トップへ » 治療を支える6つの取り組み » 顎関節症治療(顎だけでない不調も治したい) » ナイトガードの役割とは?

ナイトガード、何を使い、どう作るのか?

一般的に患者さんはナイトガードをすれば顎関節症が完治すると思い込んでいます。

確かに、ナイトガードをすると、「一瞬、今まであった不調や、不快感が取れ、とても体調がよくなた気がしますし、満足される」方も多くいらっしゃいます。

しかし、顎関節症を発症するということは、「ほんとうの爆弾の爆発が秒読み段階に入った」と考えるべきで、ナイトガードをつけることで症状がよくなっていたとしても、根本的な解決がなされていないことが実際には多いのです。なぜなら、顎関節症とは、単なる顎だけの問題にとどまらないさまざまな要素が限界を超えたために起こる症状ですから、本人が思っているほど簡単な問題ではないのです。

実際多くの患者さんが、治療を進めてゆくうちに、自分がこんなにも重症であったと気がつき、治療を受けてよかったとほっとしているのです。

人間の顎や歯は歯の治療やストレスなどによって位置がずれてくることがあります。このズレが許容範囲を超えたり、肉体と精神にかかるストレスが許容範囲を超えてしまうと、顎関節症は発症します。ナイトガードで顎の位置のストレスが取り除かれると、確かに症状はよくなりますが、それだけで完治できるわけではありません。

ナイトガードの効果がある理由は、まず、緊張し収縮した顎周りの筋肉が弛緩する位置にナイトガードが顎を移動してくれるからです。もうひとつは緊張や筋肉のテンションによって顎の位置が変化した場合、特定の歯しか当たらなくなるために、咀嚼の機能が異常になり、筋肉のバランスが取れなくなります。ナイトガードは接触面積を増やしてくれるので顎を安定化させてくれます。

当医院ではナイトガードはあくまでも緊急事態の処置(たとえるなら心臓マッサージのようなもの)として位置づけ、体全体の改善や、顎関節症の根本原因を治療するためには、虫歯の治療や根の治療、全顎的矯正治療そしてそれに伴う体のバランスが整う必要があると考えております。

当院では、急性症状のひどい患者さんのみ、症状を改善するためにマウスピースの作成を提案させていただいております。

残念ながら、顎関節症は、虫歯やかみ合わせのずれのみならず、普段の生活習慣、そして昔からの精神面のトラウマ(心の傷)、昔受けた体の傷や痛みなどによって引き起こされたによる筋肉の攣れとそれに伴う骨格の歪、などさまざまな原因が深くかかわり、結果として症状がでているわけで、顎の筋肉の痛みや、顎関節の異音などは、表面上現れたものに他なりません。

つまり、ナイトガードだけで治療が完全に終わるとは歯科医の立場からは考えていないことを御理解をいただきたいと思います。本格的よくなりたいのであれば、歯とかみ合わせの治療による身体のバランス改善と、歯の治療だけではないからだのバランスの改善がどうしても必要です。

当医院では初診診断時に噛み合わせの影響によって首などの骨格が変化していることを考慮し、噛み合わせの位置を確認し、場合によってはそれが整う位置にナイトガードを作成いたします。筋肉が弛緩することによって多くの場合、一時的な症状は消えますが、再発を防ぐため、あるいは完全な治癒を目指す場合は歯の治療が必要となります。

またマウスピースによるかみ合わせの位置は、骨格の変動とともに絶えず変わることがあり、一度合っていたマウスピースも、歯の治療に伴う身体のバランスの改善に伴って変化するため、ベストな状態を維持するためには頻繁な修正やつくり直しが必要なことがあります。当医院では最終的に矯正や、補綴による噛み合わせの治療を行うため、場合によってはマウスピースを作成しないで治療の進行を優先させる場合もございます。

マウスピースを作成する際は、正しいかみ合わせの位置をいかに正確に採得するかというテクニックと、そのかみ合わせをいかにうまくナイトガードに移しこむかによって効果が決まってきます。

もともとは、マウスピースは、もともとバスケットボール選手や、アメリカンフットボールなど、スポーツ医学の分野で歯を保護したり瞬発力を上げたりすることに効果がありました。
それを治療に応用できないかと考え、歯軋りの防止や、顎関節症の治療に使われはじめましたのです。

この装置を入れることによって、顎や歯は強い噛みしめでかかる力から保護され、顎関節症特有の顎周囲の筋肉の痛みなども軽減されます。

ナイトガードナイトガードは、専用の機械でプレスして作られます。おおむね2年~3年程度使うことができます。現在はより違和感の少ない、2枚重ね(かみ合わせの部分のみ厚くなっている)のタイプに変わりました。2枚重ねのタイプは、バイオスターという機械でしか作れません。このタイプで装着感はかなり改善いたしました。

顎関節症治療だけではない。ナイトガードの効用

ナイトガードを入れた患者さまから

「ゴルフの飛距離が20%以上も伸びた」
「ベンチプレスが10%以上もアップした」
「夜ぐっすり眠れるようになった」

という声をしばしば聞きます。

筋肉というものは、リラックスした骨格の中で働くことでポテンシャルを最大限発揮できます。私自身も趣味でテニスをしていますが、かみ合わせを治すと瞬発力や、反応性が変わったことに驚きました。

ナイトガードをつけるとおおむね1週間程度でかみ合わせが変化します。

全身の筋肉がゆるみ、体全体の骨格が変わり、かみ合わせの位置も変化するためです。これは私自身も非常に驚いた事実でした。

カテゴリー一覧

当院で治療をご希望の方、一度、ご相談ください


トップへ » 治療を支える6つの取り組み » 顎関節症治療(顎だけでない不調も治したい) » ナイトガードの役割とは?


コールバック予約

PAGE TOP