2012年9月30日 « トップへ » 2013年4月13日

2013年3月27日

メインテナンスの重要性

虫歯治療が終了した方も、矯正治療途中の方も、健康な歯を維持していくために、定期的なメインテナンスは必要不可欠です。

メインテナンスを受けている方とそうでない方を比較した時の、歯を失う本数にグラフのような差があります。

メインテナンスの重要性

定期的なメインテナンスを受けておられない方は喪失歯が平均3.6本も多いというデータがあります。
メインテナンスの重要性

メインテナンスとは

当院では、歯科衛生士による、むし歯、歯周病に効果的なPMTC(Professional Mechanical Tooth Cleaning)を行っています。

まず、歯面に付着しているバイオフィルム(細菌の塊)や歯垢・歯石・着色を除去し、歯面を滑沢(ツルツル)にします。

次に、汚れを全て除去した歯面にフッ素を塗布することによって、フッ素の浸透率が上がります。更に、歯石などの汚れが沈着しにくく、強い歯を維持することにより虫歯や歯周病予防に絶大な効果があります。

メインテナンスの流れ

1. 問診
普段のブラッシングの仕方や使用されている歯ブラシの種類などをお聞きします。

2. プローピング
歯と歯肉の境目のポケットの深さを測ります。(歯肉炎歯周病の程度を調べます)

3. 染め出し
専用の染め出し液で歯面を染め、普段みがけていない汚れに色が付き一目で磨き残しを
確認できます。

4. 超音波スケーラー
水流圧と超音波の振動により大きな歯石や、ある程度の歯垢を除去します。

5. ハンドスケーラー
手用の歯石除去の器具を使い超音波スケーラーで届かない、細かい歯石や歯垢を除去します。

※裸眼では見えない、細かい歯石や歯垢も専用のマイクロスコープを使用し、しっかり除去します。

6. プロフィー
着色が目立つ方、つきやすい方は、着色除去用の器具を使用し、粉と水圧で除去していきます。

7. ポリッシング
まず、歯面に付着している歯垢を落とします。

次に、その方に合った器具とペーストを使って歯面をツルツルに磨きます。

最後に、歯と歯の間のブラシが届きにくいところを磨きます。

8. フロッシング
歯と歯の間と、歯と歯肉の境目の歯垢を糸で除去します。

9. フッ素塗布
汚れを除去した歯面にフッ素を塗布することにより、歯を強くし虫歯予防や歯面をコーティングすることによって汚れを付きにくくします。

※塗布後、30分~1時間はご飲食やうがいをお控えください。

10. 状態説明
患者さんによって2と3を省略する場合がございます。
メインテナンスを継続して受けていただくことで、今まで汚れと区別がつかなかった虫歯が発見されることがございます。その場合は治療のご予約を承ります。
歯肉や歯の健康状態をお話し普段の歯ブラシの当て方や適切な歯ブラシの種類をお伝えします。

他に、ご自身では気づかない、汚れのつきやすい部位を一緒に確認し、今後のブラッシングに活かしていただきたいと思います。

メインテナンスを受けていれば虫歯予防は万全というわけではありません。一番大切なのは歯磨きです。毎日のセルフケアは欠かさず行ってください。

※メインテナンスに入る前に、何度か日にちを分けてスケーリングにお越しいただく場合があります。

メインテナンスでよくある質問

Q:痛くないの?
A:痛みはありません。気持よくて眠られる方もいらっしゃいます。

Q:時間はどれくらいかかるの?
A:1本1本の歯を丁寧に磨いていくので、1時間半ほどお時間を頂きます。

Q:いくらかかるの?
A:全ての歯を対象として、感染予防費を別として
・矯正治療中の方は\14000(税抜)
・治療終了している方は\18000(税抜)です。

Q:どれぐらいの頻度でやったらいいの?
A:個人差はありますが、3~4ヶ月で細菌の塊(バイオフィルム)の再付着があると言われています。年に3~4回定期的なメインテナンスをおすすめしております。

Q:フッ素ってなに?どんな効果があるの?
A:フッ素とは、緑茶や海産物が多く含まれている栄養素の一つです。

効果としては
・酸によって溶けてしまったエナメル質を元に戻す働き
・エナメル質の強化
・むし歯菌の活動を抑える
・ステインの予防

があります。

なお、歯面にバイオフィルムという細菌の塊が付着していると、フッ素塗布しても、直接歯面に浸透することができず、フッ素の効果が期待できません。

このバイオフィルムは特殊なブラシでなければ除去できません。

自費だからできる妥協のない治療

当医院は、患者さまが治り、快適なお口の環境と健康の維持が出来ることに特化した歯科医院です。保険診療は扱っておりません。

患者さまにとって大切な歯科医療行為とは?
自由診療は、治療を行う歯科医院が自由に価格を設定できる治療です。

残念ながら、現在の日本の保険診療の報酬は、世界的に標準とされる正しい歯科医療を行える価格ではありません。

患者さまにとって大切な歯科医療行為とは、実はたった2つのことにほかなりません。

● 治療中の感染予防を万全に行うこと
● 噛める状態を長く保つことができるような適切な技術、材料で治療を行うこと

は最低限満たされていなければなりません。残念ながら、日本の保険医療機関で、この条件を満たして治療を行うことが不可能に近いといわざるを得ないのです。
なぜなら、保険制度で支払われる金額と、適切な治療に必要とされる時間、技術、材料費、人件費との間に非常に大きな乖離があるからです。

世界標準とされる正しい歯科医療を行うために
たった2つのことを実現するために、器具、機械、設備も高度な条件を備えたものをそろえる必要があるのです。これらの機器もピンからキリまであるため、一般の患者さんにはわかりにくいものです。
当医院では、あらゆる機器、器具、材料を最高レベルのものを取り揃えております。

● 治療に必要な器械、機械(歯科用ユニット、顕微鏡、歯科用ルーペ、CT等のレントゲン設備)
● 診療環境のための設備(滅菌システム、空調システム、滅菌水システム)
● 診療に適した材料(治療内容ごとに最適な修復材、金合金、矯正材料、樹脂など)
● 優秀なスタッフ(高いメインテナンス技術、アシスタント技術)

これによって患者さまの来院回数を最小限に済ませ、結果的に最も効率よく、確実で、より経済的な治療をお受けになることができるのです。

実は、たった一つの虫歯を取り除き、正確に修復したり、型取りをするだけでも大変な時間と労力、そして集中力とスタッフとのコンビネーションが必要となります。

治療の成否はこれらがスムーズに行く環境づくりが重要なポイントです。当医院の今の環境は継続的な改善努力を20年以上にわたって行て来た集大成でもあります。

一口腔内単位のお口の状況と全身との関係を考えた治療法をご提案します。

日本ではまだ、歯を治療する際、痛い歯や目に見えて虫歯になっている歯だけを治療すればよいと考えている方がいらっしゃいます。

しかし、お口の中を健康にし、それを維持するためには、口の中のすべての虫歯や根の病気、歯の汚れ、だけでなく、かみ合わせも治っていなければなりません。

かみ合わせが悪ければ、たとえきちんと治してとしても、無理な力がかかって、詰めたものが脱落したり、歯にひびが入るなどのトラブルを起こすリスクが高まるのです。

歯科の専門家にしてみると、専門家でない患者さまが治療を必要と考えている歯だけを治しても意味がないと考えるのは当然といえます。

つまり、口は一つの器官と考えて、治療を行わなければ、良好な経過を得ることはできません。

ですから、私どもは、治療を行うに当たり、部分的で不完全な治療の計画を立てることは敢えてしておりません。それでは、将来にわたって良好な経過を得ることが難しいと知っているからです。

車でも点検時、所有者が必要な部分だけ点検することはありませんし、たとえ異常だと感じていなくても、問題のある個所は修理が必要なように、歯の治療も専門家が見て必要と考える治療はすべて行う必要があり、それも一口腔単位と言って、お口全体のバランスを考える必要があるのです。

また、10年以上にわたる様々な患者さんの治療を行ってゆくうちに、「原因不明の体調不良」、「自律神経の不調」など、医療機関では精密検査でも原因のわからない疾患が歯と大きく関連していることがわかって来ました。
このような患者さんは敏感な方が多く、周りがお考えになっているより、ご本人がお困りになっている例が多いという感覚です。

私どもが、目指すのは、健康な歯と、バランスのとれたかみ合わせ、最終的には、それに伴う、バランスのとれた体なのです。

メインテナンスを含めた治療計画を立てます

歯の治療は

診断⇒治療計画立案⇒治療⇒メインテナンス
といった順で進んでゆきます。

当医院では、治療後のメインテナンスも治療の一部と考えております。

メインテナンスをきちんとしていただけないと、新しい虫歯や、かみ合わせの不具合を事前に防ぐことが難しくなります。

せっかく治療した場所も、定期的なメインテナンスを怠ると、簡単な治療で済む程度の問題が、やり直しをしなければならないほど重篤な問題となってしまうことも少なくありません。

メインテナンスは、このようなトラブルを事前に防ぎ、自分の歯や治療した歯を長く良い状態で安定させる役目を担っております。

メインテナンスの必要な頻度は人によって異なります。衛生士がその都度お伝えいたしますので、できるだけその頻度で来院していただくことをお勧めいたします。

また、メインテナンスを継続的にお受けになっていないと、急に治療が必要になった場合、すぐにご予約がお取り出来ない場合がございます。早期に発見し余裕を持って治療を受けるためにも、定期的なメインテナンスをお勧めいたします。


2012年9月30日 « トップへ » 2013年4月13日


コールバック予約

PAGE TOP