トップへ » 医院について » 過去の記事一覧 » よくある質問と回答 » 治療費等に関するご質問

A1.診療はどのように進んでゆくのでしょうか?

A1.当医院では、単に不具合がある歯だけを治療するのではなく、歯とかみ合わせの状態、そして体のバランスを整えることを前提とした治療を行う予定で診療をしてゆきます。

通常の歯科医院では、根の治療や、虫歯治療、矯正治療など、個々の治療についてある程度治療計画を立てて行ってゆくのですが、当医院ではやや方法が異なります。

まず、頭から顎、肩、首を触診し全身的なバランスがどの程度崩れているかを調べます。

というのはかみ合わせに問題が出ている人のほとんどが、全身のバランスも狂っているからです。

全身のバランスは、専門のバランスを整える整体院や、カイロプラクチックス、オステオパシーなどの様々なものが整えてくれますが、私がさまざまなバランス調整とかみ合わせの治療を受けてきた経験と、狂ってしまったかみ合わせを治すことは、体のバランスをもっとも良好に整える効果があったかです。

また、かみ合わせの治療をすると同時に、埋伏している親智歯を抜いたり、虫歯や根の治療をきちんと治療することで、体のゆがみやバランスが非常に整いやすくなり、体調が相当若返った感覚になりました。

このような考え方から、多くの患者さんが単に歯が痛いといった症状だけでなく、体全身のゆがみやアンバランスが整うことによって体調が変わりますので、全身的なことも含めた歪み調整も考えた治療となるので、歯の矯正や、かみ合わせの治療を考慮した全体的な診断を下し、それに一歩ずつ近づいて行くように治療を行っております。

ですから、適切に行ってはおりますが、どうしてもご自身が体験して頂かないとわかりにくい場合もございます。何しろ、解剖学の知識、咬合学の知識をフル稼働して治療を行うので、説明を一度患者さんが聞いただけではなかなか理解が難しい場合がございます。

治療を進めながら、治療の意味を少しずつ理解していただくような診療とさせていただいております、なにとぞご理解ください。

A2.治療計画で示された、すべての歯の治療をしなければなりませんか?

個々の歯については治療計画どおり行ってゆくのが基本です。しかし、場合によって治療が必要なかったり、様子を見て経過を見ながら治療を行う歯があることがあります。

これらの歯の治療に関してはその都度説明させていただきます。

また治療計画の説明の際に、どの歯が優先度が高いのかをおおむね説明いたします。
基本的には患者さんの痛みがある歯や、違和感が強い歯、そして虫歯が深い歯などを優先して治療を行ってゆきます。

かみ合わせの改善と、全身的な体調までよくすることを目的とした治療を行っているので、できればすべての歯を治療することが望ましいです。場合によっては最終的なかみ合わせの治療の目標を変えることなく、特に問題がある歯だけの治療を行うこともありますが、あまりお薦めいたしません。
最終的に虫歯や問題のある歯がなくなるように治療をお受けいただくことが望ましいです。

ただ、患者さんの中には、非常にたくさんの虫歯ができていたり、かみ合わせが壊されてしまっている患者さんもいらっしゃいます。費用も莫大になりますので、時間を分けて少しづつ完成まで治療を行ってゆかれることを薦めします。

A3.治療内容が一般的な歯科医院と何か違いますか?

A3.
歯の治療は、虫歯の治療や根の治療、そしてかみ合わせの治療がすべてうまくいくことによって体調まで全く変わってしまうほどの可能性を持った治療といえます。

一般的な歯科医院では、虫歯を治したり、根の治療をきちんと行ったり、歯並びを治したりすることができます。

しかし、一人の患者さんの、すべての虫歯をきちんと取り除き、根の治療をきちんと行い、理想的なかみ合わせを作り出すといった治療技術をもって治療に当たっている歯科医院はまれにしかありません。

当医院では総合的に患者さんのお口の状態を診査、診断し、すべての歯の状態とかみ合わせが理想的になるような治療法を考えたうえで、全体的な治療を行っていますので、そのような点で一般的な歯科医院で行っている治療とは大きく異なります。

また、院長自身が整体院やオステオパシーなどの体のバランスを整える治療院に通院してきた経験から、体のゆがみの状態(主に上半身)や顎の位置が全身に与える影響も理解したうえでかみ合わせの治療を行っております。

また場合によっては、体のゆがみを取り除きながら歯とかみ合わせの治療を行ってゆきますので、本人でもびっくりするほどの治療後の変化が得られることがあります。

A4.当医院の矯正治療は何が違うのでしょうか?

A4.
当医院の矯正治療は根本的にかみ合わせを治すことを目的としている点が一般的な矯正医や矯正専門医とは違っているところです。

矯正治療の考え方は上の歯と下の歯を別個にきれいに並べ、噛める位置で噛むというのが何十年も変わっていない矯正治療の考え方でした。

わたくしどもはそのような考え方に疑問を抱き、本来は正しい下あごの位置があり、その下顎のいちに行くように歯が並ぶ必要があることに気が付きました。

すなわち、歯並びを先に考えるか、顎の位置を先に考えるかという考え方の違いです。

歯並びを先に考えた場合、噛みあう位置が顎にとってバランスが良い位置であれば問題が起こらないのですが、万が一バランスが悪い位置であれば、大きなトラブルとなります。実際、矯正治療によって非常に体調が悪くなってしまった患者さんの例を非常にたくさん見てまいりました。

顎の位置を決めない矯正はうまくいくか行かないかが定まらないため、非常に予見性の低い治療となってしまうのです。

当医院の矯正治療は下顎の位置を適正にしながら歯を動かしてゆくと方法論でおこなっているいった点で全く考え方が違うのです。

またこのような考え方で治療を行うと、本人が想像もしていなかったほど体調がよくなることがしばしばあるのです。

実際に治療を受けた患者さんのほとんどの方に、これほど体調がよくなることは想像すらしていなかったといわれます。

カテゴリー一覧

当院で治療をご希望の方、一度、ご相談ください


トップへ » 医院について » 過去の記事一覧 » よくある質問と回答 » 治療費等に関するご質問


コールバック予約

PAGE TOP