«  2011年11月  » 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30
2011年11月14日

矯正治療を経験した人にはすぐにわかると思いますが、治療中にさまざまなことが起こる可能性があります。

私が経験したり、実際さまざまな患者さんで体験したことに以下のようなことがあります。

1、歯を動かすと、敏感な人ではおなかの調子がおかしくなる人がいる。
2、レべリングといって、歯並びの矯正の初期から中期の間で、片方の手に痺れが出たり、手首が痛くなったりする。

3、治療途中で、吹き出物が出たり、治ったりする。
4、背中や、腰に違和感が出る
5、目の奥が痛くなったり治ったりする。

以上挙げたものは、注意深く患者さんを観察していれば、多く認められる症状です。

残念ながら、多くの先生は、それが歯が原因とも思わないし、また患者さんもそんな影響があるとは考えないために気がついていません。

しかし、その原因を考えれば、ほとんどは納得ができるものです。

歯の移動は単純に歯が移動するだけではすみません。多くの場合が顎の位置に変化を起こしてしまいます。

顎の位置が左右的に、あるいは前後的にあまり変化させずに治療ができれば、ほとんどの場合問題は出ません。

しかし、歯がガチャガチャしていたり、左右の顎の高さがずれていたりすると、必ず顎の位置がずれてきます。

このずれによって、顎の位置が狂い、それが微妙な顎周囲の筋肉に影響を与え、場合によっては最も重要な頚椎1,2番、などの位置をずらしたりしてしまいます。


これによって、自律神経が刺激されたり、脳脊髄液の流れに変化が起きたりすることによって、歯とは一見関係のなさそうな症状が出てしまうのです。

2011年11月 9日

私がいつも納得してしまうことわざに「類は友を呼ぶ」
と言うことわざがあります。


歯科医をしていて、様々な先生に出会いました。非常に人当たりの良い先生、初対面は非常に厳しい先生、おとなしい先生、うるさい先生、

しかし、結局、長い目で見て言えることは、まさしく「類は友を呼ぶ」です。

お金もうけに走っている先生は、どんなにきれい事を言っていても、付き合っている先生を見るとすぐにわかってしまいます。

あんな先生のところよく行くなあ???
と思ってしまう先生も残念ながらいらっしゃいますが、そこに通っている患者さんもよっぽど無知か、それなりの患者さんであることが多いです。


今はネットも発達しているので、ある程度先生の考えていることは分かるので、歯に対してそれなりの価値観や要求しかない患者さんが、それなりの歯科医院に通って、治療と言うよりむしろ破壊ではないかと思うような治療をされていても通い続けています。


はじめまじめだった先生もある日突然本性が出る場合もあります。

今は治療法は様々な選択肢がありますが、患者さんにとって最良の方法はそう多くの選択肢はないと思います。

当然、インプラントや、審美矯正、審美を求めた修復治療などはその範疇には入りません。

もちろん今の時代、前歯を金歯でという極端は言いませんが、歯のもちと審美性とはバランスを考慮すべきでしょう。

今、そのバランスも先生の倫理観が低くなって偏ってきている気もします。(そんな先生ばかりでない事を祈りたいのですが・・)


ろくに感染予防もしないで、最新治療を売りにしたり、治療技術も研鑽しないで、審美や、患者対応のサービス精神ばかり研鑽するなど本末転倒でしょう。

医療にはサービスの前に、倫理が必要になるのですから、この倫理観に欠けた歯科医療がはびこっている現実は不快以外の何物でもありません。


保険診療が崩壊しつつある日本の歯科では相手を選ばず。やたらに歯科医と群れてしまうと、それこそ、倫理観の無い「類は友を呼ぶ」になっていまうので、付き合う先生も精査して付き合うようにしています。

2011年11月 6日

日本の保険制度は事実上崩壊していると私は考えます。

なぜなら、事歯科に限っていえば、歯科医で、保険制度を維持してほしい人など、1割もいないと考えるからです。

どんなにたくさん患者さんが来院している歯医者さんでも、実は儲けを出しているのは自由診療で、保険診療はまったく利益がないか、むしろ持ち出しであることのほうがほとんどだからです。

日本の歯科の保険制度の場合、感染予防不十分、材料を最低ランクのもを使い、古い機器でも買い替えしないで、がんばって使ってそれでもほとんど利益は出ないのは当たり前の事となっています。


自由診療のみで治療をやっている歯科医院は日本では数少ないのですが、私の経験から言えば、保険診療と自由診療を同時にやるのは事実上不可能といえます。

ある程度の金額をいただいて治療を行うのであれば、それなりの感染予防対策と、それなりの材料を使わなければなりません(いわいる世界標準の治療といえますが)

隣で、最低レベルの感染予防対策をしながら、自由診療だからきちんとした対策をとることなど不可能なきがします。

また、保険ではとにかく安い材料を使いますが、材料の精度や持ちを考えるとそれなりの材料を買わねばなりません。

しかし、保険と自由診療両方の材料を分けて買って使う事は難しいでしょう。
おそらく大方の歯科医院では自分の医院に来院するメインの患者さん用の材料しか買えません。


いずれにしても、国の制度で決めた価格できちんとした診療ができないのですから、今の保険制度は早くやめるべきで、何か別の制度を考えるべきでしょう。

アメリカがあれほど医療費の高騰に悩みながら、なかなか皆保険制度に移行できないのもそのためかもしれません。

いずれにしても、一番大切なのは、「転ばぬ先の杖」つまり虫歯にならない、病気にならないということでしょう。

病気にも虫歯にもならなければ、事実上医療費は下がってゆくと思いますし、予防をやるほうやりがいも沸きます。

今の保険医療制度の最大の問題点は、病気になるまで何もしないという点です。
その考え方が変わらなければ永遠に医療費は上がり続けるでしょう。

必要なのは、病気の原因に対する正しい知識と、それを少しでも多くの人々に広めることでしょう。

矯正治療は顎の位置を完全に変えてしまう可能性のある治療です。

ですから、非常に難しい分野といえます。

ほとんどの先生が、ワイヤーをつけて、歯がきれいに並んでくると、もうすぐ終わりだと喜んでいるようですが、これはまったくの勘違いです。

このような勘違いの治療をしていると、多くの患者さんに顎以外の問題を引き起こす可能性があります。

顎は全身のバランスをとっている重要な箇所なので、顎の位置が著しくずれると、全身のゆがみが増大してきます。

すると、そのような蓄積は知らず知らずのうちにたまり、年をとってからの大きな病気の原因になってしまうのです。

顎は非常に自由度が高いので、歯が並んできてしまうと、上のはと下の歯がかみ合うようにずらしてしまいます。

そこからいろいろな問題が起こるのです。

特に顎の位置が左右的にずれると、非常に大きな問題が起こります、「肩こり」、「頭痛」、「腰痛」果ては自律神経にまで問題が起こることがあります。

特に自律神経や、頚椎に変位の影響が出だすと、欝のような症状が出てきます。

私自身が欝のような症状に襲われ、歯を治したらそのような症状から完全に開放されたので、これは間違いありません。

単に歯並びが悪いだけでは済まされないのです。

実際に私の医院で治療を受ける方の大半は、ぱっと見の歯並びはさほど悪くありません。

こんなことを考えると、適正な矯正治療が行われれば、日本のGDPは大幅に上がるのでは?
何て思ってしまいます。

歯科は私のホームページで何度も書かれているとおり、実は感染に対して非常にシビアな治療です。


そもそも、感染予防は歯科治療の基本中の基本であり、数学で言えば、足し算、引き算、日本語で言えば「いろは」の「い」に当たるものです。

残念ながら、ネットでどんなに歯科医院を調べても、これができていない歯科医院しか見つかりません。見つけられたとしても非常に数が少ないのが現状です。

それでありながら、インプラントや、高度な根の治療をやっているのですから、こっけいにすら見えるのです。

さしづめ、足し算ができないのに、いきなり微分方程式を解こうとしていたり、「あいうえお」もわからないのに小説を書いているといったところでしょうか?

歯科で最も進んでいるのはアメリカですが、日本のようなおかしなことは絶対しません。
感染予防が治療の基本であることは患者さんでも知っているからです。もちろん衛生局も厳しく取り締まっています。

どんな治療をしていても、全ての医院は感染予防は基本的なレベルで保たれています。
ですから、ある程度の費用がかかる仕組みになっています。

つまり、感染の危険性があることを安いから仕方がないと言って手を抜いたりしないということです。

そもそも日本のような衛生状態では、指導がきて即刻業務停止でしょう。

例えば、根管治療についていえば、感染がもっとも危険な要素なので、歯科医はそれを恐れます。そのためにラバーダムをしているのです。

しかし、専門医で10万以上の高額の治療費をつけている先生でも、細菌まみれの水が出るユニットで、水を出しながら歯を削ったり、根の中の異物を取り除いたりしています。本当に不思議です。

よく、「根の消毒にはどんな薬を使う?」何てこともこだわっている先生がいるようですが、まず、細菌まみれの水が出ないようするのが先ではないでしょうか?

感染予防が歯科治療できちんとされるにはまだ10年以上かかるでしょう。

« 2011年10月 | メイン | 2011年12月 »

Powered by
本サイトにて表現されるものすべての著作権は、当クリニックが保有もしくは管理しております。本サイトに接続した方は、著作権法で定める非営利目的で使用する場合に限り、当クリニックの著作権表示を付すことを条件に、これを複製することができます。
番町デンタルクリニック 院長 吉田敦志(よしだあつし)

番町デンタルクリニック
院長 吉田敦志

番町デンタルクリニック公式サイト

皆さんは何のために歯科矯正をお考えでしょうか?
美しい笑顔のため?コンプレックスを解消するため?
確かに矯正治療には、そういった役割もあるといえます。

しかし、私が考える矯正治療の目的とは、健康な体を手に入れること。

私は10年以上前から、かみ合わせと体の関係を研究してきました。その結果、
矯正治療で適切なかみ合わせに導けば、体の状態は必ず改善するという自信を持つようになりました。

実は、矯正治療というものは奥が深いものなのです。