トップへ » 6つの治療分野 » 確実な修復(虫歯)治療 » これからの虫歯治療 » 今どき流行りの審美歯科?

今どき流行りの審美歯科?

今どきの歯科治療で最も流行りは審美歯科治療
「審美歯科」は、いまや歯科医療における一つのキーワードとなっています。しかし「審美歯科という治療科目」は大学の教育に存在しない、治療ではない科目、「甘い言葉」に誘われて「必要のない治療」をうけていませんか?

審美治療にあるリスクを知っていますか?
1、白い奥歯は?
2、白いブラケットと裏側矯正?

1、白い奥歯?
奥歯は強度がとても大切です。また、噛み切るために、表面は「滑沢であったとしても瀬戸物のようにツルツルでは噛みつぶせません」、歯ぎしりや噛みしめで「非常に強い力がかかる」1452791.pngので、「もろい材料や硬すぎる材料」は適しません。ゴールドやアマルガムが最も推奨される材料です。
奥歯の白い歯に使われるレジンは「すり減り易く、吸水性があり」ます。またセラミックは「もろかったり、硬すぎたり」する性質があり、最適な材料とは言えません。敏感な人の場合「噛み合わせに問題が生じ」、「全身にまで不具合が波及する」こともあるのです。

2、白いブラケット、裏側矯正?
日本では目立たない透明や白いブラケットや、表から見えない裏側のブラケットの矯正治療が多く行われています。しかし見た目と引き換えに治療効果は「メタルのブラケットと比べると治療上不利」な点があるのです。

①強度不足(レジン)、硬すぎで(セラミック)歯を傷つける
白いブラケットはレジンかセラミックでできています。レジンは吸水性があるのと、経時的にもろくなってくるので、長期間つけておく矯正治療では、材料が劣化して装置が変形したり、壊れたりする可能性があります。
セラミックでは歯の移動中ブラケットと歯が当たると、歯が欠けてしまうことがあるほどブラケット自体が硬く、欠けると粘膜が切れるほど鋭利になります。

②レジン製のブラケットは滑りが悪い
レジンはワイヤーの滑りがメタルより悪い傾向があります。

③裏側矯正
裏側矯正は、歯列を内側に引っ張る傾向があり、表側のブラケットより歯列自体が狭くなる傾向があります。歯列は広がるほど骨も筋肉も緩んできます。



コールバック予約

PAGE TOP