トップへ » 当院の3つの特徴 » 感染予防システム・診療設備 » 感染予防対策

感染予防対策

当医院では、アメリカの基準と同じ感染予防対策を行っております。これらの作業は非常に手間と、コストがかかるため、2,100円を毎治療ごとにいただいております。また特殊な感染症の患者さま、特殊な手術等の場合は、5,250円いただいております。

1.歯科用ユニット周りの感染予防対策(下の写真は通常の感染予防)
写真にありますように、ユニット周りでドクターが汚染した手で触れる可能性のある部分はすべて、使い捨てのビニールで覆っています。

2.器具、装置の感染予防
器具の滅菌、機械の感染予防対策を完全に行っております。

3.ドクターの手袋は患者さまごとに必ず交換しています。
またそれとは別に30分程度を目安に交換しています。(手袋内に細菌が繁殖するため)

4.ユニットの水の管理

歯科用ユニットで使われる水は通常水道水を用いています。
しかしながらユニットをめぐるうちに、ユニット内の水道管に水カビが生えてしまうことが大きな問題となっていました。実際歯の治療の治りが悪い原因となっていることも事実です(通常の水道水の6倍から20倍の細菌がユニットを通した水から検出される)
その対策として、ユニット内の水に強酸性水を使い、安全な環境で治療を行っています。強酸性水を流した場合、細菌は全く検出されません(ゼロです)。

5.患者さまの印象(型)の管理
当医院では、患者さまの型に石膏を注ぐ際に殺菌機能をもった液体で石膏を練ることで交差感染を防いでいます。

カテゴリー一覧

当院で治療をご希望の方、一度、ご相談ください


トップへ » 当院の3つの特徴 » 感染予防システム・診療設備 » 感染予防対策


コールバック予約

PAGE TOP