«  2010年8月  » 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31
2010年8月12日

顎関節症は、本人がそれと気がつくのはあまり簡単とは言えません。

そこで顎関節症の特徴をいくつかあげてみましょう。
1、男性より女性に多い(症状に気付くという意味で)
2、女性は30代頃より、男性は40代頃より発症する(当院では厄年近辺の方が多い)
3、首の痛み、肩こり、背中がパンパンに張る、人によって腰痛などの症状が出る
4、むち打ちを経験した人の症状はひどい
5、歯ぎしりがひどくなる


これらをみると、歯に現れる症状はむしろまれで、どちらかといえば、「年のせい?」と思ってしまうような症状ばかりです。

私もつい最近まで「このつらさは、歯医者という仕事のせいか、年のせい?」と思っていましたが、さすがに辛すぎて日常生活に支障をきたすまでになったため、整体に通うようになってから、実は顎関節症だったことに気がついたのです。

非常に上手な整体やカイロプラクティックス、オステオパシーなどに行けばある程度症状は緩和できるのですが、本格的に治すためには歯の治療が絶対必要だと思います。

なぜなら、
1、整体等に行った患者さんでも歯を治すか治さないかでその症状の改善の質が違う。
2、整体等に行かなくても歯を治すと劇的に首の痛みや肩こりが治り、腰痛がなくなることが多い
3、整体がゆがみを直しても、顎が曲がっていると比較的短い期間で元に戻る。

などの事実から歯の治療が非常に重要だと考えられます。

日常生活で、ゆがみを感じたり、首の異常なコリを感じたら歯の治療もぜひ考えるべきです。
実際当院で治療を受けて、生活の質が大幅に変わった人をたくさん見かけます。

これは私どものやる気を大いに刺激してくれます。
最近付加的に効果が期待できるものに次のようなものがあります。
1、生理痛の改善
2、ドライマウスの改善
3、目の痛みの改善
4、手のしびれ、痛みの改善
5、眠りの質の改善
などです。

« 2010年7月 | メイン | 2010年9月 »

Powered by
本サイトにて表現されるものすべての著作権は、当クリニックが保有もしくは管理しております。本サイトに接続した方は、著作権法で定める非営利目的で使用する場合に限り、当クリニックの著作権表示を付すことを条件に、これを複製することができます。
番町デンタルクリニック 院長 吉田敦志(よしだあつし)

番町デンタルクリニック
院長 吉田敦志

番町デンタルクリニック公式サイト

皆さんは何のために歯科矯正をお考えでしょうか?
美しい笑顔のため?コンプレックスを解消するため?
確かに矯正治療には、そういった役割もあるといえます。

しかし、私が考える矯正治療の目的とは、健康な体を手に入れること。

私は10年以上前から、かみ合わせと体の関係を研究してきました。その結果、
矯正治療で適切なかみ合わせに導けば、体の状態は必ず改善するという自信を持つようになりました。

実は、矯正治療というものは奥が深いものなのです。