トップへ » 当院の3つの特徴 » 質の高い治療を受けたくありませんか? » 診察をご希望の方へ

診療ご希望のお電話をいただきます前に

当医院は、虫歯の痛みから、根の病気、顎関節症の悩みなど、歯が原因と思われる多種多様な症状を伴う患者さんの診療を長年行なってまいりました。

様々な症例の患者さんの治療を行ってゆくうちに、現代の西洋医学では説明がつかない、原因不明の体調不良、自律神経失調症、パニック障害などが、歯の不具合や噛み合わせの異常によって引き起こされることがあることが分かってきました。

このような疾患に対してほとんどの医療現場では、原因不明と判断し、何もしないか、症状を抑えるだけの薬を出すといった対症療法を行なうしかなく、そのような苦しみから患者さんを救おうと研究さえされていないことがほとんどです。

歯に治療を受けてからや噛み合せに不具合があって、これらの症状が出た場合は、噛み合せや歯の治療による影響が大きな原因です。また敏感な患者さんの場合、目には見えいストレス(私どもはマイナスのエネルギーと呼んでいます。現代科学ではまだ証明が難しいです。)がたまりすぎたために起きてしまっていることも少なくありません。

欧米諸国では先進医療としてそのようなエネルギー理論に基づいた治療が実際に行われており、また中国などでは気功などの東洋医学が実際に効果を出せるようですが、日本では残念ながらそのような分野の治療技術をタブー視する雰囲気があるため、それを解明し、実際の治療に生かすことを考える医師は少ないといえます。

これらの現代医療で効果が認められにくい疾患は、現代人の体の変化とともに、物理的な影響だけではなく、マイナスのエネルギーがたまるという、我々の今の科学ではまだ解明できていない、目には見えないエネルギーも原因となっていると考えられます。これらの影響は体質による差があり、敏感な身体であればあるほどマイナスのエネルギーを受けやすく、影響が強く表れます。また歯は体の中でそのマイナスのエネルギーの影響を受けやすい場所といえます。

私どもは、歯科医学的な理論に基づいた歯の治療と歯並びと噛み合わせを治療を行なうだけでなく、身体にたまったマイナスエネルギーを取り除くことも重要視し、その作業を歯の治療と同時に行うことで、患者様を心身ともに健全な身体になっていただくお手伝いをさせて頂いて参りました。

このような治療が良好な結果を出すためには、術者(良好な健康状態が必要です)や使用する材料、治療環境にも強く依存するため、部分的な治療では達成が十分に得られにくいため、全顎的な治療を同じ術者に同じ環境でお受け頂くことをお勧めしておりこます。

また、治療を成功に導くため、そのようなマイナスエネルギーを溜め込む原因となる悪習慣(飲酒や徹夜などの激務)や生活環境を見直していただき、身体を整える治療(当医院でも信頼できる、オステオパシーや整体、気功などを紹介しております)もあわあせて、できるだけお受けいただく様お願い申し上げております。

はじめて御来院の方へ

当医院は、歯の治療と噛み合わせの修正による物理的な治療のみならず、身体にたまったエネルギーを積極的にコントロールすることで、歯の治療をしただけとは思えない効果を出すことを前提とした治療をおこなっております。

奥歯(小臼歯より後ろの歯)に関しましてはもちと機能を最優先する治療を行っております。
詳しくはこちらの重要事項説明をご覧ください。

また御紹介を頂きました場合は、御紹介者様のお名前をお伝え頂きますようお願い申し上げます。

当院の方針
1、歯と体にとって最善の治療法
治療は機能と、耐久性を最優先いたします。
注意事項
インプラント治療を受けられた方の治療は受け付けはしておりません。

抗うつ薬、睡眠薬等の服用されているかたは良好な治療結果を保証ができかねます。断薬の上のご来院下さい。
喫煙習慣のある方は治療結果を保証できかねます。治療は受け付けておりません。

2、ご予約について
準備の都合上、キャンセルされる場合は必ず予約日の前日の14時までに御連絡頂きますようお願い申し上げます。(留守録にメッセージをお残しください)

当日キャンセル、遅刻はご遠慮ください。急な御病気等でいらっしゃれなくなる場合や電車で遅れる場合も、必ずお早めにご連絡ください。

3、噛み合わせ治療を含めた計画
当医院では歯と噛み合わせすべてを治すための治療計画をたてます。「マウスピースだけつくる」、「痛い歯だけ治療をする」といった部分的な治療は受け付けておりません。

4、治療後はメインテナンスを定期的にお受けください
当医院ではメインテナンスも治療の一部と位置づけております。治療が終っても、メインテナンスを怠ると、虫歯が出来たり、かみ合わせがくるったりして、歯の良好な状態を維持できなくなります。治療が終わったら、必ずメインテナンスのご予約をお取りください。

メインテナンスまたは治療を2年以上お受けにならなかった患者さま場合
、再度予約に際し、初診と同じ診断と治療計画の作成が必要となります。

5、自己の健康管理を徹底されることを強くお願い申しあげます
当医院は、歯の治療も含め、体全体の体調を改善することを目的とした歯科治療を行っております。
自己管理のできないかた。メインテナンスを受けず、痛いときや緊急時のみにいらっしゃるかた。
自ら身体の改善する努力をなされない方の治療を御遠慮いただいております。あらかじめ御理解頂きますようお願い申し上げます。

当医院では以下の患者さんの症状に対して治療実績がございます

当医院は他の歯科医院とは異なり、かみ合わせを治療すること主眼としており、歯の耐久性のある状態の戻すことは勿論、歯に関係した全身の不調を取り除く治療もおこなっています。

従いまして下記のような患者さんが治療を受け、治ってゆかれます。

1、かみ合わせが低く悩んでおり、自律神経失調症のような、医科では治療法がない症状に悩む方
日本の医療は残念ながら、臓器や体を一つ一つのパーツとして考え、分断した科がその症状に対してばらばらに治療を行います。しかし、人間の身体は全体でバランスをとって成り立っています。つまり、パーツとして治療しても効果がないことがほとんどです。自律神経の不調などは血液の流れや、リンパの流れ、そして、体のバランスやエネルギーの流れなど様々な要素が原因で起きています。

自律神経と歯の治療とは一見関係ないように思われがちですが、歯の奥の高さが低い場合、頸椎が歪み、脊髄液の流れが悪くなるため、自律神経失調症や、不安症などの症状が出ることがあります。当医院では橋本病、甲状腺機能亢進症などにも一定の治療成果を出しています。

2、かみ合わせが深く、疲れやすい。また歯ぎしりやかみしめがひどい
かみ合わせが深い患者さんは、子供のころからストレスを受けやすい方が多く、このかみ合わせの深さから、より噛みしめや歯ぎしりがひどくなってきます。このような噛みしめや歯ぎしりによって、首が異常に凝ったり、疲れやすかったりします。当医院で治療をすることでえらの張りが全くなくなり、整形したのではないかと勘違いされるほど顎の状態が変わった例も少なくありません。

3、顎に梅干し状の緊張がある
このようなお口の周りに緊張があるのは顎の筋肉のゆがみがあることが原因です。このような緊張はゆがみを取り除いてゆく過程で徐々に取り除かれ、呼吸の質などが変化してきます。

4、息が苦しい、寝ても疲れがとれない
呼吸が苦しい原因は、ほとんどかみ合わせと顎の位置が悪いことです。また、寝ても疲れがとれない原因のほとんどが、睡眠時無呼吸が原因で、歯とかみ合わせの位置を治すことでこのような呼吸障害の原因そのものを治療することが可能です。

インプラント治療後の治療は難しい

インプラント治療をお受けになった方の場合、将来インプラント歯周炎などによる問題が起こった場合、治療が非常に困難です。これはインプラント自体に免疫機構が働かないためです。

自分の歯であれば免疫機構が働き、歯周病を万が一発病しても、直接骨に細菌が入るリスクは少ないです。しかし、インプラントは骨に直接金属が刺さっているので、最近がダイレクトに骨の中に入っていきます。

また、インプラント自体も抜くことも非常に難しく、患者さんに高いリスクと負担がかかります。今、大学病院ではインプラントの除去におわれて、そのことが問題化しております。

大学の先生に抜去を依頼してもなかなか簡単には抜いてくださいませんし、抜くのにもインプラント体の種類が多く、道具をそろえきれないそうです。

また、異物を常に入れられているため、感覚が鈍くなる傾向があり、通常の治療が難しくなります。感覚もおかしくなりがちで、痛みがあっても残存歯のどの歯が痛いのかわからなくなることもしばしばです。

インプラント自体が骨と癒着しているため、通常の歯にあるクッションとしての歯根膜が存在しません。従って相手側の歯に強いストレスがかかります。ちょうど4本のタイヤのうち、一本だけがサスペンション無いタイヤを履いているような感じです。

以上のような理由から、誠に申し訳ございませんが、インプラントを植えられた方の治療を当医院では、基本的に御遠慮いただいておりますので予めご了承ください。

カテゴリー一覧

当院で治療をご希望の方、一度、ご相談ください


トップへ » 当院の3つの特徴 » 質の高い治療を受けたくありませんか? » 診察をご希望の方へ


コールバック予約

PAGE TOP