«  2011年8月  » 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31
2011年8月27日

医療従事者について、20年近く歯科医をしていて思うことは、医療に携わる人は、他の業種とは一線を画す、人間であるのではないかと思います。


たとえば、一般の企業のようにの様に営利目的に走ってはならないと感じます。


もちろん、医療も経営が成り立たなければ、スタッフにもまともな給料も払えませんから、稼ぐのは当然です。
また、医院が成り立ってゆくだけのお金も頂くでしょうし、それなりに貧乏とならないだけの利益を上げるべきだと思います。


それの両軸として、医療従事者は、常に勉強をし、誤った治療をしていた場合は素直に改善するという、素直さと、潔さが必要です。


医療従事者は、最も弱い立場の患者さん(先生にすべてを任せて頼っている)人を相手にしています。
ですから、利益ばかりを追及していては、患者のためにならない治療が行われる可能性があります。(実際今の日本の歯科では、普通に治療をしても適切な利益さえ上がらないので、インプラントや、セラミックなど、必ずしも患者の利益につながらなくても、自由診療をやらなければならないと言う経営上の都合で、治療が行われていることが多くあります)


また、「たとえお金にならなくても患者さんのために、ここでもう少しここまでやってあげよう」、といった気持が医療従事者にな必要です。
そうでなければ、治っていないまま治療が終わられたり、と患者さんに不幸な結果が与えられる可能性があるからです。


そう考えると、医療従事者には少しの心のゆとりが必要です。
明日の支払いを心配している先生にそんなことできないと思います。


そして、もうひとつ重要なことは、常に正しいことを自分がしているか、しかもそれをきちんと確認する必要があると言うことです。


臨床に従事していると、非常に診断や、原因が分かりにくいことや、実際にやってみると治りにくく、学生時代にならった方法では治せない疾患が沢山あります。


また、医療従事者が陥りがちなのは、自分では正しいと思いながら、間違ったことをし続けてしまうという恐れがあることです。時代とともに治療は洗練されてきます。
常に治療のレベルをアップトゥーデートしなければなりません。


私も大学院の時代、何人かの先生のもとでアルバイトをさせて頂きましたが、卒業後20年以上も経ってしまった先生が、確かに卒業当時は正しかったかもしれませんが、今では全く時代遅れの治療を、まるで正しい治療のように行い続けたりしているのを見ることがありました。


開業医で、何年も同じことをし続けていると、たとえ古くなって今では間違っている事が常識になっている治療でも、ルーチンの作業となってしまい、当然の作業となって、見直すことなどしなくなってしまうからです。


でも、医療従事者は「知らなかった」で許される職業でないということです。

エイズ訴訟で無罪となった阿部さんも「当時は知らなかった」と言い張ったらしいですが、知らなかったということ自体が当時のその分野の専門家として、そして、医療人として失格ではないかと思います。


ですから、知らずに誤った治療をしてしまうのは医師としは許されないことでしょう。

でもこの二つを守ってゆくことは楽なことではないのでしょう。

2011年8月26日

歯を治してゆくうち、敏感な人ほど健康に気を付けるので、体の良い状態を維持しやすいと感じるようになりました。


人間の体は、無理をしたり、不適切な使い方をすると、必ずそれはいけないをサインを出します。


しかし、鈍感な人はそれに気が付かず、どんどん無理を重ねてゆきます。その結果大きな病気になってしまいます。


自分自身もそういった点では鈍感な人間だったと思います。
体に手を入れるようになってから(整体や歯の治療)、自分の体がいかに壊れ始めていたかを器が付くようになりました。


結果、今は、昔よりさらに、暴飲暴食はしないし、ましてや睡眠不足、過労はしたくてもできない体になってしまいました。


よく、横になっていたら、朝までソファーで寝てしまったなんて人の話も聞きますが、私が今それをやったら、体中痛くなってしまうでしょう。


そういった意味で、体が敏感になることは、ひどくなってしまう前に気が付くのでよいことだと最近思います。


よく、しょっちゅう具合が悪いと言っているおばあさんが長生きして、何も言っていなかったおじいさんが突然死んでしまうなんて事がありますが、これもそういったことが理由かもしれません。

2011年8月24日

歯科医療は、審美や、インプラントなどが注目を浴びていますが、実際は人間の健康の根幹にかかわる非常に重要な分野なので、歯医者が作るブームに注目するのではなく、もっと違った意味で注目されるべきでしょう。


ライオンでも、犬でも牙が折れれば食事ができず、すぐに死んでいました、今は流動食なるものがあるので生きながらえることは出来ますが、やはり、物をかむということは健康に非常に重要な意味をもつと思います。


歯を20年近く治療してきて思うのは、歯のみならず、顎の筋肉は非常に健康にかかわりが深いのです。

何年間も寝たきりだったおじいさんが、入れ歯でかめるようになった瞬間から、起き上ったなんて話はよく聞きます。

食べると言うことは、栄養を取り入れるために必要なだけでなく、首や体全体の姿勢を制御する重要な役割も担っています。


ですから安易にかみ合わせを変えたり、かぶせもにしたりすると、全身に大変な問題が起きるのです。

またこのようにして起きたことは、お医者さんでは治せず、歯医者が治すしかないので、やはり、歯科医と言う職業だけでも立派な医療の一分野を担っているのだと思います。

2011年8月11日

歯科医をどう選ぶか今は歯医者さんが多すぎて結構難しいようです。


私なりの経験からして考えると、世の中がかなり変わってきているので、それなりの選び方が必要になってきたと思います。

1、インプラントをメインに掲げているところに治療に行ってはいけない!

インプラントは、歯を残そうとした結果の治療ではない、無くなった人のための治療である。また残念なことに、歯を残す努力よりもより簡便で、なおかつ治療費が高額である。

お金を稼ぎたい人は飛びつく治療法である。もちろんお金を稼げて患者さんにもよいものであれば、それでもよいが、ほとんどはそうはならない。

なぜなら、インプラントができると考えるだけで、今ある歯を真剣に治す気力が失せる可能の方が高いからである。歯をきちんと治そうとする歯科医が、インプラントをメインの治療に掲げるはずがない。 ・・・と私は考えます。

2、咬み合わせを重要視している歯科医院を選ぶ。

かみ合わせなんて、素人の患者さんにとってどうでもよいことのように感じます。
しかし、咬み合わせが良いと悪いとでは「月とすっぽん」です。

私自身歯並びが相当悪く、40代になって矯正を自分で調整しながら行ったのですが、治療後は咬み合わせがばっちり、その時始めて、おコメの味や、野菜の味、肉の味に奥深さがあることに気が付きました。

きちんと正しい位置で、がっちり咬めることが、人間の機能を最大限の物にしてくれると実感したのです。

ですから、かみ合わせの事を考えていな歯科医で治療を受けないほうがいいと思います。

また咬み合わせに対してきちんと調べ究明している先生を選ぶことです。
いろいろなことを言う先生がいらっしゃると思いますが、どんなこうしゃくでも、何も考えていない先生にかかるよりましでしょう。


3、できるだけ金属を使って治療する医院が良い

最近はセラミックがおおはやりですが、健康のためを考えたら、白い歯は魅力的ですが、よく見える前歯や、小臼歯ぐらいまでにしておいた方が無難です。

咬み合わせに関係ある奥歯には最も信頼性のある金属の被せものをやっている医院の方が良心的です。

なぜなら、金額も安く、持ちが良いのに、敢えてそちらを勧めると言うのは、良心的、かつ歯の治療は何を治すのかを理解している先生だからです。


単に自分の好みで治療を受けず、きちんと歯について勉強してから治療を受けるべきでしょう。
意外に歯の治療は奥深いことが分かるはずです。

« 2011年7月 | メイン | 2011年9月 »

Powered by
本サイトにて表現されるものすべての著作権は、当クリニックが保有もしくは管理しております。本サイトに接続した方は、著作権法で定める非営利目的で使用する場合に限り、当クリニックの著作権表示を付すことを条件に、これを複製することができます。
番町デンタルクリニック 院長 吉田敦志(よしだあつし)

番町デンタルクリニック
院長 吉田敦志

番町デンタルクリニック公式サイト

皆さんは何のために歯科矯正をお考えでしょうか?
美しい笑顔のため?コンプレックスを解消するため?
確かに矯正治療には、そういった役割もあるといえます。

しかし、私が考える矯正治療の目的とは、健康な体を手に入れること。

私は10年以上前から、かみ合わせと体の関係を研究してきました。その結果、
矯正治療で適切なかみ合わせに導けば、体の状態は必ず改善するという自信を持つようになりました。

実は、矯正治療というものは奥が深いものなのです。