2016年8月 4日 « トップへ » 2016年9月 9日

2016年8月 5日

噛み合わせを変えることで起こること

矯正治療は、ほぼ100%噛み合わせの位置を変えてしまう治療です。

噛み合わせを変えるということは、実際は「全身の骨格のバランスにも大きな影響を与える」ことになるのです。特に頭蓋骨や頚椎には強い影響を与えるため、「中枢神経系に大きな影響を与える」ことになります。また当医院の患者さんは敏感な方が多いため、下記のような変化が起こりやすいのでご理解の上、十分お気をつけ下さい。

矯正中に起こる変化
1、思考に関するもの
A,一時的に物忘れがひどくなる
B,感情の起伏が激しくなる
C,些細なことに強い不安感や焦りを覚える
D,些細なことに対する怒りが強くなる
E,相手の感情に対して敏感になる
2、体の変化に関するもの
A,股関節や、足首などのさまざまな関節が痛くなったり、違和感が出たりする。
B,視力が上がったり、目が見えやすくなったりする
C,左右の耳の聞こえ方が違って感じたりする(一時的なものです、実際は音は聞こえています)
外界からの影響(ストレス等)に敏感になるため起こります。
D,喉が詰まった感じがしたり、飲み込みにくくなったりする。
D,頭痛がでたり、無くなったりする

このような症状があっても、矯正は問題なく進んでおります。ご心配の時はスタッフにご相談ください。これら症状を抑えるために、全身調整を治療ごとに行っております。

これらの症状は、もともと敏感だったお体が正常に戻り、正常な体の感覚を取り戻すことによって起こります。完全にこれらの違和感を取り除くためには、氣功や養生などがさらに必要になります。詳しくはご相談下さい。


2016年8月 4日 « トップへ » 2016年9月 9日


コールバック予約

PAGE TOP