トップへ » 6つの治療分野 » 顎関節症(身体との関係) » 総義歯と噛み合わせ

総入れ歯(フルデンチャー)で、噛む喜びと長寿を!

「総入れ歯(フルデンチャー)が合わない!」
「いたくて噛めない」
「噛み合わせが合わない!」
「総入れ歯(フルデンチャー)の下にものが挟まる!」

こんな悩みありませんか?
1、総入れ歯(フルフルデンチャー)が合わないとどうなる?
2、難かしいのはかみ合わせが決まらないから。
3、噛み合わせで、みるみる体調が良くなる

717971.png1、フルデンチャーがあわないいとどうなる?
フルデンチャーが合わないのは、とてもつらいことです。
この辛さは本人にしかわかりませんが「デンチャーが合わないことは、食事という人生の喜びを半分以上失ったようなもの」なのです。デンチャーが合わずに苦労されている患者さんの数は少なくないのです。

デンチャーがあわないと一体どうなるのでしょうか?実はデンチャーがあわないと、噛めないだけでなく、「噛むごとにカタついて、入れ歯と歯茎の間にものが挟まったり、デンチャーの中や辺縁が当たりとても痛く」なります。

1521775.png2、難かしいのはかみ合わせが決まりにくいから
実はフルデンチャーの患者さんは過去に様々な治療を経験しており、噛み合わせが本来の位置にある可能性は極めて低いです。さらに、顎の関節は傷んで正常な機能がなくなっています。

顎関節は他の身体の関節と比較すると「非常にフレキシブルな構造」なので、噛み合わせの位置が多少狂っていても、下顎はかなりの自由度をもって適応できますが、体の調子は明らかに具合が悪くなります。

つまりフルデンチャーのためのかみ合わせが必要になります。それを可能にするのがモノラインであり、正確な理論のもとで技工操作をして作成する必要があるのです。

1471906.jpg3、噛み合わせが合うとみるみる体調が良くなる

フルデンチャーの場合、噛み合わせが低くなっている人がほとんどです。噛み合わせが低くなると、「体全体のバランスが崩れ、体調不良を起こします」。わたくしたちはデンチャーを作成する際は必ずCT撮影などで顎と頸椎のバランスを確認し、体を整えるような位置と高さでデンチャーを作成するので、ほとんどすべての「患者さんの体調が劇的に改善」します。

本当のフルデンチャーが難しい訳

716098.pngフルデンチャーは、歯茎の上に載っているだけのデンチャーで、基本的に歯に支えがありません。ですからも物を噛むとその力で外れてしまいやすいうえ、少しでもガタつくと、デンチャーと歯茎との間に物が挟まり痛みが出る難易度の高い治療なのです。

1、安定するフルデンチャーは難しい
343806.png2、日本に本当のフルデンチャーの技術は入ってきていない
3、本当の入れ歯は噛むほどに吸い付く!
4、身体まで整える究極の入れ歯

652717.png1、安定するフルデンチャーは難しい。
フルデンチャーは実は噛み合わせの技術のすべてが包含された治療です。ですから「噛み合わせの理論をきちんと理解」し、そして「理論を実践できる技術」がなければ、噛めるフルデンチャーを作成することはできないのです。

多くの先生が、「フルデンチャーが吸い付いて外れないこと主眼」に置き、「厚みのある、非常に大きな不格好なフルデンチャー」を作ります。しかし、フルデンチャーは小さければ小さいほど違和感なく体の一部として機能できるのです。私が作る入れ歯は、患者さんはデンチャーが入っているのに「デンチャーどこに置いち57d3b35082ae8f94afb64beaaec03a51_m.jpgゃったっけ?」と家族に聞くらい違和感がないのですが、それが一番良い筈です。

2、日本に本物のフルデンチャーの技術は入ってきていない
私自身はフルデンチャーの製作はかなり得意な方です。しかし日本の先生に、その技術を教えてもらった訳ではありませんでした。技術のすべては、「大学院生時代に出会ったアメリカの大学と大学院を出られた、アメリカ帰りの先生」に教わったのです。

1313950.png今日本には、私とその先生を除いて「同じデンチャーを作る技術を持つ先生はいらっしゃらないと思います」、何故なら、アメリカからその特殊なデンチャーの技術を持ち込んだのが、その先生が最初で最後だったからです。

先生は私に技術を教えた後、もう誰にもその技術を伝授しませんでした。私も「何人かの先生に教えようとしました」が技工操作ができなければできるようになったとはならず、歯の治療技術もより「ハードルが高く」受継げる先生に出会えていないからです。

3、本当の入れ歯は噛むほどに吸い付く!
噛み合わせが合っているフルデンチャーは、たとえ小さくても噛むほど土手に吸い付いてきます。、
つまりフルデンチャーの極意は、かみ合わせにあると言えます。デンチャーに使う人工歯は「モノライン(0度臼歯)という特殊な平らな歯」を使います。しかし、この人工歯を使いこなすためにはドクター自身が技工操作をしなければなりません。「最近のドクターは技工操作をほとんどしません」から、技術を持った歯科医はどんどんいなくなっています。

652722.pngかみ合わせが合っていないデンチャーだと、ポリグリップなど安定剤をしても結局はガタついてきます。私の作ったデンチャーには安定剤はいりません。

カテゴリー一覧

当院で治療をご希望の方、一度、ご相談ください


トップへ » 6つの治療分野 » 顎関節症(身体との関係) » 総義歯と噛み合わせ


コールバック予約

PAGE TOP