、かみ合わせが低かったり、顎が奥に入っていたりします。

そうなると単に虫歯を直したから大丈夫とは言えなくなり、矯正や補綴などの、ほかのすべての治療ができる(といっても実際は診断ができる)能力が必要となります。

しかし、かみ合わせに関する詳しい知識がない人には、そこまでの考えに至ることはなかなかできないでしょうし、矯正の歯を動かすことだけしか考えない先生もやはり難しいでしょう。

そういった意味で、スーパージーピーは今後何人もいてくれる必要があるのです。

« 2012年3月 | メイン | 2012年6月 »

Powered by
本サイトにて表現されるものすべての著作権は、当クリニックが保有もしくは管理しております。本サイトに接続した方は、著作権法で定める非営利目的で使用する場合に限り、当クリニックの著作権表示を付すことを条件に、これを複製することができます。
番町デンタルクリニック 院長 吉田敦志(よしだあつし)

番町デンタルクリニック
院長 吉田敦志

番町デンタルクリニック公式サイト

皆さんは何のために歯科矯正をお考えでしょうか?
美しい笑顔のため?コンプレックスを解消するため?
確かに矯正治療には、そういった役割もあるといえます。

しかし、私が考える矯正治療の目的とは、健康な体を手に入れること。

私は10年以上前から、かみ合わせと体の関係を研究してきました。その結果、
矯正治療で適切なかみ合わせに導けば、体の状態は必ず改善するという自信を持つようになりました。

実は、矯正治療というものは奥が深いものなのです。