«  2018年11月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30
2018年8月18日

随分昔、お医者さんの患者さんがいらっしゃり、インプラントをして欲しいといわれました。

その患者さんは、大変ストレスのかかる環境で働いていて、命を預かるような立場でした。そして、歯は歯軋りでヒビだらけ、歯の表面もいくつか削れて平らになっています。前歯は削れてとがった部分が何箇所もありました。

このような患者さんの場合、インプラントはおろか、歯の治療でもとても難しいのです。

歯を失ったことで、ブリッジもいやだし、入れ歯は絶対にいやとおっしゃるのですが、インプラントは絶対に適応できません。
もちろん、インプラント反対派の私がはじめからそんな治療をするはずもありませんが。

どうしてインプラント治療をしてくれないかと詰め寄られたのですが、私は「お医者さんならわかるでしょ、やりたくないものはやりたくない、歯科医だからこそ結果がわかっているからやならないのです。やるはずがないでしょう!」

と答えました。

するとそれからは、急に私のことを信用したのか、おとなしくなって、その後の私の治療方針を素直に聞いてくれるようになりました。

医者は、結果がわかっていてよくないことをやるはずはありません。私はそう信じます。そしてお医者さんだからこそ、そんなことをしたくない私の気持ちをはっきり理解してくれたのだと思いました。

歯科では歯科医学をきちんと勉強し、理解できていて、さらに審美眼がなければ本当に行ってよい治療なのかそうでないのかも判断できません。流行の波に乗ってやってよいわけもない治療も増えています。

業者や講習会の先生は自分たちの利益のために矛盾した内容でも平気で売り込むことがあります。

私は疑り深いので安易には信じません。そしてちょっとやってみて、すぐにおかしいと気がつきます。しかし、素直で信じやすい先生は、まるで催眠術にかかったかのように信じ込んでどんどん流行の治療を始めます。

これは催眠術や洗脳と一緒です。その洗脳を受けた先生も結果を見ておかしいと思いながらも、お金のための判断し、自分を催眠状態にして治療を続ける先生もいれば、良心のある先生はやがてその治療の恐ろしさを知りやめてしまいます。

「インプラントがうてるのも今のうちだけだよ」とインプラントの問題が出る前に先生がささやいていました。

「マウスピース矯正に手を出さないほうがよいですよ」私が業者の偉い方に伝えると、急に聞こえない振りをしました。企業も利益は優先事項です。

業界の人はもちろん心の中では理解しているのです。ただそこまでしなければならないほど歯科業界は疲弊しているのかもしれません。本当に患者さんのためになっていない治療だと、先生は心の中で理解しながらも、自己催眠をかけて、生活のためにやり続けるのです。そうなると医療人としてはおわりです。しかし、そんな先生が増えてしまっている今は患者さん自身が賢くなるしかないのです。逆に患者さんが十分に賢くないからそんな歯科医師が増えるのです。

2018年5月17日

6年以上前、NHKでインプラントの問題が浮上し、インプラント難民という人々がたくさん現れました。

ほとんどのインプラントは、骨に深く刺さっているため、その後の処置が大変難しく、しかもさまざまなメーカーがあらゆる種類のタイプのインプラントを開発しているため、それを除去する装置もインプラントの種類だけ用意なければ除去自体が大変難しく、危険を伴ういものとなってしまいます。

また、インプラント自体は骨に植えられれば完全な異物ですから、デリケートな人ではとても耐えられるものではないのです。

このようなインプラントのデメリットも随分知れ渡るようになって、あえてインプラントを打つ患者さんも昔ほどはいなくなったようです。

しかし、これから増えるのは「審美治療難民」と、「マウスピース矯正難民」でしょう。
歯科の治療が基本的に保険診療でまかなえる日本の歯科では、積極的に審美歯科治療をマウスピース矯正が行われてきました。

審美歯科治療では多くの場合かみ合わせや、材料学的な劣化によって10年以上経過するとさまざまなトラブルが生じることになります。

一時、自動車の車体に樹脂を使った車が発売されましたが、結局その車は聞かなくなりました。

どんなに時代が経っても、結局金属を用いた車体が今でも使われています。

包丁も一時期セラミック包丁というのがとてもはやりましたが、今はそれほど売れているようには思えません。

つまり、結果的に金属に勝る材料は強度を必要とする部材として使い物にならなかったということにほかなりません。
日本の歯科場合は厄介なことに保険制度の関係もあって、あまりに積極的に審美治療をやりすぎました。というか今もたくさん行われています。この付けは必ずここ10年間で回ってくるでしょう。

そしてそれに遅れること3年程度でマウスピース矯正と小児の矯正を囲い込み型の歯科医院で行われてきています。

この治療法も大変問題がある方法ですから、数年以内に大きな社会問題と化すに違いありません。

このようなことは歯科医の倫理がもう少しあれば防ぐことができるのに、お金のために同じ失敗を何度繰り返すのか、つくづく残念に感じます。

2016年4月 6日

人間は欲望の生き物です。

歯がなくなると、入れ歯は厭でインプラントを打ちたい、歯が虫歯だと見えるのはいやだから白い歯にして欲しい、目立たない矯正治療や、見栄えだけ治したい。といったニーズは消えません。

子供の虫歯が激減して来ている今、歯医者さんも患者さんのニーズにこたえ顧客を獲得することは仕方が無い論理かもしれません。

しかし、私が20年以上も昔にアメリカの治療技術を教えてくれた先生は当時、「インプラントも、審美歯科治療も、歯科治療の本質とは異なるものである」といっていました。「特にインプラントは基本的に身体を不可逆的に傷つける治療であり、入れ歯やブリッジといった選択肢を押しのけてまで行うべき治療とは到底考えられない」とも言っていました。

私も賛成意見です。もちろん審美が回復して自信を取り戻す人もいるでしょうし、インプラントで噛める喜びを噛み締める人もいるかもしれませんが、基本的に第一選択の治療ではないといえるのではないでしょうか?

つまり「治療」することを第一選択とし、それをある程度満たした上でこのような治療があり、行われるべきであった、今のようなそれが積極的に薦められるべき治療のような風潮があるのは正直残念といわざるをえません。

私も20年以上「疾患を治すための歯科治療」が出来る歯科医を目指してきました。

本質とは違う歯科医療をされて「本当にひどい目に」あった患者さんもいれば、治療で起きている「本当にひどい目」に全く気がつかないで、自分の欲望のままに治療を受け続ける方もいらっしゃいます。

ただ、歯科医の良心として欲望のままに治療を受けようとする患者さんにはこう言うようにしています。「その先生があなたの歯の20年先を見越して治療しているのか良く考えて治療を受けてください」

インプラントを打つ先生は、患者さんの終末期にインプラントがどうなるかなど考えていません。
もし考えていたら、もう少しトラブルが避けられるような治療法を選ぶでしょう。

見栄えだけ治す先生が、患者さんが将来噛み合わせのトラブルで悩むかもしれないなど考えていません。

噛みあわせとは実は難しくて奥が深いと知っていれば、そのような安易な治療はしないからです。

自分の良くない欲望は結果的に、それに合った先生を選ばせ、結果的に自分に悪い結果が戻ってくるのです。

2016年4月 2日

日本の歯科医院は特に都心部では、今や自由診療を取り入れなければ成り立たなくなりつつあります。

一軒当たりの患者さんの平均来院数が少ないことと、保険点数が非常に低く抑えられていることが原因といえます。

しかし、一方で経営が成り立たないことが原因で歯科医が生き残りをかけ、自由診療をなんでも導入してきた結果、患者さんにトラブルが発生していることは、今ではわれわれ業界の人間でも否定できない事実となってきました。

今一番大きな問題となっているのはインプラントでしょう。インプラントは昔は治療していたが今は治療をしていないという医院も結構増えてきています。

ところでインプラントは治療よりも、治療をした後のメインテナンスや、問題が起きた際にどう対処するかのほうがはるかに大変な治療です。

自分の歯に問題が起きた場合は、最悪抜歯をして入れ歯やブリッジをすれば何とかなります。またうまく根が残せれば、保存治療でまた機能させることも可能です。

しかし、インプラントは抜くときも自分の歯を抜くのとは全く違ったリスクがありますし、入れ歯やブリッジが嫌でインプラントを選択している人が多いでしょうから、入れ歯やブリッジにする際に納得してもらえるかどうかも一苦労です。

また、インプラントを抜くと、骨が大幅に無くなりますので、入れ歯を作るにしてもかなり難しくなります。

そういったことから、インプラントの調子が悪くて抜いてほしいといった患者さんが来院された際は我々歯科医でも頭の痛いのです。こんな問題が起こることは予想はされていましたが、思った以上に深刻になりつつあります。

一方で、これから問題になりそうなのがクリアライナーやインビザラインなどのマウスピース矯正です。

これらの治療は実際は非常に限られた症例にしか適応できないことや、技術的にかなり難しかったりするのですが、症例をあまり考えなかったり、軽く考えて治療を始めてしまう先生も多くその結果、患者さんによっては、かみ合わせまで狂ってしまっている患者さんがこれからどんどん増えてきています。

デメリットが多いわりには費用も結構かかりますし、治療中にまで審美を求めた結果、医学的なメリットはほとんどない治療となってしまう例も少なくありません。

このような治療は矯正治療ではなく審美治療ですから、歯や顎の機能に良い結果を生むことはむしろレアーでしょう。

安易な自由診療ではなく、「きちんとした根の治療」や「きちんと虫歯を取り除き長く持つ材料で修復する」、「かみ合わせをきちんと考えて治す」などの本来の意味の良質な自由診療が今求められているのではないでしょうか?

2016年3月31日

インプラントは歯科界の打ち出の小槌のごとくはやってきましたが、実際はトラブルも少なくありません。

インプラントによって調子が良くなる人もいらっしゃるようですが、骨に穴を開けて金属をねじ込んでゆく治療なので、無理があることは事実で、思ったような効果が出なかったり、却って調子が悪くなってしまう患者さんも少なくありません。

ねじ込まれたインプラントは、常にその人の下顎骨や上顎骨を刺激し、そのストレスが全身に影響に出てしまうことも少なくありません。

実際、そのような患者さんからインプラントを取り除くと体調が戻る人も結構いらっしゃるようですが、どうしても、インプラントを抜いた後に入れ歯になることに抵抗感があって踏み切れなかったり、抜いてくれる歯医者さんが見つからないといったことで難民化しているようです。

これからはこのようなインプラント難民?も今まで打たれてきたインプラントの数が多いだけに、増加してくると考えられます。

私自身はインプラント治療を受けられた患者さんを受け入れることはほとんどしていませんでした。

しかし結局専門家に大丈夫と太鼓判を押され、信じてやっては見たものの、実際はあまり調子が良くないという患者さん自体には責任は無いでしょうから、入れ歯になっても良いので治してほしいと考えられている患者さんに関しては積極的に治療をして差し上げなければならないのではないか?と今は思うようになりました。

2012年6月 8日

インプラントが今世間を騒がせているが、そもそもなぜインプラントがこのように問題を引き起こすようになったのか?
その原因を見つけなければ、単に騒いでも何の意味もないと思うのです。

そもそも、インプラントは、困窮する歯科医が切り札として考え出した打ち出の小づちなのです。

もしかしたらインプラントがなくなると、日本の歯科医はどんどんつぶれてしまうかもしれないのです。

日本の歯科の保険制度はすでに崩壊しているといって間違いでなく、実際、まともな歯科診療をして、保険だけで、経営が成り立つのは、かなり難しいといえるでしょう。

かといって、国民皆保険制度が根付いている日本で、自由診療を取り入れるのは難しいのです。

たとえば、根の治療きちんとしようとすると、保険ではなく自由診療で行わないと、コスト的にかなり無理があります、根の治療をきちんと行うためには顕微鏡などを用いて、根の中まで十分に観察して行う必要があり、奥歯では4時間から5時間ぐらい、顕微鏡を見ながらのマイクロサージェリーが必要だからです。

しかし、実際は根の治療を自由診療にすると、混合診療の考え方から、保険治療すべてを放棄せざるを得なくなります。(根の治療は自由診療で行う場合、時間はかけても、材料に特段違うものを使うわけではないので、保険医療機関では、保険診療でできる治療という解釈になってしまうのです。)

さらに感染予防は歯科では最も重要なのに、その費用を保険で賄うことは、世界標準のレベルの感染予防を行うのであれば到底不可能と言わざるを得ません。現在の保険制度では420円が患者さん来院ごとにいただけるようになっていますが、この金額で、歯科医とアシスタントののグローブ代、感染予防にかかる費用等を負担するにはいささか安すぎます。(滅菌器や様々なディスポーザブル物品などのコストを考えるとちょっと無理があります)

しかし、その費用を自費でいただこうとすると、また保険制度の足かせが問題になるのです。

ですからもし本当にきちんとした治療をしようとする先生はすべて自由診療にするか、赤字覚悟で治療を行うしかありませんが、そうやって生き残れる先生は日本にも何人もいらっしゃいません。

つまり、保険をやりながら、自由診療も取り入れるという、混合方式が最も現実的になるのですが、そうなると、片方で、定食屋をやりながら、同じ店でフランス料理も出すといった、かなり矛盾した経営形態になってしまうのです。

しかし、定食屋と、フランス料理では、食器も、食材も、そしてコックの求められる技術も根本が違いますので、一緒にやること自体不可能ですし、矛盾だらけになってしまいます。


現在のインプラント批判は、歯科医療において、それをそうせざるを得ない環境にさせておきながら、「日本のフランス料理はまずいではないか?」と言っているようなものです。

本当にうまいフランス料理を食べたかったら、「フランス料理の専門店に行ってほしい」のですが、「日本ではその店がほとんどない」、というか「お客がはいらないので店を維持できないので定食屋と一緒にするしかない」といったところが、今の日本の歯科の現状ではないでしょうか?

イギリスでは、保険制度はありますが、多くの医院は自費診療専門になっています。アメリカは自由診療のみです。

つまり、イギリスでもアメリカでも、歯科は相当高額の費用がかかる治療なので、保険制度になじまないといった感覚があるのではないでしょうか?(費用が掛かりすぎて保険制度では制度自体を維持できない)

患者さんも、歯科にかかるときはこのような現状をきちんと理解して、慎重に歯科医選びをするべきでしょう。

アメリカなどでは、とりあえず治療できるレベルからかみ合わせまで含め高度な治療を提供するレベルまで様々なレベルの歯科医がおり、自分のニーズに合った歯科選びをしています。

ただし、感染予防に関しては、法律で定められているので、日本のような低いレベルの感染予防を行う歯科医院は皆無に近いと思います。

一方日本はほとんどが定食とフランス料理を同時に提供している様な医院ばかりで(これは保険制度の大罪といえます)、衛生面も高いレベルを維持できている歯科医院は少ないと言わざるを得ないのです。

2012年6月 2日

先日ついにインプラントの重篤な問題事例が400件以上あることが新聞でも報告されました。

しかし、神経麻痺が60万本も販売されているインプラントで400例とはいささか少なすぎる気がします。

実際は本人もはっきり認識できない問題を含めると倍以上あるのではないでしょうか?

何しろ親知らずを抜くのでも、どんなにきちんと気を付けて抜いても500例に1回ぐらいは多少の神経麻痺は起こると思います。60万本のうちの400とは0.1%以下ですから(実際はいっぺんに2本以上植えているケースもあるのでもう少し多いと思いますが)この400という数字は相当重篤なケースではないかと考えられます。

私の医院にもインプラントの失敗や、問題のある症例がいらしたことがありますが、多くの場合患者さんの感覚がおかしくなってしまっているので、治療をしても無駄ということに気が付き、今はインプラントを受けた患者さんの初診患者さんは特殊な場合を除いてお断りすることにしています。

実際、大学病院では、失敗している患者さんの処置は大変困っていることでしょう。

私が思うのは、歯を失うのはそれなりの理由があるということです。

歯を失う前に、当然虫歯になったり、根の治療がされたりというプロセスが必ずあったはずです。
その際、受けた治療にもよるでしょうが、弱っている歯で平気で固いものを食べてはいけないことぐらいは容易にわかるはずです。それにもかかわらず平気で固いものを食べる人がいます。

足をくじいた人が、思いっきり全速力で走るでしょうか?
そんなことをしたら将来歩けなくなります。

それと同じで、歯を失ってしまった人はそれなりの使い方しかできないものです。
つまり完全に歯を失うまで、きちんとした使い方をしてこなかった患者さんが多いといえるでしょうし、それを教えなければならなかった歯科医にも責任の一端はあるでしょう。

ですから、そうなった後にインプラントのような人工の歯で思いっきり噛もうと思うこと自体、自分の体を顧みない間違った考え方の結果でしかないのです。

それを煽って勧める歯科医も歯科医です。

健康を失った場合、自分がなぜそれを失ってしまったのかを考え直し、神様からもらった体をいかにこれから大切に使うかを考えるべきで、なんでもかんでも自分の思いどうりに治療してもらおうと考えるほうがおかしいのではないでしょうか?

歯科医が医療を行うものとしての根本的な感覚を失ってしまっては人間のためになる医療は絶対できません。

同じことが医療にも言えます。
治すのではない、単に延命処置をしているだけの医療もたくさんあります。
これらが本当の意味で改善されないと、日本の社会保障費がまっとうな金額になることは永遠にないでしょう

インプラント
Powered by
本サイトにて表現されるものすべての著作権は、当クリニックが保有もしくは管理しております。本サイトに接続した方は、著作権法で定める非営利目的で使用する場合に限り、当クリニックの著作権表示を付すことを条件に、これを複製することができます。
番町デンタルクリニック 院長 吉田敦志(よしだあつし)

番町デンタルクリニック
院長 吉田敦志

番町デンタルクリニック公式サイト

皆さんは何のために歯科矯正をお考えでしょうか?
美しい笑顔のため?コンプレックスを解消するため?
確かに矯正治療には、そういった役割もあるといえます。

しかし、私が考える矯正治療の目的とは、健康な体を手に入れること。

私は10年以上前から、かみ合わせと体の関係を研究してきました。その結果、
矯正治療で適切なかみ合わせに導けば、体の状態は必ず改善するという自信を持つようになりました。

実は、矯正治療というものは奥が深いものなのです。