トップへ » 治療を支える6つの取り組み » 顎関節症治療(顎だけでない不調も治したい) » 自分でできる改善法!

自分でできる対処法!

顎関節症になってしまったらどうしたらよいでしょう?

歯医者にかかるのもお金がかかるし、そもそもどこにかかったらよいかわからない。しかも費用も高額になってしまう。

こういった悩みを抱えていらっしゃる方もいると思います。
当医院でもナイトガードなどの応急処置の方法が無いわけではありませんが、かみ合わせや歯の治療でなっている場合は完治は難しいのです。

それでも以下のような方法でお金がたまるまで、あるいは自分が治療を決意するまでは改善させることは可能です。


1、割り箸を噛んでみる。

顎の具合が悪くなったときは、痛くなった側の顎をできるだけ前に出して奥歯に割り箸を噛みます。ガーゼや布などのある程度やわらかい材質のものでも構いません。顎を突き出して奥歯にものをはさみ、その位置でゆっくり噛んだり開けたりします。

少し症状が和らいできたら、口を少し開けだ状態で頬のあたりの筋肉(咬筋)をマッサージします。

2、お風呂に入って首をマッサージ。

顎関節症で不定愁訴がある方のほとんどが頸椎の位置筋肉で引っ張られて歪んでしまっています。
お風呂の中でリラックスした状態で、お風呂の角で首を左右に振りながら押し当ててマッサージします。これをするだけで首がリラックスして顎関節症症状が改善する場合があります。

ただし、噛みあわせが原因で起こっている場合は一時的に良くなっても必ず再発しますので、医師または歯科医の治療を受ける必要があります。


3、整体やマッサージ、オステオパシーなどの施術を受ける。

顎関節症で全身が歪んでしまい、不定愁訴が出ている場合は整体やマッサージ、オステオパシーなどの施術を受けると改善が見込めます。

ただし、自分に合わなかったり、技術が無かったりすることも非常に多いのでかかる場所を選ぶことが必要です。

またこれもあくまでも完治が得られるとは言い切れませんから、ご自分の責任のもとということをご理解ください。

カテゴリー一覧

当院で治療をご希望の方、一度、ご相談ください


トップへ » 治療を支える6つの取り組み » 顎関節症治療(顎だけでない不調も治したい) » 自分でできる改善法!


コールバック予約

PAGE TOP