トップへ » 当院の3つの特徴 » 本物の歯科治療 » どの業界にもそれぞれ事情があります » 治療の質を重視した歯科医院の見つけ方

治療の質を重視した歯科医院の見つけ方

473311.pngここではプロの目線からの歯科医の選び方を載せさせていただきます。

歯科は細かい作業の技術的依存度が高く、高度の医学的知識が同時に必要なため、本当に腕のある歯科医は一握りしかいません。「治療を受けるにあたり、家の近いとか、やさしそうだからといった理由で決めず、ネットで少なくとも数件候補を挙げて実際の先生の話を聞く」慎重さが必要です。

1、ホームページで医院の設備、技術、治療方針を確かめる!
1391464.pngそもそもホームページを作っていなかったり、ありきたりのホームページしかない医院はその時点で、選択肢から外れます。
ここで2割程度の歯科医院が選択肢から外れます。残念ながら腕があってもホームページが「ただの看板」と化している医院はたくさんあります。しかし、それでは、医院の設備や、先生の本当の実力を測ることができません。今の時代は情報がとても大切です。その情報を載せている医院であればある程度の診療に対するやる気と余裕があると判断できるわけです。

loupe007.pngどんな設備を導入しているのか?(特に大切なのはCTやマイクロスコープ、感染予防機器)、また先生がどのような考え方を持っているかはとても大切です。

2、スタッフが多すぎる、手広く経営している歯科医院は経営本位になっていないか?医院の経営体系を判断する!1009338.png
歯科治療の結果は個人技能で左右されます。「何をやるか!」ではなく「誰がやるか!」のほうが実は重要なポイントなのです。

患者さんを大切に思えば「自分の患者さんをほかの先生に絶対任せない!」のが当たり前。代診をたくさん雇い、分院展開の多い医院に自費治療を受ける価値があるかは疑問でしょう。

全員で院長と副院長2名ぐらいが目の届く限界、一人が担当するほうが安心なのです。

3、メインとしている治療をみる!
1362959.png「根の治療」や「かみ合わせの治療」、「感染予防」に注力する医院は有望。しかし、審美押しでは、「美容外科」で治療メインではないです。インプラント押しの医院も「患者さんの将来に無配慮」という観点から治療を受ける場所ではありません。

733530.png患者さんを大切に扱うことと、お客さんと捕らえることは違います。医師のポリシーあっての治療です。「保険も自費も何でもすぐ対応のサービス」「実は100円均一とブランド品を同時に売っている店」のようなものです。また最近では多くの患者さんをさばくため「国家資格を持たないコーディネーターが治療の説明をする*というグレーゾーンの歯科医院が増えています。

*治療計画や治療に使用する材料の選択をさせる説明は本来は治療の一部とみなされるため有資格者の仕事です。歯科衛生士や完全な無資格者による補足的な説明だけであればまだ許されますが、治療計画の立案やその説明は資格の範囲を逸脱した医師法違反とみなされる重大なコンプライアンス違反です、医院の姿勢がここでも知ることができるわけです。

この時点で9割程度の歯科医院が選択肢から消えてゆきます。

4、感染予防にどれだけ力を入れているかをみる!
870789.png一般の方は、あまり実感がわかないかもしれませんが、「歯科治療のほとんどが外科手術です」歯科医院では感染対策は一般の医科の開業医よりもはるかにシビアです。感染予防の管理の良し悪しは歯科医院の治療技術を測る上で最も重要なものです。日本の歯科の感染予防レベルは決して高くありません。「アメリカで実際に行われている感染予防」が実は先進国では当たり前です。

4、治療としての本質を見抜く!

患者さんがよく勘違いし、誤った歯科選びをしてしまった例にとって、本質を見抜くための参考としてください。

1、患者さんの歯科医院選びに真剣度が足りなかった
(実力のある歯科医は一握りです)口先だけがとてもお上手な先生がいらしゃいます。やさしさと歯の浮くような表現で患者さんを集客しようと、大規模に経営する医院ほどお金をかけた巧妙なホームページを作っています。(優しい先生≠技術があり治す先生)

2、業界での名声や専門医であること、有名な学会の学会員であること、認定医の免許を持っているなどといった、一見信用がおけそうな資格等を信じてしまった。

治療の技術に肩書きは必要ありません。学会に属していたり、認定を受けていたりといった一つの基準にはなりますが、それだけでは完全には判断できません。自分にあった先生を見つけましょう。

3、最新の治療技術のトレンドが首をかしげたくなることもしばしばである。これらを選択してしまうのはむしろ患者さん自身にも問題があるのです。

人間の欲求が高度になり、機能を回復する本来の治療より審美を求める患者さんが増え、入れ歯を強固に嫌がって、インプラントを求めたり、金属による治療を嫌がって、奥歯にまで審美治療を求める傾向となっていますが、本来の健康を回復するという目的からはかけ離れています。

奥歯は人に見せるためにあるのではなく、物を噛むためにです。そこに強度や機能に問題を起こさないよう、配慮することが最も重要なのです。

また経営にたけた先生は、最近の歯科医療のトレンドをすばやく読み取って、そのブームに乗った治療をやろうとします。しかし、そのようなブームに乗った治療が10年先も20年先もあるとは限らないですし、そのとき後悔しても後の祭りです。



コールバック予約

PAGE TOP