«  2011年9月  » 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30
2011年9月 6日

歯を削ると言うことは非常に重要な事です。


歯の治療と、医師の外科治療との違いは、外科治療は切り取っておしまいということです。


つまり、結果がどう出ようと、切ってしまった以上何もできないし、副作用が出ようともとには戻せません。


一方歯の治療は、削ってしまっておしまいというわけにいきません、必ず「機能の回復」が必要になるわけです。


ですから、ここに技術の差が相当出てくるわけで、技術のある人ほど、できるだけ歯を削ろうをしません。

なぜなら、削る量が多くなればなるほど元の状態や、よりよいかみ合わせの状態に戻すことが困難になることを知っているからです。


何も考えないで、削ってかぶせればよいと、審美目的で歯を大量に削ったりすると、削った後で歯がない時期が一定期間あると、元のかみ合わせに戻すことはほとんど不可能になります。


また、最近審美歯科が流行っていますが、審美歯科を手掛ける先生のほとんどが、歯との境界を隠すために、歯を取り囲んでいる歯茎より、1ミリから先生によっては3ミリも深く歯を削って被せものを作ります。


しかし、どんなに被せものの精度が高くても、天然の歯の形ほどぴったり合うことはなく、結局歯肉炎や、歯周炎の原因になってしまいます。これらはもちろん口臭の原因と歯を失う原因となります。


むかし、かみ合わせを治すためにほとんどの歯を削って被せものにした俳優がアメリカにいましたが、共演する女優が、みな彼の口臭に辟易して、共演を断ったというお話があるほどです。

もちろん俳優ですから、全て白い歯に下のでしょうし、被せたことがばれないように、歯茎の下まで歯を削ったことは容易に想像できます。


現在は技術は進んでいますから、必ずしもその当時と一緒とは言えませんが、それにしても審美治療で歯を被せることが、歯肉炎や歯周炎の原因になってしまうことは明らかです。


また最近はやってりるコンポジットレジンによる審美修復は、材料が削れ、長持ちしない、虫歯に弱い、吸水性があるなどの点で、審美性は高くても奥歯に長期間使える材料とは言えません。
当然前歯の詰め物にはこの材料が多く使われるのですが、定期的なやり変えが必要になります。


メーカーはおおむね2年ぐらいの耐用年数としていますので、少々このような審美にはリスクが伴うのです。


しかし、そもそも虫歯は、「歯の磨きにくいところ」=「外からブラシが届かない」=「見えにくい場所」、にできるわけですから、できるだけ歯を削らないようにつめればよほど大きくなるまで放置しなければ、目立たない様に詰めれるはずです。


そのような虫歯もほとんどが、日本では保険診療の関係と大学での教育の関係から、大きく削られてインレーやクラウンにされてきたということが、審美性を損なう大きな原因だったのだと思います。


アマルガムをうまく使った治療を受けているアメリカ人(アメリカでも虫歯治療のファーストチョイスはアマルガムです)は治療痕があっても削っている量が少ないので、それほど目立たないのが普通です。


結局「大きく削られる」⇒「目立つ」⇒「更に大きく削って審美性を整える」⇒「歯周炎、咬み合わせの問題がおこる」


と言った悪循環になってしまっているのです。

一方アメリカでは、
「早期に虫歯を発見」⇒「小さく削って強い材料で機能も取り戻す」⇒「長持ちする、審美をあまり損なわない」

と言ったよい循環になっているようです。


またアメリカ人の治療に賛否両論があるようですが、

私も何人かのアメリカ人の歯の治療を見ましたが、はっきり言ってピン切りです。しかし、日本の歯科医よりはるかに高いレベルの技術教育を受けていると思います。

確かに日本人の方が器用で繊細ですが、感染予防や、治療の技術的な基本の教育レベルが低すぎて、その器用さを全く生かし切れていません。


また、「アメリカ人の口の中を見たけど大したことなかった」と言ったコメントをする先生もいらっしゃいますが、アメリカで一定以上のレベルの治療を受けた患者さんは感染予防や、歯を大きく削られる可能性のある日本の歯科に絶対にいきませんし、ほとんどかかりつけの歯科医がいるので、それ以外の医院にふらふら行ったりしません。


ですから、アメリカ人の中でも高いレベルの治療を受けた患者さんの口を見ることができる機会などそうあるものではありません。


私は、数人程度、アメリカで(かなり高いレベルの先生に)治療を受けた患者さんを見たことがありますが、やはり、複雑窩洞(前や後ろにまたがる虫歯)のアマルガム治療などはは非常に上手に詰められていました。


また手入れも行き届いて、そう簡単に虫歯になりそうな感じではありませんでしたし、治療をするところもありませんでした。(あくまでもチェックで終わりました)


日本人の歯を心配する私としては、審美に偏って歯のためにならない削る治療がはやりすぎるのはどうか?と思ったりします。

« 2011年8月 | メイン | 2011年10月 »

Powered by
本サイトにて表現されるものすべての著作権は、当クリニックが保有もしくは管理しております。本サイトに接続した方は、著作権法で定める非営利目的で使用する場合に限り、当クリニックの著作権表示を付すことを条件に、これを複製することができます。
番町デンタルクリニック 院長 吉田敦志(よしだあつし)

番町デンタルクリニック
院長 吉田敦志

番町デンタルクリニック公式サイト

皆さんは何のために歯科矯正をお考えでしょうか?
美しい笑顔のため?コンプレックスを解消するため?
確かに矯正治療には、そういった役割もあるといえます。

しかし、私が考える矯正治療の目的とは、健康な体を手に入れること。

私は10年以上前から、かみ合わせと体の関係を研究してきました。その結果、
矯正治療で適切なかみ合わせに導けば、体の状態は必ず改善するという自信を持つようになりました。

実は、矯正治療というものは奥が深いものなのです。