«  2010年4月  » 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30
2010年4月26日

健康を維持しているかどうかはその人の人生そのものを良いようにも悪いようにも変えてしまいます。

たとえば、自営業者の場合、仕事に一生懸命になって自分の健康を省みない人は、やがて健康上の問題を抱え、入院したり、仕事を集中して行えなくなってきたりして、効率が損なわれます。

効率が損なわれると、単位時間の稼ぎが少なくなり、労働時間が増加し、さらに体に負担がきます。
そうなると、従業員につらく当たったり、家庭で怒鳴ったりと、ますます環境が悪化します。

そして、従業員を追加で雇う余裕がなくなるので、労働条件が悪くなり、良いスタッフが辞めていってしまいます。
このようにどんどん健康ばかりか、運気まで下がった様に見えます。
そういう人に限って健康に使う時間やお金をけちる傾向があります。

体の調子が悪くなったら早めに病院に行ったり、整体やマッサージを受けて、ストレスをためないようにして、効率を上げるべきです。

一瞬ちょっとお金がかかって損した気分になるのですが、実際は、そうすることによって正のスパイラルに入ることができます。

歯の治療でも同じように見えます。
歯に問題があると安い治療で済ませようとする人がほとんどですが、後でトラブルが出る可能性は非常に高いといえます。費用をかければよいというわけではありませんが、それなりの治療を受けておかないと、後で高い代償を払うことになります。(院内感染による感染や、治療した歯の不調、かみ合わせの不調など)

体を十分に休め、悪いところをきちんと治してゆくと効率が高まり、仕事の能率が上がります。
すると単位時間当たりに稼げる金額が増え、余裕が出てきます。
仕事の人間関係にもゆとりができてきます。

私のばあい、そのゆとりから、設備を充実させたり、従業員の労働条件を少しづつ良くしたりしてゆきました。
すると良い人材が集まるようになり、さらに効率が上がりました。

つまり、最初は同じ条件でも、どのように時間とお金を健康に使うかで、数年後には莫大な違いが生まれてくるのです。

2010年4月25日

総入れ歯は歯科治療の中でも結構歴史が古く、その治療技術はアメリカではもうかなり昔から完成されています。

最新といっても材料的にも、また治療テクニック的にも、他の治療に比べると、かなり完成されているといっても良い治療なのです。

しかし残念ながらこの貴重な技術もまだ日本には入ってきていません。

総入れ歯は、噛み合わせに使う人工歯が非常に重要です。

私の場合はモノラインといって、咬頭(突起のようなもの)が全く無い人工歯を使います。

この人工歯は扱いが難しく、歯を並べる作業と、削合といって最後の噛み合わせの仕上げはすべて私自身が行っています。なぜなら、この技術は技工士にもまず真似ができない技術だからです。

総入れ歯の患者さんはほぼ全員顎関節症になっています。ですから新しく入れ歯を作成するときはその顎関節症を治療する入れ歯を作成せねばなりません。

残念ながら日本の大学で教育を受けた先生はこのことを全くわかっていません。
顎関節症の人の正しい噛み合わせの位置を見つけようと、ゴシックアーチを書かせたり、顎を押してみたりを、やっても無駄なことをしているのです。

私の総入れ歯はそれ自身が顎関節症のリハビリテーションを行うように作られていますから、うそのように顎関節症の症状が取れてくるのです。

総入れ歯や部分入れ歯があっていない患者さんによくある症状は、首のこりだけではなく、発音障害や、顎がはずれやすい、飲み込むときのどが詰まる感じになる、自律神経の異常などがあげられます。

実は入れ歯が合わないことによる問題は非常に重篤な意味を持っているのです。

またそれを治すためには特殊な技術が必要といえます。

私もこの技術をマスターするのに、大学院時代に30個程度、その後医院に勤めてから30個程度入れ歯を作りました、いずれも私自身がほとんどの作業を行ったので、一個入れ歯を作るのにおおむね4時間としても240時間以上も入れ歯作成にかけたといえます。

本当の技術は努力なしでは身につかないことも実にしみてわかりました。

また治療をすればするほど、難症例がいらっしゃり、精神的プレッシャーも相当なものでした。

やはり、人間は緊張感のある環境で仕事を行わないと上手になりません。

大部分の総入れ歯の患者さんは、何本も歯があるにもかかわらず、顎の問題がひどく、矯正治療で解決できなかったりするため、歯がすべて残っている状態で入れ歯を今ある歯がなくなってた状態で作成しておき、完成したときに、残存する歯をすべて削り取って入れ歯を入れる方法で行うので、絶対に失敗できません。(失敗すれば、患者さんは何も食べることができなくなるからです)

そのようなプレッシャーで作成するので、入れ歯の技工操作には人一倍気を使っているのです。

2010年4月17日

今の矯正治療はほとんどがストレートワイヤー法です。これは理論的にこの治療法が正確な矯正治療が行いやすいという見地から取り入れられ始めました。

矯正治療の歴史のところで、私が触れているように、スタンダードエッジワイズ法による矯正はオーダーメイドによる矯正法であることはその通りなのですが、あくまでも治療の完成が、術者の勘と経験に頼るということです。

つまり、いくら名人とは言え、口の中を見て調整するわけですから、人によっては口の見え方が違っていたり、ほんのわずかの小さい部分の調整をしているわけですから、その勘が狂うということもあり得ないわけではありません。

また口の中のほんのわずか歯の傾きの何度といった角度を調整するわけですからとても難しい作業を強いられているわけです。

ストレートワイヤー法は、一部で効率のための方法だと言われたりもしますが、実際は狂いを少なくする方法ともいえます。

ストレートワイヤー法以外もインダイレクトボンディング法なども狂いを少なくするための方法といえます。

治療に対しては何か基準がないと、どの歯の位置があっていて、どの歯が狂っているのかさえ分からなくなってしまうことがあります。

こうなると手も当てられず、治療はうまくいきにくくなります。

いくら名人の飛行士が運転するといっても、今の時代、管制塔の誘導システムもない、計器も正確でない、そんな飛行機に乗りたい人はいません。

名人ですら、何か基準があったほうが治療は行いやすいのです。

最近顎関節症の患者さんが非常に増えているようです。

これは今まではたとえ治療がいい加減であっても発症しなかった多くの患者さんが、発症しやすくなているためです。

多くは、現在の生活習慣が大幅に変化したことが原因だと考えられます。

食生活、とくに肉類を摂取しすぎると体が固まりやすくなり、顎関節症を悪化させやすくなる傾向があります。顎関節症ももともとは筋肉の緊張が原因ですから、緊張を取り除く努力も必要です。

ほとんどの人が自分が常に強い緊張状態に置かれていることに気づいていません。

そして睡眠時にさえ緊張が取れないために顎関節症が増悪したり、突然発症したりします。

また歯ぎしりによって歯にひびが入ったり、隣の歯とこすれて虫歯になってしまったりしています。

歯の治療が体系化されて、歯科治療がなくなってしまうのでは?あるいは市場が大幅に減少するのでは?といったことが考えられたのですが、現代では違う意味での虫歯治療や、矯正治療が必要になってきているのです。

このことを考えると、最新の治療の傾向を知っている先生に治療を受けないと、まったく見当違いな治療を受けてしまう恐れがあるのです。

2010年4月 8日

入れ歯が合わない、噛むと痛い、ゴマやイチゴの粒が入って痛くて食べれない。
よく聞く入れ歯の苦情です。

また大きくて、頬に挟まったものがとれない、食べていると入れ歯が浮いてくる。
なども入れ歯の多くある苦情です。

これらは必ず原因があります。

小さな粒が入ってしまうのはほとんどがかみ合わせがあっていない証拠です。かみ合わせが合わないと食べるごとに入れ歯が浮くので、どうしても中に小さなものが入り込んでしまいます。

かみ合わせをうまくやるには、どうしてもモノライン(0度臼歯)で入れ歯を作成する必要があります。入れ歯自体はかみ合わせに遊びを持たせるのが鉄則です。総入れ歯になっている人はほぼ100%顎関節症になっているので、かみ合わせにも遊びが必要なのです。

運転を何年もしていない人が急に遊びの全くないF1用のハンドルで運転できるでしょうか?
入れ歯も同じです。顎の位置が正確に定まりにくくなっている人に鋭い突起のある人口歯を使うと遊びがない車を運転しているのと一緒です。
まずうまくいかないといってもよいでしょう。


頬に挟まったものがとれないのは入れ歯がでかすぎるからです。でかい入れ歯は浮き上がったり、発音がしにくかったり、さまざまな問題が起こります。
ほとんどの先生が入れ歯をでかくして外れにくくしようとしますが、入れ歯がでかいことは百害あって一利なしです。

私は入れ歯は小さいに越したことはないと考えますし、極限に近いまで薄く削ります。それは違和感をなくすためです。ですから装着感も非常によく、患者さんの中には入れ歯を探していたら口の中に入っていたといった笑い話をする人もいるくらいです。

しかし、入れ歯を薄くすることは割れるリスクがあるので、かなり強度のあるプラスチックが必要ですが、どうも日本製のものは強度がなく、ドイツ製のものになってしまいます。

入れ歯もよいものを作るにはそれなりに材料も選ぶ必要があるのです。

2010年4月 1日

当医院で使用している材料はどれも購入原価は高く、品質は最高のものばかりです。

実ははじめはこのようなものばかりではありませんでした、例えばナイトガードの材料などは昔はずいぶんとチープな材料を使っていました。しかし今はドイツ製の物しか使いません。

実際に使って見ると、高い材料のほうがはるかに長持ちしますし、高い精度のものを作成できるからです。

でも原価はどうでしょうか?
はっきり言って原価で言えば3倍以上します。しかしあくまでも原価です。私たちの仕事は高度な付加価値をつけた仕事ですから、ほとんどが手間賃です。ですから原価が高くなってもよりよい治療が提供できるのであれば、原価はあまり大きな意味はもちません。

実は、いろいろな人に何度も「よい材料を使いすぎている、そこまでよい材料を使う必要は無いのでは?」
と何度も言われました。

しかし、私自身が実際使ってみて違いが明らかにわかるのですから、それをわざわざ安くて、品質の落ちる材料に変える気がしませんでした。

おかげさまで、その材料の品質の違いがわかる患者さんには好評ですし、それがわかってくださる患者さんは、治療費を高いという人はほとんどいません。むしろよい材料を使ってくれといってくださいます。

例えば歯に詰めるゴールド、これがなかなか品質で大きく違ってきます。

金属は、溶かす前をバージンメタルとい言いますが、これを詰め物を作るために、一度熱して溶かすと、悪い金属はどんどん合金成分が分離して、ボソボソになってしまい、最後は詰め物として使えなくなってしまいます。

ですから、金合金でも必ずバージンメタルを一定量混ぜながら鋳造を行うのですが、それでも品質の低い金属は、そのうち、使えないほど合金が分離してしまいます。

しかし当医院で使っている金合金は品質が高く、合金がだめになってしまうことが今まで一度もありません、これには当医院にきた技工士も驚いていました。

もちろん鋳造をする機械も質の高いものを使っているせいもあります。

いずれにしても、よい材料、よい器械を使うことが実は初期投資がかかっても、トータルで節約になるのではとつくづく感じています。

« 2010年3月 | メイン | 2010年5月 »

Powered by
本サイトにて表現されるものすべての著作権は、当クリニックが保有もしくは管理しております。本サイトに接続した方は、著作権法で定める非営利目的で使用する場合に限り、当クリニックの著作権表示を付すことを条件に、これを複製することができます。
番町デンタルクリニック 院長 吉田敦志(よしだあつし)

番町デンタルクリニック
院長 吉田敦志

番町デンタルクリニック公式サイト

皆さんは何のために歯科矯正をお考えでしょうか?
美しい笑顔のため?コンプレックスを解消するため?
確かに矯正治療には、そういった役割もあるといえます。

しかし、私が考える矯正治療の目的とは、健康な体を手に入れること。

私は10年以上前から、かみ合わせと体の関係を研究してきました。その結果、
矯正治療で適切なかみ合わせに導けば、体の状態は必ず改善するという自信を持つようになりました。

実は、矯正治療というものは奥が深いものなのです。