トップへ » 医院について » スタッフ紹介 » 院長/吉田敦志

院長/吉田敦志

院長の吉田です。
歯科は身体全体に強い影響を与える非常に重要な治療です。

まず、歯科は外科治療でありながら、噛みあわせを回復させるという、機能再建をきわめて高い精度で行わなければならないデリケートな治療です。
そして、矯正治療のように、今ある状況をベストな状況へと、機能回復させるという、医療行為の中でももっとも難易度の高い技術を必要とするものです。

それを極めるためには非常に長い鍛錬の期間が必要ですし、その技術を維持するためには、普通の仕事の人より、高いレベルの健康管理と自己管理が必要とされます。
それが、自由診療を行い続けることが出来るための、歯科医のやるべきことであり、時には大リーガーレベルの自己管理が必要とされるものなのです。

少数精鋭の医院

当医院のスタッフは非常に優秀です。
常に継続的改善に努力を惜しまない少数精鋭のスタッフで構成された医院であることが当医院の特徴でもあります。スタッフは必要な人数がいなければなりませんが、多ければよいというわけではありません。

患者さんの特徴や当医院の治療方法などを把握しておかねばなりませんが、自由診療のみの歯科医院では、高い理解力がなければその内容を理解することすら難しいでしょう。

歯科医療は患者さんに対して配慮が必要な非常に高度なサービス業と言えるのでありながら、高度な職人芸を必要とした、製造業的な部分も併せ持つという特殊な仕事であるのです。

また、零細な経営がほとんどで、それぞれの業務を完全に分離して行うほどスタッフを雇用することが難しく、たった一人のスタッフが行う作業は多岐にわたり、しかも膨大です。

そういった意味で、少数精鋭にならざるを得ないわけです。

このような事情を患者さんも頭の隅にでもおいていただけるとありがたいです。



コールバック予約

PAGE TOP