2018年8月15日 « トップへ » 2018年12月17日

2018年8月27日

「歯並び」、「噛み合わせ」は全く違う?

507506.png矯正と聞くと、ほとんどが「歯並び」が思い浮かぶでしょう。また「矯正治療を受ければ当然噛み合わせは治っている」とお考えでしょう。しかし「一般的な矯正治療では噛み合わせを科学的に検証して治しているわけでは無ない」だけでなく、「歯並びが治っただけで噛み合わせ却って悪くなり、全身の不調が生じる(顎関節症)」場合があることわかってきたのです。

「噛み合わせ」と「歯並び」の関係
376773.png1、歯並びの治療は極めて容易。
2、噛み合わせを治せる矯正医はわずか!
3、お手軽矯正の危険度
4、セルフライゲーションブラケットと噛み合わせ

1、歯並びの治療は極めて容易
現在の矯正装置はストレートワイヤーテクニック*が使われています。652683.pngこの方法は、ブラケットを「正確に位置づけ」(これが実際は難しい)さえできれば、ワイヤーを太くしてゆくだけで、歯並びは自然に整うという、「非常にシンプルで、再現性の高い技術」となっています。つまり「歯並びだけ治す」だけであれば、矯正について何も知らない歯科医でも明日からできることなのです。

しかし、これは「上下の歯列を片方づつにきれいに並べているだけ」です。「きれいに並んだ上下の歯列が機能的に理想の状態で噛みあう保証は全くない」のです。なぜなら、人間の顎は成長とともに「左右非対称になったり」、「顎を奥に入っていたり」しているからです。

2、噛み合わせを完全に理解している矯正医は少ない
一般的に歯科医は、噛み合わせと全身の関係を読み解く発想に乏しく、「理想的な噛み合わせ理論がいまだに1159341.png明確ではない」のです。噛み合わせの理論は、全身のバランスとの関係抜きでは完成しません。私は整体やオステオパシー、気功などのあらゆる治療技術とともに、科学的に究明し「全身と噛み合わせの関係からなる誰もが納得できる治療テクニック」を完成させました。
詳しい説明はこちら

3、お手軽矯正の危険度
最近、マウスピース矯正、部分矯正などお手軽な矯正が増えています。これらの治療は歯並びを治すだけの治療です。歯科医も容易に手を出せるので、研修も勉強も不十分なまま治療をおこいトラブルになるケースも多いと聞きます。結局やり直しになり倍お金がかかるといった話も聞きます。
敏感な方に限らず治療を受ける際はよく検討する必要があります。

damon3mx_011.jpg4、セルフライゲーションブラケットとかみ合わせ
1384774.pngこのブラケットは、ワイヤーと歯を縛らないため歯にかかる力が弱く(デーモンブラケットの場合従来のおよそ1/20)歯の動きが自由です。治療を受けた患者さんから「まったく痛みがない」と言われます。「痛みがない=顎が緊張しにない」つまり、「顎の位置を自然な位置へ移動しやすい」ということなす。

*ストレートワイヤーテクニック・・理想的な歯列の形を詳細に分析した結果から理想的に歯が並ぶように、一歯一歯にプログラムされたブラケットを正確な位置に装着することで、再現性が高く、細かい調整の必要がない技術として急速に普及した。
「噛み合わせ」と「全身」との関係とは?


2018年8月15日 « トップへ » 2018年12月17日


コールバック予約

PAGE TOP