«  2011年10月  » 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31
2011年10月29日

歯と車、一見何の関係もなさそうな二つの事ですが、意外な共通点を私は見つけました。


車はやはりよく調べると、「ドイツ車が一番よい」、というのはみなさんもよくご存じではないでしょうか?
もちろん、好みはありますから、どこが一番と決めるけるのは必ずしも適切とは言えませんし、目的によって、変わってくることは事実でしょう。

しかし、それでも、そう言われてきている理由は何かあると思います。

私は、やはり、車を作る時の考え方にあるのではと思います。

日本が作る車には、高価な大型車から、軽自動車や、小排気量の車等の安い車など、多種多様な車種が用意されています。

日本車は、ほとんど故障もしないし、多種多様な消費者のニーズにこたえる装備が満載で、非常に消費者にとってうれしい車だと思います。

しかし、日本の小型車は、「ぶつかった時大丈夫?」と思う車が沢山あります。
「事故に合うまでは、日本車程よいと思う車はない」と言われる所以でしょう。

一方ドイツの車は、小さい車があってもそれほど値段は安くありません。

でも、乗ってみると、納得。小さい車でも大きい車ほどではありませんが、安全性がきちんと考えられていることに驚きます。またオプションなしでほとんどの安全設備が付いています。

つまり、「購入者に受ける、安くて、修理だがかからず、装備が選べるの車」、と言った迎合する考え方ではなく、「車は、人と荷物を安全に運ぶ道具である」といった、基本を守った作られ方をしているのです。

歯も同じことが言えます。

患者さんが喜ぶ、「痛くなくて、きれいで、早くて、できるだけ安い治療」が、はたして患者さんにとって為になる治療でしょうか?

私の知り合いが、「近所の歯医者さんで治療してもらったら麻酔もしないで、痛くなく治療が終わって、うちの子供は本当に喜んでいました。」と言っていましたが、

レントゲンであやしい影があるので、外してみると、大きな虫歯が・・。
虫歯を取らなければそれは全く治療も痛くなかったでしょう。

白い歯?それが全てでしょうか?そうであってはならない治療の場所もあるでしょう。そこまで審美にこだわる意味と必要があるのでしょうか?

最近は患者さんのニーズにこたえることが良いと考える歯医者さんも少なくありません。
しかし、それが患者さんにとってプラスになるものであるのか、それともマイナスになるものであるのかよく考えてから行わねばなりません。

患者さんは歯医者さんほどの治療の知識はありません。間違っていることは正しい知識を伝え、最低限守るべき基本的方針に即した治療を行うのが本来の治療の姿でしょう。

歯科医は車を作る時より重い責任を負っていると考えるべきです。

今の歯科医の全体像を見ていると、そうでない人が増えているのにつけ、かなり不安に思います。

2011年10月 3日

以前、私のところに「矯正治療について、広告を出さないか?」といっていらっしゃった業者さんが、
「矯正治療後約7割が満足していない」
という結果をインターネットの調査からわかったと教えてくれました。

当時私は、その、ほとんどが審美的な完成度に対しての不満だと思っていましたので、「患者さんも細かいことを気にしすぎではないかと?」と私は思っていました。

しかし、今考えると、そのような考えは少し修正しなければならないような気がします。

なぜかといえば、実際は多くの患者さんが、矯正治療後の体調の変化、特に首の痛みや肩こり、腰痛などに対して治療前より苦しんでいることが多いというのを実際に聞いたからです。

私が見てきた限り、あごの位置を動かすと、体調がずいぶん変化します。特に大人の場合はそうですが、子供でもかなり変化します。

きちんと体のことを考えて治療をしていれば、変化しては体調がよくなり、また一時期不調になって、さらによくなるといったサイクルを繰り返します。

しかし最悪なのは、治療後どんどん体調が悪くなってゆくパターンです。

私が聞いたことがある最悪の場合は、お子さんの場合で、学校に行けなくなるほど体調が悪くなったというのを聞いたことがあります。

私の医院で何人かのお子さんを治療してきましたが、ほとんどの場合、劇的といえるほど、体調が改善することが少なくありませんでした。

今では、体調と顎の位置とは非常に強い相関があると確信しています。

« 2011年9月 | メイン | 2011年11月 »

Powered by
本サイトにて表現されるものすべての著作権は、当クリニックが保有もしくは管理しております。本サイトに接続した方は、著作権法で定める非営利目的で使用する場合に限り、当クリニックの著作権表示を付すことを条件に、これを複製することができます。
番町デンタルクリニック 院長 吉田敦志(よしだあつし)

番町デンタルクリニック
院長 吉田敦志

番町デンタルクリニック公式サイト

皆さんは何のために歯科矯正をお考えでしょうか?
美しい笑顔のため?コンプレックスを解消するため?
確かに矯正治療には、そういった役割もあるといえます。

しかし、私が考える矯正治療の目的とは、健康な体を手に入れること。

私は10年以上前から、かみ合わせと体の関係を研究してきました。その結果、
矯正治療で適切なかみ合わせに導けば、体の状態は必ず改善するという自信を持つようになりました。

実は、矯正治療というものは奥が深いものなのです。