トップへ » 医院について » 院長メッセージ・経歴 » 歯科治療の結果と術者との関係は?

歯科治療の結果と術者との関係は?

歯科治療はそのほとんどがすべて人間が行うものです。

残念ながら、かなりの作業が自動化されている世の中で、一部の材料を混ぜるような作業以外はそのほとんどすべてがいまだに一つ一つ手作業で行われています。

機材の準備、治療のアシスタント、治療、そして片付けと洗い物、そして受付から電話応対まで、歯科診療にかかわるほぼすべての行為が人間の手作業で行われています。

ですから、その医院での術者である院長は治療結果に大きな影響力を持っています。

治療に影響力を持つもっとも大きな条件は、治療における術者の腕とその手順にあります。
「一つ一つの作業を確実決められたとおりに、そして、材料器具の吟味と確実な使用条件を遵守すること」これが守られるだけで、治療におけるほとんどのエラーは修正され、確実な治療結果が得られやすくなります。

私たちはISO9001取得の経験から、治療を不確実にする要素を徹底的に洗い出し、材料から、使用条件、アシスタントのタイミングにいたるまで、確実な方法を絞り込んで治療に当たってまいりました。

しかしながら、それでも患者さんによっては思いもよらない結果が起こることを経験し、更なる改善を行っております。

敏感な患者さんの場合、「先生に会っただけで何か具合がよくなって、すっきりした気持ちになってしまいます。」
一方で、「触られれば触られるほど具合が悪くなってしまう」先生もいらっしゃることは紛れもない事実です。

私どもは、なぜそのようなことが起こるのか、原因を徹底的に分析し、同じ治療でなぜ差が出るのかという、人間の治癒に関係する部分について長年にわたって研究してまいりました。

そして、至った結論のひとつは、「治療を行う術者は、治療を受ける患者さんより絶対的に身体の調子がよくなければならない。」という結論です。

そして、「願わくば、同じ場所で働くスタッフも身体の調子がよい方が、患者さんの治りはより早くなる」
という結論でした。

つまり、術者が患者さんの治りに影響しない環境をソフトの面でもハードの面でも作らなければならないということです。

結局のところ歯科医院は患者さんの悪いものと取り除く場所ですから、目に見えなくても何らかの悪いものをおいてゆくことになります。それらを出来るだけすばやく除去し、次の患者さんに備えなければなりません。

そう考えると、あまりたくさんの患者さんをいっぺんに詰め込むのは、敏感な患者さんにとっては治りが遅くなる原因となるでしょう。

そして、身体が元気で具合のよさそうな先生に見てもらったほうが患者さんの治りはよいはずです。



コールバック予約

PAGE TOP