«  2011年5月  » 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31
2011年5月31日

私は、今の技術を習得するまでに、何人もの恩人にお世話になりました。


結局歯科医療は、「腕があってなんぼ」の世界なので、技術を教えてくれる人は大変ありがたいのです。


しかし、大学にあれだけ先生がいても、本当に教えてもらうに足る技術を持った先生はまれで、むしろ、そんな先生はさっさと開業してしまいますから、なかなか治療技術を教えてもらえる先生にで出会うのは難しいです。


私の場合、「大学で教わったことの半分以上は疑ってかからなければならなかったり、古くて使えない事が多い」といった事実を気づかせて下さった先生から、「かみ合わせの難しさ」、「矯正治療の真髄」「顕微鏡を使った治療」、「抜歯の技術」といろいろな技術を持っていらっしゃる価値ある先生との出会いがあったことは本当にラッキーでした。


大学院時代、教授の治療のアシスタントについていましたが、もっと高いレベルの内容を知りたかったため、暇を惜しんで技術のある先生に教わりに行ったりしていましたから、同期の院生からの受けが今一つでしたが、今思えば、それが自分にとっては良かったと思っています。


「技術は買えない」確かにそのとうりです。どんなにお金を出して技術を教えてもらっても、自分で努力しなければ身につきません。


ただ、言えるのは、「技術を持っている先生全てが、技術を教えるのに、過度にお金を要求することはなかった。」ということです。


技術を教える先生もまた、その技術の継承者を探しているのでしょうが、なかなかきちんと受け継ぐ先生がいないからかもしれません。


技術は身につけるのに何年もかかるし、今日教わって明日すぐにできるようなものでもないからですし、それなりの根性も必要です。いわゆる粘着質の性格が必要です、そういった先生は今も昔も少ないのかもしれません。

西洋医学の導入で、現代医療は数々の病気を克服してきました。

その分野での薬の役割は大きかったと言えます。


しかし、様々な薬剤が出ていますが、実際に本当に必要な薬は?と思うと症状の原因を考えると「?」が付くものがたくさんあります。

もちろん、抗生剤など、非常に有用な薬品も多くあります。


しかし、痛み止めなどは、連用する事は好ましくなく、痛みの原因を取り除いてやる必要があります。


私の医院にいらっしゃる患者さんで頭痛がひどく、痛み止めが手放せない方もたまにいらっしゃいますが、多くは咬む筋肉(側頭筋)が緊張して頭痛を引き起こしていたり、場合によっては頭の形が極端に変形している方もおり、それが原因だったりします。筋肉を軽くマッサージしたり、顎の位置を治してあげるだけで軽減することがしばしばです。


実際、それ以外の頭痛の原因もあると思いますが、過労や、強いストレス、睡眠不足だったりします。この場合でも、筋肉をほぐしたり、頭をさすってあげたりすると良くなりますが、大本の原因である、過労、ストレス、睡眠不足を治してあげないと、再発するでしょう。


もしそれよりひどい原因であれば、薬どころではないでしょう、即病院に行く必要があると思います。。


ですから、薬を飲み続けるより、原因を取り除くことをもっと考えるべきでしょう。薬は肝臓に負担をかけ、気が付かない間に体に恐ろしいダメージを与え、将来他の病気で苦しむことになるからです。

そういった体の声を聞き、それにどう対応するかが難しいところです。

また皮膚疾患で、皮膚科でだされた薬を塗り続けている人がいますが、皮膚疾患の原因が皮膚そのものにあるのはまれで、肝機能に障害が起きている事が多く、その場合、皮膚にいろいろな症状が出てきます。(実際の検査数値に出るわけではないので厄介です)

たとえば、C型肝炎の患者さんなどが皮膚ができものが出来ていることが多いです。


ですから、皮膚科でもらった薬を塗り続けているのも私は個人的には好きではありません。
私も、背中に湿疹の大きいものが出来ましたが、どこの皮膚科にかかっても、出す薬は同じで、皮膚科の医師の診断に疑問を持ちました。


私の場合、肝機能が良くなってくると、徐々に治って来ましたが、実際に治るまでは大変な期間を必要として、治すのは厄介です・・・。

2011年5月28日

およそドクターと呼ばれる職業の人は、どうしても技術の習得に時間がかかります。

お医者さんでは40は超えてないと外科医は心配ですし、歯医者さんも35は超えていないと技術的に熟成しているとはいえないかもしれません。


少なくとも自分の経験だと、20代は暗中模索、先生に怒られながら必死に勉強していた記憶があります。


30代は自分を伸ばすのに最も適した時期でしょう。体力もあるし、少々無理がききます。
またある程度経験も積んでくるので、20代に上の先生は何を言っているのか分からなかったことも、その深い意味がだんだんわかってきます。


40代はその技術を伸ばすのに良い時期といえるでしょう。
私は40代なので、そこまでしかわかりませんが、このころからだんだん体力が30代と違って落ちてくるので、仕事の仕方も考えなければなりません。


50代60代の先生を見ていると、ますますいぶし銀の実力を発揮している先生を見受けます。

私も将来そうなれたらいいなと思っています。


何事も一つのことに打ち込みづつけ、何か結果を出してゆくという姿勢を持っている先生は本当の名医と言えるのではないでしょうか?

2011年5月27日

矯正治療で、親知らずを抜くかどうか?

これは、ケースにもよりますが、現代人はほとんどが顎の大きさがないので、抜歯をする必要があります。


万が一残したまま治療を終わらせてしまうと、矯正の保定の時期に咬み合わせがおかしくなったり、一番奥の歯の後ろ側に虫歯が出来てしまったりします。

これは後戻りではなく、親知らずを抜かなかったことによる、治療の不都合の結果といえるでしょう。

ですから、親知らずは、もう生えないと分かったら出来るだけ早く抜いたほうが良いです。

これは矯正治療をしない人でも同様です。出来れば学生の間に抜いておくのが良いでしょう。

親知らずを抜く理由は以下のとうりです。
1、歯が前の歯を押すことによって、歯列を乱す力をかけてしまう。
2、親知らずの位置によっては、手前の歯の後ろ側が歯周病になったり、虫歯になったりする。

また学生の時に抜いておくのが良い理由は
1、時間が比較的取りやすい。
2、体力があるので、感染などのリスクに抵抗力がある。
3、骨がまだ柔らかく、歯を抜きやすい。


といった事です。
難しい抜歯だとなかなか開業医では抜いてくれませんが、当医院では専門の経験豊富な抜歯のスペシャリストが、どのような抜歯も行ってくれます。

また、患者さんの都合も考え、出来るだけ、入院などしないで、当日で体力を見ながら出来るだけ多くの本数の抜歯を行っております。


大人になって、「どうして今まで抜かなかったの?」と思うような親知らずを多く見かけます。
高校生を過ぎたら、自分に親知らずがあるのか?生えてくるのか?
調べておいた方が良いでしょう。

2011年5月26日

私も、講習会でいろいろな技術を教えてもらうことが好きで、かなりの数の講習会に出かけてゆきました。

多くはくだらない内容の講習会も多く、本当に役に立ったものは数えるほどしかありませんでした。


私は良い講習会に出かけてゆくと、必ずその技術を習得するまで頑張ります。
お金を払ったのだから当然のことでしょうし、その技術に賛同すれば、患者さんのためにと思えば、出来るだけ頑張ります。


ですから、講習会に参加した人はみな当然頑張って習得するまで努力していると思っていました。


しかし、講師の先生と仲良くなって見ると、意外に良い講習会の内容でも10%ぐらいの先生しかそのノウハウを生かし、技術を習得するまで到達していないとのことでした。(先生がおっしゃるには・・。)


理由としては、

その技術を生かせるような患者さんがいらっしゃらない。(高い技術にはそれなりの費用がかかるので、保険外になりますが、それを求めている患者さんが自分の医院にいない)


習得するまでの努力が続かない。


やってみる自信がない


等の理由です。

私の医院でも大学で30年以上も教鞭をとっていらっしゃった先生に抜歯をお願いしていますが、とても変わった方法で、難しい親知らずの抜歯も簡単に抜いてくださいます。


しかし、そんな大学病院に長く残っていらっしゃった先生も技術でも、意外にも伝承者がいないようです。

こんな例を知っていると、個人の技術の伝承は意外に難しいのかもしれません。

2011年5月24日

最近矯正治療によるかみ合わせの治療をしていて思うことは、「人間の体は負の蓄積をどんどん背負ってゆく」ということです。


これは大人ほどひどく、子供は比較的早く治すことが出来ます。


都心の開業歯科医だったので、ほとんどが大人の矯正を手掛けてきましたが、どうしても大人の場合、歪みの蓄積が多く、治療も時間がかかります。


私自身、小学校で治療を受けた歯の治療から、何度もした捻挫、打撲、これらがいつの間にかいろいろな所に筋肉のしこりを生んでしまい、その結果が様々な体調不良たっだ事に気が付きました。


歯の治療をしていて分かるのは、その歪みの蓄積を顎の位置や、首の変位で補っているらしいということした。

ですから、治療の過程の中で、かみ合わせを変化させてゆくと、体も変化してゆくから不思議です。


また、その蓄積が取れてゆく過程が、大体の人で同じということも分かってきました。(もちろん例外がありますが・・。)


もちろん歯の治療のせいばかりではなく、自分の習癖や、体に無理を与え続けたということも歪みの原因になったと思いますが、「少なくとも小さい頃にかかった先生がうまくかみ合わせを誘導してくれていたらこんなにまで悪くならなかったのに」、と思うのです。

私は、以前ある通販会社から水を定期購入していましたが、1年ほど前にやめてしまいました。

その理由は、その会社が、あまりにもいろいろな物品販売を手掛け始めたからです。
多角経営はある意味では必要かもしれませんが、「関係あるの?」といったものまで売り始めると、水のクヲリティーを信じて購入していたので、ちょっと変では?
と思い始めました。


味もはじめのころとは違って落ちてきましたし、やたらと営業の電話がかかってくるようになったので購入をやめてしまいました。


やはり、きちんとした物を売り続けるには、単に多角化ではなく、本当に自分の会社の得意とするものだけを地道に販売を伸ばしてゆくのが最も確実な方法ではないかと思います。

それ以上あまり大きく手を伸ばさないというのも大切ではないかと思います。


歯医者さんでも同じことが言えるのではないでしょうか?


まず、虫歯をきちんととる

そして、長持ちする材料をきちんとした精度でいれる

最後にかみ合わせをその人に合った位置にきちんと合わせる

これをまずきちんとやるべきで、そこの腕を地道に伸ばしてゆくべきでしょう。

歯の機能に直接関係のない審美などは、実力が到達してやることが無くなったら、やるべきものではないでしょうか?


しかし、どんなに極めたと思っていても、必ずその上のレベルはあるものです。

そういった意味では、今の日本の歯科の白い歯や、漂白、インプラントのブームをみていると、先にやるべきことがもっとあるのでは?と思います。


しかし、これは患者さんもドクター側もともに勉強して成長しないとダメなのではないでしょうか?

「患者さんが望むからその治療をする」、というのもおかしな話ですし、そういったニーズに迎合するドクターも医療人としておかしいでしょう。

一方、「自分の望むとおりの治療をしてくれる」と喜んでいるのも少々考えなければならないでしょう。歯科治療は意外に奥深いものですから。

2011年5月22日

奥歯の虫歯を治療するときは、白い材料は極力避けた方が良いと思います。


特にレジンというプラスチックは、知らないうちに削れて高さが無くなります。高さが無くなっても本人が気が付くとこはほとんどなく、「肩が張る」「顎が痛い」等の症状が出て初めて気が付くことがあるのです。


一方アマルガムや、ゴールドを詰めると、明らかに材料が長持ちし、問題を起こすことが少ないようです。

保険適応の金パラという材料は、もちろんレジンよりずっとましですが、少し硬すぎるのでベストではありません。


ちなみに、レジンという樹脂は、象牙細管という歯に痛みを伝えるために存在されると言われている、小さな穴に、含浸層という、プラスチックのくさびを打つことで接着力が出ているようです。


ちなみに、古いレジンをはずしてみると、レジンが浸潤したところに沿って深い虫歯が見られることがあり、接着力があるのはいいけれど、その分、万が一唾液等が侵入した時、歯自体がだめになってしまうほど深い虫歯が出来てしまうと、いつも怖くなってしまいます。


最近はアマルガムや、グラスアイオノマーといったレジンに頼らない材料が見直されているようです。(もちろん審美ではなく、歯のもちをメインに考えている先生方に限りますが・・・)

2011年5月21日

矯正治療を受ける患者さんで最も悩むのは、親知らず以外の歯を抜いて治療を受けるかどうかです。


確かに以前のブラケットでは矯正において抜歯は避けられない部分がありました。
しかし、最近のテクノロジーの変化で、抜歯しなければ歯が並ばないという事はほとんどなくなりました。


それはブラケットにフリーフリクションブラケット(ブラケットとワイヤーに摩擦抵抗がほとんどない)の登場によるもので、歯がでこぼこが治るとと同時に広がったり、後ろに動いたりすることが可能になったからです。

大部分の抜歯が必要と考えている先生の抜歯の理由は審美的なものです。

ですから、私は、審美性(ちょっと口元が出ている)程度の理由で歯を抜くのは全く理解できません。なぜなら歯を抜いてしまう健康の問題の方がずっと深刻だからです。


多くの先生が、レントゲンの分析を持ち出して、角度分析や、数値を出して抜歯を促します。


しかし、その分析の仕方自体が50年近くも前のものであることを理解しているのでしょうか?

私は、リケッツ等の昔からの分析法は、もう現代にはほとんどあてはまらなくなっていると考えます。また咬み合わせの位置を考えると、セファロ分析はあくまでも見かけ上の分析でしかありません。


そもそも、そんな昔の分析法をいまだに100%信じて治療していること自体が私には奇異に他なりません。
人間の顔の形も機能も随分変わっているのです。ある程度参考にする程度にすることが良いのではないでしょうか?

2011年5月18日

歯の治療は何はともあれ、ゆとりがあることが本当に大事な気がします。

私も医院を移転したばかりのころは変に焦ってしまって、患者さんにもずいぶん迷惑をかけてしまいました。


ゆとりがあれば、忘れてしまいそうな事にも気が付くことが出来るし、何よりも自分の技術に対して再認識し、考える時間を得ることができます。


「自分は常に考えているよ!」そうはいっても、やはり時間的なゆとりが無いと、どうしても抜けたしまうことが出てしまいます。

今は抜けていないかと言われれば絶対そうとは言えませんが、素早く対応できるだけのゆとりを持つことは心がけています。


歯科医院でも在庫が切れて思った治療ができなかったり、予想外に治療が立て込んで時間内に終わらなかったり・・・。

そんなことがあると結局はいらいらにつながり、良い治療なんて出来ません。

私もそんな簡単な事に気が付くまでずいぶん時間がかかりました。

今原点に立ち戻って、技術の向上に更に努めようとしているところです。

2011年5月17日

日本では一般的に、歯医者さんの立場はお医者さんと比べて低めに見られがちです。

しかし、歯医者さんほど、役に立ってお医者さんはないと思います。


お医者さんは、病気になった体を治しますが、歯医者さんはもしかしたら病気になる前の未病を治してくれる側面があるからです。

ですから、歯医者さんという職業は本当は誇り高いものだと思います。


ところで、今歯医者さんは人気が無くて、多くの大学で歯学部の定員割れが起きているようで、今卒業している歯学部の学生は私が卒業したころの約半分ちかくにまで減ってしまっているとい噂も耳にします。

もしかすると今卒業した先生が働き盛りになる20年後ごろ、深刻な歯科医師不足になると考えられます。

今はコンビニより歯医者さんが多いと言われていますが、15年から20年もすると、歯医者さんで予約が取れないといった状況が来るかもしれませんね。
今の激戦の状況からは考えられませんが・・。

しかし。30年ほど前、歯科医をやっていた先生は、歯科がこんなに大変になるなんて思いもしなかったようです。

当時は歯医者さんの予約を取る為の予約券を販売していたとか?
今は考えられませんね。
でも、逆の事もあるかもしれません。

2011年5月15日

自分で噛み合せを治したり、整体を受けたりしているうち、人間の体は本当に不思議だと思うようになりました。

医療が外科手術や、薬で治しているものも結局は体の構造のアンバランスから来るものの結果でしかありません。

ですから、ほとんどの医療行為は対症療法でしかありません。

ですから、やはり、原因というものを取り除くことに一体どういった方法があるのかを知るべきでしょう。

食べ過ぎに気をつけましょうといわれても、食べ過ぎてしまう原因があるかもしれません。本人の意思以上の原因があるかもしれません。

私の経験によると、整体などで体が正常な状態になると、異常な食欲は自然になくなって、欲しくなくなります。

ですから、そういった意味で現代人は結果的に過食になっていると考えると、お医者さんが単に食欲を抑制しましょうといっても意味がないのかもしれません。

薬を飲んで得られた健康状態と、自然な体の仕組みを利用した健康状態とはまったく別のものかもしれません。

2011年5月14日

人の価値観はそれぞれですから、どの考えがよくなくて、どの考えが良いなんてことは言えません。

歯の治療は非常に健康と密接に結びついているので、私は、保険診療のような治療では危険極まりないと思うのです。

もちろん保険診療で一生懸命治療されている先生がいることは認めますが、いくら努力しても、今の日本の保険点数では、何か悪いことでもしない限り、本当の意味でのきちんとした歯科治療は難しいと思います。


私の医院では感染予防に2100円頂いておりますが、その金額を決める時、私はまだ分院長でしたので、オーナーに反対されました。
オーナー曰く「サラリーマンの昼御飯代より高い、予防費を患者さんが払ってくれるわけがない」

という意見でした。

しかし、毎日かかる昼食代と、安全に治療を受けることとは比較できるようなものではありません。


感染予防が不完全だと、知らない間に感染してしまう事があります。

感染すればそれに対する治療が必要になり、皆保険制度下の日本では比較的恵まれていますが、結局はみんなから集めた保険料から負担されるわけですし、自分の健康も損なわれ良いことなどありません。

安全というものに日本人は無頓着ですが、感染という高い代償を払わないためにも、みんなの意識が少しづつ変わってほしいものです。

« 2011年4月 | メイン | 2011年6月 »

Powered by
本サイトにて表現されるものすべての著作権は、当クリニックが保有もしくは管理しております。本サイトに接続した方は、著作権法で定める非営利目的で使用する場合に限り、当クリニックの著作権表示を付すことを条件に、これを複製することができます。
番町デンタルクリニック 院長 吉田敦志(よしだあつし)

番町デンタルクリニック
院長 吉田敦志

番町デンタルクリニック公式サイト

皆さんは何のために歯科矯正をお考えでしょうか?
美しい笑顔のため?コンプレックスを解消するため?
確かに矯正治療には、そういった役割もあるといえます。

しかし、私が考える矯正治療の目的とは、健康な体を手に入れること。

私は10年以上前から、かみ合わせと体の関係を研究してきました。その結果、
矯正治療で適切なかみ合わせに導けば、体の状態は必ず改善するという自信を持つようになりました。

実は、矯正治療というものは奥が深いものなのです。