«  2011年7月  » 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31
2011年7月16日

現代医療は、今まで治療不可能と思われた人々を救ってきました。


薬に関しては抗生剤の発見によって、薬が万能のように考えられるようにもなってきたのは疑いもない事実です。

でも薬は効果がある半面大きな副作用があります。ですから私は薬はめったに飲みません。
どうしようもないほどおなかが痛くなったり、食べ物にあたったり、しない限り少々の痛みでも痛み止めは使いません。


後が怖いからです。


私が歯医者になってよかったと考える事の一つに、薬というものを使わないでほとんどの歯科治療がおこなえるということです。
薬は一時は使うのはよいのですが、使い続けると体に問題が起きることが非常に多いからです。
虫歯は取り除けば終わりですし、根の治療は汚れを感染した歯と一緒に取り除けは治ります。


薬は、麻酔や、ある種の感染症に対する抗生剤などは非常に効果がありますし、一時的な痛みを止めるための痛み止めも効果は抜群です。


ところが、原因を取り除くと言った意味で考えるとどうでしょう?
特に慢性の病気は薬では治すことは不可能ではないかと思います。
ほとんどの慢性疾患の薬は、結局症状を抑え込むだけで、治ったように見せるだけだからです。症状を止める役目はあっても、根本的原因を取り除けるものはほんのわずかしかないからです。


そこで、東洋医学のような漢方、鍼灸、あんま、整体などが必要になってくるわけです。体質自体を変えると言った考え方です。


また西洋医学でもオステオパシーと言って疾患を全身の症状としてとらえて治療を行う分野も実際に大きな効果を上げています。


多くの歯の治療は、虫歯を取り除けば、きちっと痛みは消えますし、根の感染源を洗い流せば、根の痛みは消えてしまいます。ですから、割と単純と思っていました。


しかし、最近歯周病や、歯のひびが原因の虫歯、顎関節症等は、単に感染を取る治療だけではうまくいかない事が分かってきました。


歯周病は糖尿病など、免疫系が弱くなると発症しやすくなりますし、男の人では50を超えると、体力や代謝が落ちてくるので、ほとんどの人がかかりやすくなっています。

歯のひびも、全身の体力が落ちて、全身の筋肉の硬直が取れにくくなったり、循環障害がおこって体がリラックスした状態に戻りにくくなてくるに従い、かみしめが多くなってくる事が原因です。
もちろん咬み合わせが悪ければかみしめはさらにひどくなり、悪循環がおこります。


つまり、全体的に落ちてきた代謝を上げ、血液やリンパ等の循環をよくしないと、歯科疾患も治りにくいのではないかと思います。


そういった意味では、歯科治療も体全体と深く関係があると言わざるを得ないでしょう。


私の場合は患者さんに肩から上の体の緊張に気が付いてもらい、それをできるだけ和らげるようにしてゆくと、かみしめも少なくなり、全身の循環も良くなるので体調は改善し、歯科治療もやりやすくなります。

多くの場合、かみしめによって、徐々に奥咬みになってしまっていて、顎や肩、首の緊張が抜けなくなっていることが多く、それが、ひどい顎関節症と、循環障害の原因になっていることがあります。

特に奥歯の治療をされた後に咬み合わせが低くなってしまってから調子が悪くなる人が沢山います。
でも咬み合わせが原因と分からない事も多いようです。

2011年7月15日

最近お医者さんや、歯医者さんを観察すると、触診をしなくなった先生が非常に多くなった気がします。


私も以前、インフルエンザにかかった時某有名大学の付属病院にかかりました。

そこで担当の先生がやったことといえば、「いつから熱が出ました?」と聞くことと、私と目も合わすこともなく、「お薬を出しておきましたから・・。」と言うこと、の二つでした。


こんなドクターが巷に溢れていたら、治る患者も治らないでしょう。


昔は、おなかが痛いと訴えると、おなかの端から端まで押えて、痛みのある部分を検査し、硬さなどをチェックしてくれていましたし、熱がある時も、頭をまず触り、首を探り、様々な場所をチェックしてくれました。


私が歯科医をしていて思うのは、体を触ることによって、非常に多くの情報が得られるということです。


また痛みがある時はそこにちょっと手を当ててあげるだけでも痛みは和らぎますし、しこりを発見すればそこに異常があることはすぐにわかります。


特にリンパ節の情報や、筋肉のしこりの情報は重要です。
これが診断の大きな役に立つことがあります。


また意外かもしれませんが、抜歯の際も触診は非常に重要です。
レントゲンで見ても、埋まっている歯の位置がよくわからない場合などは、歯の位置を歯茎の上から知ることができます。


私が思うのはお医者さんの場合はもっと触診が役に立つのではないかと思います。
触診をしない整形外科医などは信用なりません。


血液検査やレントゲンだけでは判断できない事が分かるのが触診の素晴らしさです。

2011年7月12日

多くの患者さんが体の歪みを感じ、整体や、様々な代替療法を受けています。


現代の医療では体を部分に分けてしか治療しないので、全体の歪みが個々の臓器が全体的な調和を狂わせていることなど考えもしない事がほとんどです。


私も歯の治療を通じて、口の周りや、顎、首、肩などを触診するうちに、顎が歪んでいる人がほとんどで、その原因が虫歯や歯の欠損に原因があるものから、不適切な治療、歯が生えてくる方向の問題でおこるなど、様々な原因が考えられますが、その中でも、不適切な習慣や、トラウマ(昔に受けた肉体的、精神的傷)が大きな原因になっていることもあると気が付きました。


このようなトラウマが原因の場合、大人だと非常に治療に時間がかかります。


しかし、子供の場合非常に早く反応してくれるので、やはり子供が治療しやすいと考えてしまいます。


今の矯正歯科の治療を見ていると、誤った矯正治療によって、矯正治療自体がトラウマを生んでしまっている事の方が多いと思います。


実際、子供に矯正のためにインプラントを打つと言った非常識極まりない歯科医がいることは、非常に悲しくなります。これが結局トラウマの原因になりうるからです。つまり、矯正をするために歪みの原因を作っているのです。


また力の強くかかる矯正装置は強い痛みのイメージとして、長く記憶に残ってしまいます。


できればこのような力をかけない、そして、むしろ歪みをとってゆく矯正治療をしてほしいと切に願うのです。

2011年7月 7日

今、歯科医療はかなり厳しい状態に追い込まれています。

著しく低い診療報酬の評価と、教育現場の退廃、そして医院経営の危機、また歯科医になろうとする優秀な人材の減少、
と数えればきりがないほど、状況は悪くなっています。


しかし、歯科ほど労力がかかり、しかもみんなの健康維持に非常に役立っている事実は疑いようもありません。


日本の最も不思議なことは、医療や歯科医療の現場で、本当に一生懸命やっている人々に対して、評価が低すぎるところです。


医療でも介護の現場は非常に過酷な労働条件の中で、一生懸命、安い賃金で仕事をしています。患者さんのために頑張るという精神がない人はとてもではありませんが続かないでしょう。


歯科衛生士も、歯科技工士も非常に過酷な労働を強いられております。むろん先生も経営のストレスと、診療のストレス等に追い詰められ。なおかつ、近年では歯科医院も経営が良くないので、小さい医院の中で、衛生士や、技工士についついきつくあたってしまう先生もいらっしゃるので、そういった事も過酷な労働現場を更につらくしているとも聞きます。


歯科医療は、レントゲンやユニット、滅菌機械を揃えたり、水回りやエアー配管などの特殊な内装工事が等が必要で、医院の開業よりはるかに初期投資が必要となるので、診療費はおのずと高額となってしまうはずです。しかし現状は医科よりも低い報酬とはいささか疑問に感じます。


私も大学院時代、保険診療だけの先生のところで働いたことがありますが、一日診療するだけで、身も心もボロボロで、毎日こんなことを続けたら1年も体が持たないと確信し、自由診療で少人数の患者さんを診療するしか自分の生き残る道はないと考えたのが今の診療体系になるきっかけです。


そもそも歯科のように細かい仕事を10人以上一日に診療すること自体、体を壊すか、手を抜くかの二者択一になってしまいかねないと思います。


しかし、実際、歯科医療がまともになされなくなったら、困る人はもの日本全国に及ぶはずです。当然平均寿命にも影響してくるでしょう。


医療も歯科医療も算術化し、歯科ではインプラントや審美歯科等の儲かる本来の医療の目的とは違った方向の治療体系にシフトしてきています。むろん痛みとか、咬めないという最低限のレベルが解決されてきたと言う側面もありますが、同じ咬めるでも質があります。もっと健康的に咬める。という治療が求められるのではないでしょうか?

同様に、医科も経営が苦しくなると透析治療を始めるといった話もよく聞きます、本来の医療ではない不本意な方向に向かってしまっている現状は、歯科医としても情けなく感じますが、どうにかならないものかと思います。

困っている患者さんを助けると言った医療や歯科医療の本来の姿をした医院が少しでも多く生き残って欲しいと切に願いますし、将来も歯科医になる人がいなくなってしまわない事を祈っています。また内容に見合った診療報酬が支払われるべきだと強く感じます。


日本人の平均寿命がこれだけ延びたのも歯科医と医師の力が非常に貢献したことは否定できない事実でしょうから。

2011年7月 2日

つい先日、以前いらしていた患者さんが、「先生のところは遠いからこれなかったのですが、入れ歯がどうしてもかむと痛いので作り直してください」


と言って来られました。


どうやら、私が作った入れ歯を入れていたのですが、その後、前歯の根が割れて抜歯になってしまい、前歯がない状態の入れ歯になってしまったようです。


そこで近所でばねのない見た目のきれいな入れ歯を作ってもらったらしいのです。「この入れ歯は、外に出るときは前歯がないので、していますが、食事の時は痛くて咬めないので、以前先生に作ってもらった前歯のない入れ歯で食べています・・・。」と患者さん。まるで笑い話のようです。


入れ歯は咬むもの、一体その入れ歯は何の歯なのか?私は疑問に思いました。


ばねのない入れ歯は確かに見た目は銀のワイヤーが見えなくてよいのですが、ばねがないために、食べる時、入れ歯が必要以上に沈んで、痛くて咬めないのです。それなのに、今ちょっと歯科医の間でブームになっています。


私だったら、できれば、外に出る時外しても、食事のときは必ず入れてくれる入れ歯を作りたいです。
入れ歯はファッションではないです。咬む為のものです。


またこんな入れ歯を作っているから、みんなインプラントに期待するようになるのか?

とちょっと思いました。入れ歯をきちんと作る技術を磨けばいいのに?
インプラントなんて、骨にネジを打ち込むだけで、リスクはありますが、技術はさほど必要ではありません。
だからみんな先生はインプラントに走るんだな?と感じました。

« 2011年6月 | メイン | 2011年8月 »

Powered by
本サイトにて表現されるものすべての著作権は、当クリニックが保有もしくは管理しております。本サイトに接続した方は、著作権法で定める非営利目的で使用する場合に限り、当クリニックの著作権表示を付すことを条件に、これを複製することができます。
番町デンタルクリニック 院長 吉田敦志(よしだあつし)

番町デンタルクリニック
院長 吉田敦志

番町デンタルクリニック公式サイト

皆さんは何のために歯科矯正をお考えでしょうか?
美しい笑顔のため?コンプレックスを解消するため?
確かに矯正治療には、そういった役割もあるといえます。

しかし、私が考える矯正治療の目的とは、健康な体を手に入れること。

私は10年以上前から、かみ合わせと体の関係を研究してきました。その結果、
矯正治療で適切なかみ合わせに導けば、体の状態は必ず改善するという自信を持つようになりました。

実は、矯正治療というものは奥が深いものなのです。