«  2011年12月  » 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31
2011年12月29日

健康と歯は実は非常に深い関係があります。

多くの人たちが、人生の終末に、全身管だらけにされて、苦しみぬいて死んでゆきますが、はたしてそれが、本当の人間の終末のあるべき姿でしょうか?

そもそも、動物たちは、昔からよく話がある様に死期が近づくと、死に場所に移動してひっそり死んでゆくと言われています。

象も滝の裏の墓場へ行くとか、猫も急に飼い主のもとから去っていつの間にかいなくなるなんて言われています。

実際、理想の死に方は、ろうそくの灯が消えてゆくように往くのがよいのでしょう、眠る様に。

しかし、現代医療のおかしなところは、それが病院は、ほとんどおこらないということです。
つまり、薬づけにされ、本来はまだ死ぬ時期ではないのに、死んでゆく。あるいは眠る様に死のうとしているのを無理やり延命しているとしか思えないのです。

本来の健康な状態で人生を送れば、私は、人生の終末は、眠る様に終えることが出来ると思うのです。

そのためには体に良い食べ物を食べ、本当に必要な時以外に薬を飲まない事でしょう。


そして何よりも大切なのは、歯の治療をきちんと受けることだと思います。

患者さんの健康を少しでも良くする治療法を考え、治療技術を極めることに努力する人先生がもっと増えれば、みんなの健康状態も更によくなると思うのです。

人によって歯科治療の値段に対する評価はまちまちでしょう。

しかし、歯を長く持たせ、正常な機能を持たせ、患者さんを健康な状態へ誘導する。
実はそれはそうたやすいことではありません。治療技術を取得するまでにたゆま努力が必要すし、今後もさらに努力が必要でしょう。

歯科医はもう少し評価されてもよいのではないかと思います。

2011年12月18日

子供の受け口は、現在はムーシールドが最も良い効果が得られます。

以前はチンキャップ(顎を後ろに押す装置を付けるもの)やFKOなどが使われていましたが、ほとんど効果がないことがわかってきました。

受け口は多くが下顎の骨格が過成長していることが原因と考えられていましたが、むしろ歯の生え方に問題があることが分かってきたのです。

それをうまく治せるのが、ムーシールドで、しかも患者さんの負担が少ないので、非常に良い装置だと思います。少なくとも半年もしていると治療成果が現れます。

私の医院では顎が左右的に曲がっている患者さんにも自作の装置を作成し、大きな効果が得られています。

顎が、左右的に曲がっていると、子供の場合集中力が無くなったり、体が疲れやすくなったりする場合があります。

このような顎のずれに敏感な子供は、私の経験では頭の回転が速く、ほかの子供とは違った能力がある傾向があります。おそらく敏感な分、いろいろな感性に優れているのではないかと思います。

治療を施してあげると、そのような感性が解放され、花開くので、非常に利発になる気がするのです。

実際これが本当に歯の治療と100%関係するかわかりませんが、私の子供のかみ合わせを治療したところ、成績が信じられないほど上がりました。本人は自分の努力の成果と言っていましたが・・・。

子供の場合はかみ合わせや顎の位置を変えると、大人より素早く反応して、首の骨や、肩の骨の位置まで変化してきます。

歯の矯正をこういった方面から今も研究していると、治療自体が非常に楽しいのと同時に、非常に責任を感じる治療であると思います。

小さなお子さんをお持ちのお母さんは子供の歯並びは気になると思います。

残念ながら、食生活の変化や、生活習慣の変化などから、歯並びの悪い子は以前と比べて減っていませんし、最近増えているのは、生まれつき歯がないお子さんです。

永久歯がもともとないので、乳歯が遅くまで残っていますが、これは非常に問題です。
多くの矯正専門医が、乳歯を残したまま矯正を終えたりしていますが、できれば多少矯正治療に時間がかかっても、親知らずなどを使って、スペースを埋めてしまったほうがよいと思います。

死ぬまで乳歯が残る保証はないし、もともと乳歯ですから、それほど強く噛めません。
早めに治療を始めれば、隙間を埋めることも十分可能です。確かに少し歯が倒れてしまうリスクはありますが・・。

歯が抜けた後インプラントやブリッジを薦める先生もいますが、それが良い選択肢かどうかはちょっと首をかしげるところです。

やはりブリッジは健康な歯を削ってしまいますし、インプラントは健康な骨に杭を打つと言った最も侵襲の激しい治療になってしまいます。少なくとも入れ歯を入れる治療の方が良いでしょう。

私の医院でも2000年ごろに2本乳歯がない患者さんと、最近右下の乳歯の見ない患者さんを治療しましたが、何とか隙間を埋めることができました。

可能であれば歯がない子供さんも早めに治療して、可能であれば、そのスペースを埋める方法が良い気がします。

最近は技術に対する評価がどんどん廃れ、技術そのものの伝承も難しくなってきています。

入れ歯では、大学ではもはや入れ歯をまともに作ることができる教官すら少なくなっています。
入れ歯はそもそもドクターが作成するものであり、技工士はその指示に従うものです。

しかし、今ではドクターが指示を出せず、逆に技工士に設計を聞いているといったうわさを聞くぐらいですから、そのレベルの凋落ぶりは、情けないと思います。

入れ歯の出来が悪いと、入れ歯の内面の調整とかみ合わせの調整は、まるで永遠に続くかのように行われます。大部分の患者さんは、入れ歯はこんなもんだと諦め、通院しなくなります。

患者さんが来なくなると、先生は、治療がうまくいったと喜ぶといった、笑えない話もあります。

入れ歯の治療は、本来であれば、インプラントで解決するのではなく、技術を鍛え上げることによって解決すべきでしょう。

アメリカではもう30年以上前に入れ歯の技術は完成し、きちんと技術を教えられたドクターは噛めて、痛くない入れ歯を作れるのです(もちろん少数ではありますが)

多くの患者さんは、もちろん日本の公衆衛生の浸透レベルが低いこともありますが、半分は自分の責任で失ってしまった歯を、元どうりの戻せないか?とまるで魔法を求めるような治療を求めます。

しかし、一度失ってしまった歯の機能を100%取り戻すことは実際は不可能ですし、インプラントのような治療は体に対する侵襲が大きすぎます。


最近審美治療をしてはやっている虫歯の治療の、プラスチック(レジン)を詰める方法は、比較的容易に行え、特に難しい技術も必要としません。

型をとって、詰め物を製作するためには、正確な歯の窩洞形成が必要し、アマルガムも短時間に歯の形を作ると言った記述が必要です。もちろんレジンも形を作ると言った技術は必要ですが、そう高いレベルの技術であはありません。

そういった意味で、歯科でも、比較的技術のいらない治療にシフトしてきているのが全体の流れですが、その質は確実に落ちています。

今は患者さんも徐々に、白いからと言ってつめた材料が、昔詰めた金属材料よりはるかにモチが悪いことに気がつき始めていますし、実際の治療に当たる先生はそのことに一番に気が付いてきていることでしょう。


100年以上もかけて培われた歯科の技術がすたれるのは悲しいものです。

またアマルガムのように、最も確実に治療ができ、虫歯にもならず、また最も高度な技術が必要とされる治療が、日本では本当に行われなくなってきたのは誠に残念です(多くの先生はきちんと詰められたアマルガムが虫歯になっていないことをよく理解しているはずです)

私は、17年以上前に、アメリカの本当の感染予防を知り、それ以来少しでも感染予防をきちんとしようと、心がけてきました。

現在のスタイルに完全になったのは最近ですが、今でもISOの継続的改善の精神にのっとり、常にそのレベルを向上させています。

私が患者さんに言われてうれしかったのは「先生は徹底的に感染予防をしているから信頼できる」と言われた時でした。

今では感染予防における管理記録という分野でもかなり高いレベルに達していると自信を持っています。

その中で今回はオートクレーブ(高圧蒸気滅菌)について触れようと思います。

歯の治療に使う器具はオートクレーブといった操作で、感染を防ぐために滅菌処置をしなければなりません。これは医療行為を行う上で、器具等に付着した菌やウイルスが、治療にとって大敵だという考え方から来ました。

昔は単純に高い圧力で一定の蒸気を入れた物の中で一定の温度に保ってやると、ほとんど全ての最近、ウイルスが死滅するという事実から、この滅菌法が取り入れられるようになりました。

しかし、一方で、その装置が、機械上の特性から、筒状の物を十分に滅菌できなかったり、庫内の温度差によって、器具のおかれた場所によって滅菌に精度が違ってしまうなどの問題が出てきました。


このような観点から見ますと、日本でも歯科用のオートクレーブという器械はいろいろ売られていますが、完全な滅菌レベルを保証できる器械はほとんどありません。

その中でも信頼できる機械にRISAがあります。

RISAは、コンピュータ制御による、庫内の圧を真空にしたり加圧したりする作業を効果的に行うことによって、庫内のあらゆる場所で完全な滅菌を行う、かつ、筒状の物も確実に滅菌できるシステムになっています。それにより狂牛病の原因であるブリオンタンパクを不活性化するプログラムもあるほどです。(日本製の器械のそのレベルの仕様になっているものは歯科用では今のところ出ていません)ちなみにRISAはフランス製です。

プリオンモードは滅菌時間がやや長くかかりますが、当院では安心のため、すべての滅菌にプリオンモードを使用しています。

また初めに書きましたように、滅菌記録という概念が日本では無いようですが、ヨーロッパでは記録をきちんと取っているかが重要な証拠になります。


たとえば歯科医院で万が一、他の人のウイルスをうつされたとしても、それが歯科医院の滅菌管理が悪かったからとは、なかなか証明できません。

しかしながら本来はPL法制定以来、自分の医院が感染源ではないと実は歯科医側が証明しなければならないのです。

全てを100%証明することは難しいとしても、少なくとも滅菌の記録ぐらいは出来ていないと信頼性に欠けると思います。

そういった意味で記録は大事なのです。

ところでホームページにある様に、当医院では今まで、プリンターで、滅菌記録を印刷していましたが、昨日から、メモリーに滅菌記録を自動的にとることができる器械を導入することが出来ました。

白水貿易(歯科用の輸入機器を扱う業者)に、何度もしつこくお願いしてこのたび晴れて実現しました。白水貿易には感謝しております。

またそれとは別に、専用の滅菌レベル測定装置で、毎週と毎月、滅菌がきちんとできているかを調べており(ホームページ参照)、これがあれば、滅菌記録のデータと合わせて滅菌レベルがきちんとしていることを証明できるのです。

« 2011年11月 | メイン | 2012年2月 »

Powered by
本サイトにて表現されるものすべての著作権は、当クリニックが保有もしくは管理しております。本サイトに接続した方は、著作権法で定める非営利目的で使用する場合に限り、当クリニックの著作権表示を付すことを条件に、これを複製することができます。
番町デンタルクリニック 院長 吉田敦志(よしだあつし)

番町デンタルクリニック
院長 吉田敦志

番町デンタルクリニック公式サイト

皆さんは何のために歯科矯正をお考えでしょうか?
美しい笑顔のため?コンプレックスを解消するため?
確かに矯正治療には、そういった役割もあるといえます。

しかし、私が考える矯正治療の目的とは、健康な体を手に入れること。

私は10年以上前から、かみ合わせと体の関係を研究してきました。その結果、
矯正治療で適切なかみ合わせに導けば、体の状態は必ず改善するという自信を持つようになりました。

実は、矯正治療というものは奥が深いものなのです。