2012年9月30日 « トップへ » 2013年4月13日

2013年3月27日

メインテナンスの重要性

虫歯治療が終了した方も、矯正治療途中の方も、健康な歯を維持していくために、定期的なメインテナンスは必要不可欠です。

メインテナンスを受けている方とそうでない方を比較した時の、歯を失う本数にグラフのような差があります。

メインテナンスの重要性

定期的なメインテナンスを受けておられない方は喪失歯が平均3.6本も多いというデータがあります。
メインテナンスの重要性

メインテナンスとは

当院では、歯科衛生士による、むし歯、歯周病に効果的なPMTC(Professional Mechanical Tooth Cleaning)を行っています。

まず、歯面に付着しているバイオフィルム(細菌の塊)や歯垢・歯石・着色を除去し、歯面を滑沢(ツルツル)にします。

次に、汚れを全て除去した歯面にフッ素を塗布することによって、フッ素の浸透率が上がります。更に、歯石などの汚れが沈着しにくく、強い歯を維持することにより虫歯や歯周病予防に絶大な効果があります。

メインテナンスの流れ

1. 問診
普段のブラッシングの仕方や使用されている歯ブラシの種類などをお聞きします。

2. プローピング
歯と歯肉の境目のポケットの深さを測ります。(歯肉炎歯周病の程度を調べます)

3. 染め出し
専用の染め出し液で歯面を染め、普段みがけていない汚れに色が付き一目で磨き残しを
確認できます。

4. 超音波スケーラー
水流圧と超音波の振動により大きな歯石や、ある程度の歯垢を除去します。

5. ハンドスケーラー
手用の歯石除去の器具を使い超音波スケーラーで届かない、細かい歯石や歯垢を除去します。

※裸眼では見えない、細かい歯石や歯垢も専用のマイクロスコープを使用し、しっかり除去します。

6. プロフィー
着色が目立つ方、つきやすい方は、着色除去用の器具を使用し、粉と水圧で除去していきます。

7. ポリッシング
まず、歯面に付着している歯垢を落とします。

次に、その方に合った器具とペーストを使って歯面をツルツルに磨きます。

最後に、歯と歯の間のブラシが届きにくいところを磨きます。

8. フロッシング
歯と歯の間と、歯と歯肉の境目の歯垢を糸で除去します。

9. フッ素塗布
汚れを除去した歯面にフッ素を塗布することにより、歯を強くし虫歯予防や歯面をコーティングすることによって汚れを付きにくくします。

※塗布後、30分~1時間はご飲食やうがいをお控えください。

10. 状態説明
患者さんによって2と3を省略する場合がございます。
メインテナンスを継続して受けていただくことで、今まで汚れと区別がつかなかった虫歯が発見されることがございます。その場合は治療のご予約を承ります。
歯肉や歯の健康状態をお話し普段の歯ブラシの当て方や適切な歯ブラシの種類をお伝えします。

他に、ご自身では気づかない、汚れのつきやすい部位を一緒に確認し、今後のブラッシングに活かしていただきたいと思います。

メインテナンスを受けていれば虫歯予防は万全というわけではありません。一番大切なのは歯磨きです。毎日のセルフケアは欠かさず行ってください。

※メインテナンスに入る前に、何度か日にちを分けてスケーリングにお越しいただく場合があります。

メインテナンスでよくある質問

Q:痛くないの?
A:痛みはありません。気持よくて眠られる方もいらっしゃいます。

Q:時間はどれくらいかかるの?
A:1本1本の歯を丁寧に磨いていくので、1時間半ほどお時間を頂きます。

Q:いくらかかるの?
A:全ての歯を対象として、感染予防費を別として
・矯正治療中の方は\14000(税抜)
・治療終了している方は\18000(税抜)です。

Q:どれぐらいの頻度でやったらいいの?
A:個人差はありますが、3~4ヶ月で細菌の塊(バイオフィルム)の再付着があると言われています。年に3~4回定期的なメインテナンスをおすすめしております。

Q:フッ素ってなに?どんな効果があるの?
A:フッ素とは、緑茶や海産物が多く含まれている栄養素の一つです。

効果としては
・酸によって溶けてしまったエナメル質を元に戻す働き
・エナメル質の強化
・むし歯菌の活動を抑える
・ステインの予防

があります。

なお、歯面にバイオフィルムという細菌の塊が付着していると、フッ素塗布しても、直接歯面に浸透することができず、フッ素の効果が期待できません。

このバイオフィルムは特殊なブラシでなければ除去できません。


2012年9月30日 « トップへ » 2013年4月13日


コールバック予約

PAGE TOP