«  2017年12月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31
2017年12月 8日

矯正治療では歯ならびを治すのですが、最も重要なのは機能的に噛めることです。

しかし、歯並びの悪い患者さんにとって、噛めるという感覚を理解することは難しいと思います。

上の歯と下の歯がきちんとかみ合っていれば、機能的に噛めると思いがちです。そして多くの矯正治療を担当されていらっしゃる先生がそれをゴールと考えていらっしゃると思います。

実は矯正治療は、骨の中の限られた範囲の中で歯を移動させてゆかなければならないので、上の歯と下の歯をきちんとかませるだけでも至難の技です。

ただ、上の歯と下の歯が緊密に当たっているにもかかわらず、「噛めない」とおっしゃる患者さんがいらっしゃいます。

それを聞いた先生は咬合紙という色のつく紙をかませて、歯の当たり具合を見て、問題ないとおっしゃられるはずです。

このような患者さんを何人も診療して私が気がついたことは、顎の力の出やすい適切な歯の高さがあるということです。

簡単にえば、顎についている筋肉をゴムと考えると、ゴムがほとんど縮んだ状態しか噛み合せの高さがないと、どんなに頑張っても力は出ませんから、噛むことができません。一方ある程度の高さがあれば、ゴムが引き伸ばされるため、十分噛めると認識できる力が発揮されます。

それは顎が左右的にずれていても同じように十分力を発揮できませんから、ものを噛む力が出ないことになるわけです。

そう考えると、矯正治療を行う上では、植わっている歯の高さや、左右の顎の位置のずれについても十分考察して噛み合わせを治してあげる必要があるわけです。

残念ながら今まで一般的に行なわれてきた矯正治療ではこのようなことを考慮することがほとんどありませんでした。その結果、矯正治療を受けて本当によくなる人と、治ったように見えるのに噛めないといった問題が生じる場合があるわけです。

私が診査してきた経験では、多くの手術が必要なケースといわれた場合や、歯を抜かないと無理といわれたケースでも歯の高さを上手く移動させることで改善できることがほとんどでした。

外科手術や、抜歯はできるだけやらないほうが良いと考えます(もちろん症例によっては必要な場合があります)。また上下の骨のバランスが手術が必要なほどずれていることはめったにないと思います(唇顎口蓋裂などの先天病変は例外です)。実は手術以外の方法で治りそうな多くの患者さんが手術を勧められ、実際に手術を受けていらっしゃいます。

矯正治療が多くの場合、見た目のコンプレックスが原因のことが多く、見た目の改善のために必要以上に抜歯がされているケースが多いのですが、私は矯正治療に関しては、身体に対する関連が非常に強く、見た目を気にしすぎて結果的に身体に問題が出ることも少なくありません。

また顎の手術は実は簡単ではなく、手術が上手くいっても、噛み合わせの位置が必ずしも正しくないことも実はあるのです。それは外科の先生も、矯正の先生も噛み合せについて詳しい人が少ないからではないかと思います。

2017年12月 2日

近年、敏感なお子様が増え、矯正治療も難易度を参りました。

特に当医院に御来院されるお子様の場合、他院で矯正が上手くいかなかったり、手術や抜歯する方法しかないと断られたりされた方がほとんどです。

お子様の場合は、歯の位置や高さが完全に完成していないので、矯正治療を行うと格段に体調まで変化してくることがわかっています。ですから子供のうちから見た目ではなく、正しい噛み合せにする矯正治療が絶対に必要です。

残念ながら、今の歯科大学での歯科矯正の教育では、顎の位置や、歯の高さを正しくするという本来の意味での噛み合わせを考えた矯正治療が十分に教育されているとはいえません。

歯科矯正治療は噛み合わせと大きく関っていて、噛み合わせの変化によって呼吸器系や、脳神経系に非常に大きな影響を持つ治療ですので、このことが大学で十分教育されていないことは非常に残念でなりません。

また敏感なお子様の場合(人混みが苦手だったり、お腹がすぐに痛くなってしまったり、疲れやすかったり、アレルギー体質であったり)噛み合わせが悪いことによる影響が強く出る傾向がありますし、噛み合わせも悪くなりやすいです。敏感であればあるほど周りの環境に影響され、顎を緊張して噛み合せが変化してしまう傾向があるからです。

ちなみに、矯正治療に用いられる装置は多種多様のものがありますが、敏感な患者さんを多く治療してきた私の経験では、ブラケットやワイヤー、その他装置によって歯にかかる力が弱ければ弱いほど、敏感なお子様の治療は上手くいきます。

当医院でデーモンブラケットを使っているのも、今販売されているブラケットの中で、かかる力が弱く、しかも構造がしっかりしているからです。

難点としては、痛くないので、何でも食べることができてしまい、ブラケットを外していらっしゃる患者さんが少なくないといったことでしょうか。

歯がかめないほど痛いというのは、骨のリモデリング(改造)がおきているか、それとも骨などの組織が壊されそうになっているかをはかる目安でもあります。噛めないほど痛い場合は、組織が壊されそうなほど力がかかっているかもしれません。これらの矯正装置によってかかる力の差による痛みの反応は個人差がありますが、たとえ痛みを感じにくい人でも、より弱い力で歯が動かすことが良いことであることは間違いありません。。

歯にかかる力は実際はとても弱くても骨のリモデリングは起こることが骨の研究でもわかっていますので、できるだけ弱い力で矯正治療を行うことは、骨にとっても歯にとっても最良の方法であるというのが今の矯正治療の考え方なのです。

2017年11月24日

歯の治療を行ううえで、噛みあわせを変化させないことは非常に大切なことです。
なぜなら、虫歯で少しでも歯が欠損したり、歯が割れたり磨り減ったり、あるいは適切でない虫歯の治療を行ったりするだけで、顎が移動したり、歯が移動したりして、かみ合わせは変化してしまうものだからです。

一度歯を削って変化してしまったかみ合わせは、その歯を後で元の高さに戻したとしても、もうに二度と削る前の状態に戻ることはありません。なぜなら顎は非常に柔軟な組織で、低くなった噛み合わせやズレに対して瞬時に適応して筋肉の長さや、顎の位置を変えてしまうからです。噛み合わせを調整する場合は咬合理論をよく理解してから行う必要がありますし、たとえ理解していたとしても今の噛み合わせを変化させることは、よほど悪くなってしまった人の最終手段と考える必要があります。

そういった意味で、歯の治療をするということは非常に注意が必要です。

私が虫歯の治療をする際に強く教えられたことは、虫歯の治療の際でも、噛み合せに関係する歯の部分をできるだけ削らないこと、虫歯が修復物の下にできて深くて悪くなっている状態でも、できるだけ直接修復材料(アマルガムなど)を用いて、当日中に元の高さに戻すということです。これは実は虫歯の治療で噛み合わせを変化させないために非常に重要なことです。

そして削って虫歯を取り除き、元の高さに当日中に戻すという直接修復材料を用いた治療を行っていれば、噛み合わせをが変化させることなく治療を進めることが出来ます。

最近は噛み合わせの面に樹脂を使う先生も多いようですが、白くて磨り減ったかどうかもよく分かりませんが樹脂は知らない間にどんどん磨り減っており、定期健診でも噛み合せが変化していることに気がつきにくい材料です。アマルガムやゴールドなどの金属材料は、高さの変化やストレスのかかり具合によって表面の磨り減り具合(光って見える)が変わってきますので、実は異変に気がつきやすい材料といえます。そういう理由で100年以上も昔から使われてきた材料です。

一部セラミック材料も材質的に良い材質が出てきましたが、こちらも金属のような磨り減りを見分けることが困難で、噛み合わせに関係する場所に使用する材料としては、チェックが難しくあまり適していない材料といえるのです。

このようにもともと噛み合わせの狂いが少ない患者さんの場合、噛み合わせを変えないことが非常に大切ですが、治療や、様々な理由で噛み合せが変化してしまった場合はどう考えればよいでしょうか?
それについてはまた後日書いてゆこうと思います。

2017年11月16日

EBM(evidence-based-madicine)は近年盛んに医療業界でも歯科業界でも盛んに言われています。

たしかに、全く根拠のない治療をすべきではありません。しかし、実際に臨床で治療をしていると、根拠に基づいた治療(EBM)だけで患者さんが治るかといえば、それは非常に難しいといえます。

私も研究者として4年以上大学で動物実験をしたり、細胞培養をしてきた経験で考えますと、科学(science)とはあくまでもある程度予測を立て、それに対して証明する手順であり、現在の科学技術で証明できるものに限られます。

昔は機器や機械の精度から証明が難しかった治療手法や薬剤の作用起序なども技術革新とともにだんだん証明が進み、それをEBMと呼んでいるわけです。そう考えるとEBMとはある程度結果がわかっているものに関して証明してゆくものと考えられます。つまり治療におけるEBMとはすでに、ある程度手法の効果が認められていたことを証明しているにすぎません。

ということは、はじめに治療技術があり、それが証明された後にEBMとして一般的に使われる様になるということです。
実際には治療効果がありながら、現在の科学技術的に証明できない技術はたくさんあります。

特に東洋医学的な経絡の概念、そして人同士の影響や正気や邪気の概念、生命エネルギーの概念などは、科学的に証明を行なうことができるようになるのは相当未来のことになると考えられます。
私も顎関節症の治療は研究し始めた頃は、何故これで治るのかは分からないが、治す方法をがたくさん見つけました。そして年を重ねるごとに治るメカニズムがわかってきたので、その都度本ホームページで公開しています。しかし、特に東洋医学的な感覚は証明が難しいです。

治療技術は必ずしも全て証明できるものばかりではないです。それらに関してはあくまでも確実に結果のでる手順に従って行なうことで望む結果を出せると理解しています。携帯電話の構造や仕組み、何故離れたところとやり取りできるのかを知らなくても電話をかけたりメールを送ったりすることができるのと同じ考えです。そこには間違いを犯さないためのルールを持つ必要があり、そのルールを守っている限りよい結果を生み出すことが可能なのです。

つまりEBMがない治療が絶対にだめというわけではないということです。全く適当な勘で行われた治療は困りますが、使いこなされた経験や技術を用いた治療は、たとえ今の科学でEBMがあると証明できなくても効果が出せれば、活用すべきですし、そこに医療人としての裁量権というものがあると理解しているのです。そういった意味でEBMに強い西洋医学も、逆にEBMに弱い傾向にある東洋医学もいずれの良い点を使いこなして治療を行うことがよりよい結果を出すためには必要だと考えるのです。

しかし実際には東洋医学の本当の技術が伝わりにくく、漢方薬の診断や、気功技術なども、本当の技術を持っている人が実際には少なく、間違った方法で行なわれていることがほとんどで、本物を探すのは非常に難しいといえます。

歯科治療に関しても、本当の技術をもっている人は非常に少なく、虫歯の治療手順すらきちん理解して正しく行なえる人は相当少ないと考えられます。


2017年10月27日

多くの一般の方もそして歯科医も矯正治療に関して理解していないことがあります。

それは「歯のかみ合わせは身体のバランスに影響しており、矯正治療によって噛み合せが変われば体のバランスは変化する」ということです。
そして「体のバランスが変われば、理想とされる噛み合わせの位置は変化する」ということです。

この二つを理解して矯正治療を考えると、矯正治療は非常に難しい治療であることを簡単に理解できると思います。

私どもが矯正治療を行う患者さんの場合、噛み合わせのズレが1センチ近くになる方も少なくありません。
ほとんどの矯正治療を行う歯科医が、噛み合せが1センチ近くも狂っていることなど想像もできませんし、またそのズレが修正されるとも考えません。
しかし、実際は1センチ以上のズレでも必ず治ってきます。
治療中でも理想とする顎の位置は常に変化するため、調整の際にチェックが必要となり、最終的な噛み合わせの位置のゴールはどんどん変化してゆくわけです。

私どもがこのようなダイナミックな矯正治療を行ことで衝撃的なほどの体調の改善が認められ患者さんが多いわけです。
しかし、5ミリ以上の噛み合わせのズレがある患者さんの場合、体のゆがみも相当なもので、矯正治療期間だけでは修正しきれない場合があり、そのような場合矯正治療後に体のバランスが整ってきて、理想的な噛み合わせの位置が変化して、再び矯正治療が必要になるとがあります。

そのような現象をできるだけなくす、あるいは少なくするために、矯正治療前から身体のゆがみを取り除く治療を受けていただくようお願いしております。

歯の矯正は単なる歯ならびの治療ではなく、体全体のバランスも含む治療であることを理解して治療を受けるべきで、それを考慮した治療とそうでない治療では雲泥の差があるのです。

2017年9月25日

医術という言葉は良く聞かれることですが、よく診ると「術」という言葉が入っています。

「術」には技能という意味も有りますが、得体の知れない妖術や魔術という意味も有ります。
確かにわれわれが見てきた限りでは、「あの先生が治療すれば治るのに、どうしてこの先生では治らないのか?」といったことは良くあることでしたし、経験の少ない歯科医よりは経験のある歯科医のほうが治る確率が高くなります。(もちろん個人的な技量にも大きく依存しますが)

年齢を重ねるとともに、われわれ医師は通常、自分でも信じられないような力が開花してくることに気がつきます。人によっては「電話がかかってきただけで誰からか分かる」といったことから「あの患者さん最近いらっしゃらないけどどうしたのだろうか、と思うと実際に予約の電話が入る」といった類のものから、ふとした会話から「これが治らない理由なのか!」と真実が突然見えることもあります。

そして、患者さんにとって「顔を見ただけでなんだが良くなった気がする」といった先生もいらっしゃいますし、「あの病院にいくだけで具合が悪くなる」といったあまり好ましくないケースもあります。

ここまでくると十分「術」でも後者の意味を持ってくるレベルでしょう。

人間の行う治療とは本来はこういったものも含まれるべきで、何でもフローチャート式で治せるなんて間違っています。

そう考えると、私たちの職業は当分コンピュータに取って代わることはないからある意味安心です。

2017年9月15日

当医院におかかりになる患者さんのほとんどが敏感体質なので、様々な症状に天候や環境によって影響されることを知る様になりました。

熱気といって、天候が暑く湿気が多いと人は頭がボーッとしてのぼせます。最近の人は熱中症の症状を訴える方が非常に多いのですが、これは実は熱気に当たっている可能性があります。

これも一種のエネルギーを考えられるので、できるだけ早く取り除いてあげる必要がありますが、首を冷やすなどの対策が一般的ですが、エネルギー的に完全に除去するのは難しく、私の場合はリンパマッサージや、振動マッサージ器を使って固まってしまった部分に長時間当てるなどして対応しています。

熱気が溜まってしまうと、本人にしか分からない辛さで、作業をする気すらなくなって来ます。

また冷気といって、冬場に足先や手先場合によっては体中が異常に冷たくなることがあります。これも一種のエネルギーが溜まった状態で、少し前に流行った「リーガルハイ」でも松平健が演じていた検事が冷気を放っているシーンが出ていますが、このようなことは実際、私達の生活の中でも起きています。

冷気も、単に暖かいお風呂に入るだけでは取れなかったりするので、力のある人にマッサージを受けたり、気功やヨガなども効果があります。

また低気圧に対して敏感な人もいて、台風が来る前は具合が悪いという人もよく聞きます。

いずれにしても、このような現象がいまだはっきりと分かったものではないエネルギーが原因であることを理解し、それを取り除く方法を私達は学ぶ必要がある感じます。
これらの疾患(古くて新しい病気?)についてはこれから研究が進み、治療法が解明されてくるのではないかと感じています。

特に「クオリティーオブライフ」を上げるためには、これからの医療はこれらの問題を解決してゆくことが非常に重要です。
今、医療費が40兆円を超え、国の赤字は莫大になっているのに、本当に治してほしい具合の悪さを治せていないのはまさしく異常な状態だと思います。そろそろ、これらの疾患の根本原因にメスをいれ、研究する時代になってきたと思います。(欧米や中国でもこれらの研究はすでにすすんでいるようですが)

2017年9月 9日

「量子力学」と「医療」全く関係がなさそうに見えますが、実は最終的にに目指すべきものは同じです。

現代の医療で治療をしているものは最小単位の量子のエネルギーで影響を受けたものが、目に見える形になったり、あからさまな症状となったものが対象となっていると考えられます。

いまだ量子力学的な分析装置が発明されていないため、CTやMRIなど形になったものでしか疾患を見ることができず、ある意味ではまだまだ結果に対する医療と言えます。

我々人類はこのような結果の見える医療に関しては、ほとんどを克服していました。しかし、今日治らないと考えられる疾患のほとんどはこのような量子力学理論を基礎とした、原子構造やそれに伴う分子構造の乱れ、そして最終的には目に見えないレベルでのDNAなどの破損が原因と考えられます。

また神経細胞にはこのようなミクロのエネルギーが神経ネットワークに作用して、混乱を引き起こすことで脳神経学的な疾患を生み出します。
レントゲンで見ても、物理的に診ても何も問題が起きていないように見えているのに疾患が引き起こされているのは、このようなことが根本原因にあるからです。

気功などエネルギーを利用した治療法は昔からありましたが、これらは昔から解明されていなくても、治療する方法はある事を利用したものだと思います。
草花に浄化の力があって、森林浴をするだけでも身体が楽になるのは、量子のレベルで考えると十分納得がいきます。
またアロマテラピーは単なる臭いだけではない効果が認められたり、音楽が治療に利用されたりと、様々な治療法が何故か効果があるのは、まさしく量子のレベルでの話しになるのではないかと考えられるのです。

放射能など、見えなくても非常に危険なエネルギーがあるように、気功師の手から出るエネルギーは痛んだ細胞を整列される性質を持った粒子といえます。

最近ではこれらの研究が進み、一説にはテラヘルツ、やペタヘルツはなどが細胞を再生させるものとして研究されていますが、ほとんどの人が知りません。

「夫が帰ってくると具合がわるい」、「職場に行くと体調がわるくなる」、「上司と話をすると具合が悪くなる」といったえもいわれぬ具合の悪さを訴える人がいます。
「夫源病」、「対人恐怖症」などといわれますが、これらはマイナスのエネルギーが大きく関与していると私は考えます。

マイナスエネルギーは弱い相手に入り込みます。夫婦では奥さん、親子では子供、そしてペットがいればペットに入り込んでゆきます。
これが夫婦間の不仲を生んだり、子供が登校拒否になったり、ペットが死んだりといった不幸をもたらすと思うのです。

現代人はお金や欲望のためにストレスと受け入れることを仕方がないことの様に受け止めてきました。
しかし、マイナスのエネルギーを受けてしまいう環境(もっとも全くフリーの環境は難しいかもしれませんが)で生活していれば、敏感になった人にとっては死ぬほど耐え難い影響を受けざるを得ないでしょう。

歯の治療を行ってゆくうち、歯科治療がこのようなマイナスエネルギーを取り除くのに大きな役割を担っていることに気がつきました。
しかし、保険診療の様に何十人も診療をしていれば、先生のエネルギーも枯渇し、十分に成果を上げることはできません。

自由診療で、限られた相手、限られた人数を治療することが必要でしょう。

現代人はエネルギーが溜まり、疲れ切って、癒しを求めています。
これからはそのような治療が出来る歯科医院が増えてゆく必要がありそうです。

2017年9月 8日

現代人は原因不明の体調不良に悩まされています。

最近よく聞くのは、「突然の体調不良で病院に運ばれたが、何の異常もないと返された」といった事象で、多くは「過敏ではないでしょうか?」で片付けられてしまうことです。救急隊によれば、そのような実際には緊急の処置が必要ではないが、本人が死にそうに苦しむので呼ばれるケースも増えているようです。

これらのほとんどの場合はマイナスのエネルギーが作用していると考えられます。そのような症状が出る前に必ず、影響を受けるような何が現象があったはずです。
例えば、「具合の悪い人に会った」とか、「人混み巻き込まれた」とか「エネルギーが低い場所に行った(病院、や老人介護施設、墓や、地の悪い場所)」が関係していて、にわかには理解できないことも多くあります。

人類は常に進化しています。こんな現象が起きてきたのも、人間が物質世界からさらに進化を遂げつつあるからだと思います。しかし、次にどうなってゆくのかの未来は誰にもなかなか予想できません。しかし、物質世界からよりエネルギーに近い世界へを変化してゆくのは、認めたくなくても想像がつきます。

このような体調不良は現代医療では解決が難しく、人間がより物理的体から見えないエネルギーに対する理解を深めて行かなければ解決は難しいでしょう。

comments

trackbacks

Powered by
本サイトにて表現されるものすべての著作権は、当クリニックが保有もしくは管理しております。本サイトに接続した方は、著作権法で定める非営利目的で使用する場合に限り、当クリニックの著作権表示を付すことを条件に、これを複製することができます。
番町デンタルクリニック 院長 吉田敦志(よしだあつし)

番町デンタルクリニック
院長 吉田敦志

番町デンタルクリニック公式サイト

皆さんは何のために歯科矯正をお考えでしょうか?
美しい笑顔のため?コンプレックスを解消するため?
確かに矯正治療には、そういった役割もあるといえます。

しかし、私が考える矯正治療の目的とは、健康な体を手に入れること。

私は10年以上前から、かみ合わせと体の関係を研究してきました。その結果、
矯正治療で適切なかみ合わせに導けば、体の状態は必ず改善するという自信を持つようになりました。

実は、矯正治療というものは奥が深いものなのです。