2011年3月28日 « トップへ » 2011年4月19日

2011年4月17日

治療精度を決めるブラケットの位置

ブラケット矯正では、ブラケットの位置づけはとても大切です。
ブラケットは250ミクロンの位置付けの狂いで、歯が全くかみ合わなくなるほど緻密です。ブラケットの位置づけについてはこちらもご参照ください。

ブラケットの一図家が悪いと、いつまでもかみ合わなかったり、顎が滑って誤った噛み合わせの位置に移動して顎関節症発症の原因になることもあるのです。

当院では院長自ら白須賀法インダイレクトテクニックで患者さんのブラケットを正確な位置づけるトレーを作成しています。

R0011128 a.JPG技工手順(インダイレクトトレーの作成)
ブラケット装着前に患者さまの歯の模型を採得、ブラケットを仮付けする準備をします。
下へ
ゲージ(白須賀ゲージ)を使って正確な位置にブラケットを模型上に糊で仮付けします。
DSC0227a.JPG下へ
何度もチェックした後、専用の透明シリコンとバイオスターを用いて「ブラケット装着用トレー」を製作します。
下へ
R0010717 a.JPG患者さんの口に装着します。
精度が高く装着された場合、ブラケットのつけ直しは殆どありません。従って治療時間患者さまの負担も少なくなりました。


写真で見るインダイレクト法による技工
白須賀01白須賀02

上 白須賀ゲージ・・ブラケットを位置決めするための機器
インダイレクト01インダイレクト02

ブラケットの仮付け作業。歯の倒れとねじれを見分け、白須賀ゲージで正確な高さを決めてゆきます。
白須賀法01白須賀法02

完成したインダイレクトトレー。このトレーで正確に位置付けが行えます。トレーの作成には高度な専門知識と技工知識そして訓練が必要となります。当院ではトレーの作成はすべて担当医自ら行っています。


2011年3月28日 « トップへ » 2011年4月19日


コールバック予約

PAGE TOP