2017年4月17日 « トップへ » 2017年5月11日

2017年4月20日

クォンタムトリートメント(量子治療)

現代の西洋医学的な治療がなかなか功を奏さない理由は、「目に見える物理的な要素が原因の疾患」に関してはほぼ治療法が確立し、「ほとんどが治療を施されてしまった」ため「それでも治らない疾患が目立ってきた」からなのです。

1134780.pngわたくしたちは、それら治りにくい疾患について「西洋ではオステオパシーやアロマテラピー、東洋では中医学」を勉強することで、物理的な要素を超えた中にあるエネルギーによる疾患を理解し、エネルギー要素を治療する技術を「クオンタムトリートメント(量子療法)」と名付けました。そしてその技術を習得し、物理的な治療技術と併用することで、より確実性の高い統合医療を完成させることが出来たのです。これは新しい医療の時代の幕開けともいえる画期的なことなのです。

1224198.png1、クォンタムトリートメント(量子療法)とは?
2、クォンタムトリートメント(量子療法)が医療を格段に進歩させる
3、東洋医学とクォンタムトリートメント(量子療法)

albert-einstein-1933340_1920.jpg1、クォンタムトリートメント(量子療法)とは?
「量子物理学」では、「ニュートン力学やアインシュタインの相対性理論などの古典物理学」では説明できない現象が起こります。量子のように物質の根源を構成するものに着目すると、今までの常識では不可能と思われたことまでが可能になるのです。

今の量子物理学で最も有力な説は、物質はすべて、「振動するひも状の点(大きさはd4f5094b44fa5452d1849977268ed66a_s.jpg物理的に言って無い)から構成されている」というのです。こう考えることですべての量子物理学の現象を説明することができるのというのです。我々はこれら大量の振動するひも状の点が高速で動いている状態を物質として捉えているにすぎないのです。

しかし、仏教ではそのようなことはすでに理解されていたようで、般若心経の「空即是色、色即是空」はまさしく、このことを表していて、量子力学がまだなかった時代にどうしてそのことを理解できたのか本当に不思議です。
213061.png
これからの医療は、物質を構成している根源である量子にアプローチしなければ、なかなか治らない疾患を治療することができません。まさしく我々は本当の意味での原因療法を解明しなければならない時代に生きていると言ってよいではないでしょうか?

2、量子治療が医療を格段に進歩させる
私が矯正治療を勉強しようと、さまざまな矯正の講習会に出ているとき、症例の治療前と治療後をスライドで見くらべました。講師の先生は触れることはありませでしたが、ほとんどの患者さんの写真で「髪型が全く変わってしまったり、着ている服の527120.png趣味が全く変わってしまったり、目つきが変わったり」することに気がつきました。

その時はじめて「歯の治療は物理的なものだけではない影響を与えている」と理解したのです。これは、歯の治療が顎や口の周りだけでなく、心や精神さらに魂を含めた人間の存在そのもの全て、結局は量子までに影響を与えているのではないかと気づいたのです。

boy__s_surface_by_bugman123-d3e0soq.jpg歯科医はよく「歯を見ればその人の人生が分かる」といいます。つまり「歯は心と身体、そして人生を映す鏡」でもあるのです。そしてわたくしたちは東洋医学の医療氣功の大家から学んだエネルギーと心、そして最終的には魂に至るまでの治療技術と合わせて、これからの人類に必要とされる今までなかった新しい医療、歯科医療技術を
「クオンタムメディスン(量子医療)」、「クオンタムデンタルトリートメント(量子歯科治療)」と名付けました。

我々はまず、かみ合わせの治療や、矯正治療をしながら、頚椎や頭蓋骨の変形などを触診し、自分自身で治療を受けた矯正治療での経験や、患者さんの治療中の体調変化を研究してゆくうちに「物理的治療によっておこる変化が体に及ぼす作用」が分かって来ました。

1321551.jpgそしてさらに物理的な身体状態が整っているにも関わらず、不調が完全になくならない患者さんがいることに気がつきました。そして最終的にエネルギー治療ともいえる東洋医学の医療気功に行き着いたのです。歯科治療や歯のクリーニングには「単に歯にたまっていた物理的な汚れや感染物質を取り除くだけではなく、目には見えないエネルギーを取り除き、さらに術者によっては良いエネルギーを補う作用」があることに気がつきました。

この考え方からすれば、治療技術そのものも大切ですが、どのようなエネルギー(量子状態)を持っている人が治療するかで、結果は全く変わってしまうのです。そして物理学的な治療では説明のつかない量子物理学的な治療効果を得ることができるのです。これが「合う先生、合わない先生の違い」であると私は考えています。

3、東洋医学とクォンタムトリートメント(量子療法)
584962.png東洋医学の氣功(もっとも知られているのは太極拳など)は、古くから伝わる技法を用いて、悪いエネルギーを取り除き良いエネルギーを貯めることができるノウハウなのです。

令和からの医療は欧米諸国の物理的治療の時代から、東洋医学のエネルギー治療(量子物理学的治療)の時代へと移行してゆくと私は考えます。

気功には「内気功」「外気功」とがあり、内気功をマスターすれば、お金をかけることなく健康を維持することができます。これこそが「日本の医療問題、年金問題を含めた問題のすべてを解決する切り札」であると私は考えています。

これからの医療は「物理な肉体の治療を行うだけの西洋医学に偏ったプロセスが終わり、東洋医学のエネルギー治療(量子治療)の時代」へと変わり、さらにはエネルギー療法による内気功で「自分の力で自分を治す」の時代へ入ってゆくのです。


2017年4月17日 « トップへ » 2017年5月11日


コールバック予約

PAGE TOP