トップへ » 治療を支える6つの取り組み » 顎関節症治療(顎だけでない不調も治したい) » 歯の治療でどうやって治すの? » 歯の治療で顎を動かす

歯の治療で顎を動かす

顎関節症の治療で、歯の治療で最も効果があるのは、下顎の3次元的な位置を矯正治療を使って移動させる方法です。

しかし、今までも、矯正治療に限らず3次元的な顎の移動をすることで、様々な方法で顎関節症の治療が行われてきました。

しかし、なかなか確実に効果の出せる、これぞと言う方法がなかったのです。「それはなぜでしょうか?」

まず矯正治療では、ブラケットを上下の歯すべてに着け、全ての歯はワイヤーの力でどんどん移動してゆくため、噛む位置は常に変化してしまいます。

これでは矯正治療中に「顎の位置をコントロールしている」とはいえません。本当にきちんと矯正を行うのであれば、「顎の位置をコントロールした矯正治療」がぜひ必要なのです。

しかし、この方法を考えた矯正医は今までいなかったわけです。

一方、補綴治療で仮に顎の位置をコントロールできたとして、どの顎の位置が生理的に正しい噛み合わせの位置であるかという議論に関しても、いまでも実は、はっきりこれだという結論がでていないのです。

これに関しては主に補綴学や咬合理論の分野で、アメリカではナソロジー、ヨーロッパではシークエンシャル咬合論というもので、正しい噛み合わせの位置について議論されてきたのですが、実際には治療に必ず効果のあるこれぞという結論は出ていないと私は考えています。

このように顎の位置を3次元的に治療する矯正治療学に必要な生理学的な正しい噛み合わせの位置に関する理論がはっきりしなかったことと、矯正治療中、顎の位置をコントロールを確実に行う方法がなかったために、矯正治療自体が、「術後に顎関節症などの顎のトラブルが起こるかもしれない?」といった、ある種のリスクを抱えた治療法となってしまっていたわけです。

私は下顎の正しい位置は、顎の周りの筋肉だけでなく、頚椎周りの筋肉、後頭部の筋肉、頚部の筋肉の緊張具合を触診して、最も緊張が緩むバランスの取れた位置がもっとも生理的に正しい位置に近いと考えます。噛みあわせを採得する際はそこを一番に配慮します。ですからシークエンシャル咬合の咬合採得ともナソロジーの咬合採得とも異なります。

下顎は大変自由度の高い2つの関節で上顎とゆるく結びついており、それはちょうど海に浮かんだ小船のようです。船は「左右」、「前後」、「上下」と3次元的にどんな動きでもします。これとまったく同じことが下顎に起こっているのです。

「右の高さに比べ左が低ければ下顎は左斜め上に上がり」(実際は顎関節の構造からもっと非常に複雑な動きをします)、「奥歯が低ければ後ろ上がりの顎の位置になり」(このときは顎全体が後ろに下がりながら奥側が上に跳ね上がります)「前歯が内側に倒れていると顎は自然に後ろに下がります」

実際には左右の高さは上が低いのか高いのか右が高いのか低いのかで4種類のバリエーションがあり、奥歯が低いのも上が低いのか、下の歯が低いのかで2つのバリエーションがあります。そして、それらすべてが組み合わせれるので、かみ合わせのずれの原因は、大変多くのバリエーションがあり、それを診断で読み解いてゆく必要があります。その診断を完全に理解するのに15年以上の歳月がかかったわけです。

当医院で行う矯正治療はこの診断から始まり、これらを解決する方法論を盛り込んています。ここまで読んでいただければ、この矯正治療が今までの矯正治療とはまったく異なることを、すぐに理解できると思います。

最近では矯正治療の勉強をしているうちに、「咬合平面を変える」という方法論が近年注目されてきました。

実際この方法論と使って治療を行ってみると、確かに噛み合せの位置が3次元的に変化し、「一見手術以外では治す方法がないと思われるような患者さん」でも、治ってしまうことがあることが分かってきました。

私が3次元的な位置移動を行いながら、噛み合わせの位置を歯の移動に合わせ微調整し、常にその位置を確認する方法をとりながら治療を行いました。

その結果、「どの歯の高さに不具合があるかを診断して、それが治るように矯正治療を行うことで狂っている噛み合せの面を正しくする」ことが出来たのです。

そうすることで、「顎が後ろに下がる」「顎が左右にずれる」といった事がなくなり、睡眠時無呼吸の症状が改善し、呼吸の質までがよくなります。また首周りの筋肉が弛緩し、中枢神経系にも良い効果が現れるのです。


トップへ » 治療を支える6つの取り組み » 顎関節症治療(顎だけでない不調も治したい) » 歯の治療でどうやって治すの? » 歯の治療で顎を動かす


コールバック予約

PAGE TOP