«  2011年4月  » 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30
2011年4月27日

歯の治療は出来るだけ体に優しい方がよいに決まっています。


では体に優しい歯の治療とは一体どんなものでしょうか?


矯正でいえば、強い力をかける歯の矯正、これはよくありません。ワイヤーを曲げる矯正治療は出来るだけ必要最小限で、また行うとしてもゴムメタルのような弱い力をうまくかけれるような特殊なワイヤーを使うのがよいでしょう。


また歯を多く削る、それも避けなければなりません。私共が審美治療をメインにしていない理由も、審美治療は歯を多く削ることが多いからです。セラミックや前装冠(見える部分を白くした被せもの)は大きく歯を削るので、あまり好ましくありません。


またレジンのようにもちが悪い材料も理想的と歯言えません。

結局何度も治療する羽目になるので、見た目上仕方がない、前歯の見える部分などに限るべきでしょう。


最も体に負担がかかる治療はやはりインプラントでしょう。
入れ歯が上手にできればインプラントが必ずしも必要ないと私は考えるのですが。

少なくとも、インプラントを何本も打つ必要性はないでしょう。

骨の中に入ったインプラント体は一生骨の中で、本人にははっきり気が付かないストレスをかけ続けるのです。


体に優しい治療をよく考えてみてください。

2011年4月21日

歯科治療が単純な「歯を詰める、かぶせる」という作業であると思っているのは大きな勘違いです。

わずか数十ミクロンの高さの狂いで首や体全体の筋肉が硬直化し、内臓にまで影響が出てしまうことはしばしばです。


実際日本人の平均寿命が延びたのも、入れ歯を他の国より多く入れられている事が理由であるとすら言われています。


昔はよく腰の曲がったおばあさんがいたものですが、最近見かけません。これは入れ歯に負うところが大きいと言われています。

そういった意味での歯科医はますます生活の質を上げる為に重要な職業といえます。

しかし、現状では、開業医や、これから卒業する歯科医は絶望に打ちひしがれていて本当にかわいそうだと思います。大変な苦労をして患者さんの歯を治そうとしているのに患者さんの方の意識が低いのも少々考えものでしょう。

実際は歯科医の側にも責任が無いとは言えませんので、お互いさまのところはありますが、やはり患者さんにももう少し歯の大切さに関心を持ってもらいたいです。


体に影響を与える可能性が高く、もっとも頻繁にみんなが一度は受けていると考えられるのは歯科治療ではないかと思います。


アメリカでは中流階級以上の人はほとんど歯の治療がきちんとなせされているので、全体的にレベルは高いと言えます。

これも長年歯科医が努力してきた成果の用で、今でも歯科医は尊敬される職業です。


日本は保険制度という保護された中で、治療を受けてきたために、かかる費用に対する理解と、治療を前もってきちんと受けておくという意識が低い傾向があります。

簡単にかかることができ、チャチャっと治療をしてもらえるという便利な感覚を持っている方も少なくないでしょう。
しかしながら、日本の歯科治療を見ていると、とりあえず痛いところを治すといった、救急処置に終始している方も少なくありません。

治療とは「計画を立てていたくなくてもこれから何も起こらないようにする」というのが本当の治療です。
車が故障しない限り、車の修理工場に行かないという人は、今は少ないのではないでしょうか?本来であれば、プロに故障の前兆を見てもらうのが本当だと思います。歯医者にかかる日本の患者さんも皆そのようになってほしいと思うのです。

2011年4月19日

歯列矯正をしても咬み合わせが治る可能性は非常に低いと言えます。

それは矯正を専門に治療を行っている先生が咬み合わせに対する関心がまだ全体的に低いからといえます。

また顎関節症は、「症状が出る人とでない人とがいる」とか、「自然に治ったり、悪くなったりする」といった考えが多く歯科医の間で広まっているためです。

しかし私の経験では、顎関節症は顎を正しい位置に誘導してあげ、なおかつかみ合わせをその位置で咬めるようにしてあげれば、確実に症状は出なくなります。

また、ほとんどの人が、以前より体調がよくなります。
症状が出る人とでない人との違いは、その感覚によります。

咬み合わせは徐々に悪くなるので、年のせいと勘違いする場合も多いですし、実際個人差も大きいのです。これは体力があって、かみ合わせによる全身の不調和をカバーできる人と、そうでない人がいるからだと思います。

また症状が消えるのは、体を休めれば、不調和をカバーできるキャパシティーは増えますし、逆に忙しすぎるとその余力はなくなります。

しかしどうせ治すのであれば、余力が多くなるように、かみ合わせを治してやるべきでしょう。

実際に感受性の高い患者さんを正しいかみ合わせにしてあげると、疲れなくなったり、頭がさえてきて、仕事がはかどってきたと喜ばれます。

これは歪みそのものが頭蓋骨の形にまで影響を与えているため、それが治ってくるとともに脳脊髄液の流れがよくなるからだと思います。

私としてはこの脳脊髄液の流れをよくできるように治療が出来れば、様々な原因不明の病気の治療が可能ではないかと思います。

矯正治療において、特にストレートワイヤー法になってからは、ブラケットをどこに着けるのか?
そしてどれだけ正確に歯に接着できるかが非常に重要になってきました。

そんな中で、インダイレクト法は、矯正治療の中で最もメジャーな方法となってきました。いかに正確に模型上に仮付けし、それをいかに正確に歯に着けてゆくかが、矯正治療の成否を決めてしまうからです。

しかし私もそうでしたが、様々なインダイレクト法を試してみましたが、ブラケットを着けてもすぐ取れてしまったり、正確な位置に着けられなかったりと。四苦八苦した揚句、結局、ダイレクト法に戻ってしまったりしました。

しかし、白須賀法は全く別の次元で成功を収めることが出来ます。

白須賀法はブラケットを正確に着けさえできれば自然に歯が並んできますし、上下の歯も咬んできます。

ですから今のブラケット装着法の中で白須賀法が最も優れていると言えるでしょう。

しかし、やはり習得が難しく、白須賀先生に技工をお願いしていらっしゃる先生もいらっしゃるようです。

私も一時期そうしようとも思いましたが、自分で技工をすることに意味がある(自分の治療へのフィードバックがある)と考えてやり続けました。

白須賀先生の熱心な指導のおかげで、今は本当にうまく(自分なりの評価ですが)いくようになり、治療期間と治療にかかる時間がが格段に短くなりました。
やはり技術を習得するのは歯科医にとっては非常に重要なことだと思います。


しかし、その白須賀法も、かみ合わせの制御はできませんから、それはまた別の技術で治してゆくしかありません。

しかし、白須賀法で並べ、かみ合わせを合わせてゆくと、体調が恐ろしく良くなってきます。
これは当医院で通院されている患者さんほとんどすべての方が感じるので、やはり白須賀法だけでなく、咬み合わせも治すのが、本来の矯正治療といえるのでしょう。

私は、歯科医になってから、ずいぶんと体を酷使してきたせいか、最近まで非常に体調がよろしくない時期が続きました。それで結局昨年CT検査で副腎に腫瘍が見つかり、入院するはめになってしまいました。

どうしてこうなってしまったのか?そしてこれからどうすればよいのか悩みました。

私の場合はもう5年以上も整体の治療を受けていましたが、その経験から考えてやっと一つの結論が出ました。

今考えてみるに歯科医で今のご時世で経営を成り立たせるためには相当の無理をしなければなりません。

その無理がたたったのだと思います。
ですから、もっと早い時期から気が付いて体をケアーしておけば、病気になることもなかっただろうと後悔しています。

歯も同じです。
小さな虫歯の時点で、あるいは咬み合わせが崩れがひどくなる前に治療しておけば、後でかかる費用も苦労も本当に少なくて済みます。

虫歯は痛みが出るだけでなく、お口の中の環境を非常に劣悪なものにしてしまいます。

細菌が増殖して、口臭の原因になるだけでなく、唾液の成分まで変えてしまい、物を食べても味が変わってしまいます。ですから年を取ると味が分からなくなるのではなく、口腔内の環境が悪くなるのではないかと今は真剣に思っています。

また虫歯が進行してくると、当然そこをかばったり、虫歯の穴があいて、咬み合わせが変わってしまい、体全体にまで影響が及ぶのです。


ですから小さな虫歯でもほっておくことは非常に体に負担をかけるのだと思います。

また歯並びや、咬み合わせが悪いことも、虫歯の原因になったり、体調が悪くなる原因になるので、放置しておくことは非常によくありません。

自分の経験や患者さんも観察していると、中には治療することで人生そのものが変わってしまうほど具合が良くなる人もいるくらいです。

でもほとんどの人は自分が悪いとは考えていません。
私が自分が手術しなければならなくなると思ってもいなかったように・・・。

2011年4月18日

最近の子供さんは体がゆがんでいることが非常に多くなりました。

主に外遊びをしなくなったことと、ゲームなどの脳にばかり刺激が行く遊びが増えてきたからだと思います。

脳ばかりの刺激は体の筋肉のバランスを奪います。

ですから顎やそのほか体全体の筋肉もあまり使いませんから、どうしても変なゆがみが起こりやすくなっているのです。

このような事情から、昔は簡単だった子供の矯正治療も年々難しくなってきています。

そういった意味でも、噛み合せを考えた治療や体とのバランスを考えた矯正治療は非常に重要になってきます。

私が子供さんを治療する場合は、早い時期からムーシールドで顎の位置の訓練を行ってから、デーモンブラケットを使います。

これで多く子供さんは自分のゆがみや筋肉の痛みに気づき本当によく治ってくれます。

2011年4月16日

歯科治療は非常に治療技術の進歩が速く、実際に最先端の技術についてゆくのは容易なことではありません。

このような状況で歯科医院も二極化の様相を呈しています。

オートクレーブなど滅菌装置など治療の最も基幹的な装置にお金をかけて環境を整えているのかどうかも、大きな違いとなってきています。

クラスBのような確実な消毒滅菌が出来る機器ですと、価格も80万以上もし、10年で機械の性能を維持する定期検査だけで10万近くかかります。

一方、ここまでの機械では無ければ、価格も30万でメンテナンスも費用がかかることはあまりありません。

しかし、目にははっきり見えない安全に重きを置いている先生はこのような投資を積極的にやっていると思いますし、実際そうでない医院と大きく水を分けてきているようです。

治療に使う材料も、たとえば矯正装置では、デーモンブラケットと、普通のブラケットでは価格が3倍以上も違います。

しかし、それだけの価値があるから買うのですから、それだけの装置を使っている先生ははやりそれなりの技術を持っているのではないかと想像させます。

なぜなら、出来るだけ安いコストで治療した方が経営的にはメリットがあるからです。

実際今の世の中、コスト無しに良い結果を得ることが難かしくなってきている言えるでしょう。

これからはこのような歯科医院の二極化の傾向はますます強くなるでしょうから、歯科医院を選ぶにしても慎重に調べる必要があります。

« 2011年3月 | メイン | 2011年5月 »

Powered by
本サイトにて表現されるものすべての著作権は、当クリニックが保有もしくは管理しております。本サイトに接続した方は、著作権法で定める非営利目的で使用する場合に限り、当クリニックの著作権表示を付すことを条件に、これを複製することができます。
番町デンタルクリニック 院長 吉田敦志(よしだあつし)

番町デンタルクリニック
院長 吉田敦志

番町デンタルクリニック公式サイト

皆さんは何のために歯科矯正をお考えでしょうか?
美しい笑顔のため?コンプレックスを解消するため?
確かに矯正治療には、そういった役割もあるといえます。

しかし、私が考える矯正治療の目的とは、健康な体を手に入れること。

私は10年以上前から、かみ合わせと体の関係を研究してきました。その結果、
矯正治療で適切なかみ合わせに導けば、体の状態は必ず改善するという自信を持つようになりました。

実は、矯正治療というものは奥が深いものなのです。