トップへ » 当院の3つの特徴 » 感染予防システム・診療設備 » 診療周辺機器

CTスキャン

CTスキャン

当医院では2014年1月よりCTスキャンを導入いたしました。CTスキャンによってより正確にお口の中全体を診断できたり、矯正治療における根の方向や、根管治療においてはレントゲンでは発見できなかった根の位置や向きをより正確に診断できるようになりました。下画像のように3Dで根の状態を確認できます。当医院では主に頸椎と顎の3次元的な位置の確認、埋伏智歯の位置、矯正治療での根の方向確認(160cmモード)根管治療の根の状態確認(詳細モード)にCT撮影活用しております。モードによってスライスの幅がちがいます。



下の写真は根管治療に用いる詳細モードです
1CTroot.png
下の写真は矯正や顎関節症の診断に用いる広範囲モードで、頸椎のゆがみの診断等に使っています。左の像では頸椎は正常に近いのですが、右の像では頸椎が全体的に歪んでいます。このような診断がCTのおかげで、できるようになりました。
CT736.jpgCT112.jpg 私がこのCTを選んだ理由 1、開業医が無理せず買うことができる価格である。
2、矯正用の頸椎が撮影できる広範囲のモードがある。
3、根管治療用の詳細モードのボクセルサイズ(スライスの幅)が最も小さい(65μm)
であるため、すべての診断でCT撮影使い尽くす当医院の治療に向いています。
当医院ではCT撮影を 埋伏智歯の位置確認
矯正の際の個々の歯の根の植立方向確認
頸椎の状態の確認、顎の変位の状態
歯周病の確認
根管の詳細を確認
に使っています。 他のメーカーのCTは詳細モードでもボクセルサイズが十分でない、あるいはボクセルサイズが十分でも頸椎まで写るモードがないなど、機種によって機能の偏りがあったためです。 詳細でも広範囲でも同じ装置で撮影できるRF社のCTがあったことは当医院にとっては救いでした。

ロータリファイル、垂直加圧根管充填器

当医院では根管治療の精度をより上げるため、下記のような機器を用いております。
DSC_0004a.JPGX-スマートplus
根管治療は今まで指先の感覚でファイルを用いて拡大することが基本でした。しかしX-スマートplusのようなロータリファイルの出現によって、治療が効率化し、なおかつ、確実にきれいな根管の拡大ができるようになりました。

ロータリーファイルはきれいに拡大できる一方で、一本一本が高価でありながら、折れる心配があるため、できるだけ1回から2回の使用で捨てる必要があります。
その為、コストがかかることが難点です。


DSC_0006a.JPGサーマプレッププラス
写真は当医院で使用しております。垂直加圧充填機のサーマプレッププラスです。
サーマフィル充填に使われます、サーマフィルは使い捨てです。


sf030.jpgX-スマートを用いることによって、規格化されて開けられた根管に形成されたのち、規格化されたサーマフィルを充填することによって、非常に緊密でなおかつ効率的な根管充填を行うことが可能なのです。

右の写真は各根管充填の拡大のサイズに合わせたサーマフィルの写真です。
中のプラスチックの心棒部分が規格のサイズと同じで、周りについているガッタパーチャが、細かい根の側枝に入ってゆく仕組みになっています。

診療設備

診療台(ユニット)
当医院は2009年4月の移転オープンに際して、大幅な診療システムの変更を行いました。現在アメリカでは歯科治療はフォーハンドシステム(4つの手を用いた診療)が
一般的となっており、スピットン(口をゆすぐところ)は感染の温床としてなくなっております。
フォーハンドシステムは、顕微鏡や拡大鏡を用いるさい、ドクターの負担を和らげ、
治療の精度を向上させることが可能になるシステムです。このシステムによって
ドクターは、治療部位から目をそらすことなく治療に集中することができます。

エーデント社(アメリカ、エーディック社のユニット)

unit.jpg

ユニットにはスピットンは付いていません。

4-hand.jpg

アシスタントが使用するラウンドテーブル

診療台は全部で3台で、うち2台は顕微鏡の画像を見ることができるモニターを天吊にしてあります。残りの1台はおもに矯正の調整とクリーニング等に使用します。



当医院で製作したオリジナル在庫ソフトです。歯科治療に関する、在庫の管理、使用期限の管理が行えます。
在庫管理ソフト
在庫管理ソフト 当院では診療中の在庫が急に無くなることが、治療に大きな影響を与えることを考え、オリジナルの在庫管理ソフトを導入し、在庫数、使用期限、在庫切れまでの日数を管理しています。
<このプログラムの特徴>
1. 一週間に一回程度、使用器具の入力を行い、在庫数をへらします。
2. 在庫の確認が容易・・一目で在庫の量、棚卸の額が確認できます。
3. 在庫切れまでの予想日数を自動計算・・在庫切れまで何日かかるかを自動的に計算、在庫切れ予想日数として表示します。また購入間隔で、そろそろ注文が必要な頃に警告を出します。 また、実際に設定した在庫量を下回ると警告がでます。
4. 輸入材料にも対応・・個人輸入している先生にも輸入ドルレートも自動計算しています。

ちなみに当院では、500以上の在庫の種類があるため、このソフトなしでの仕事は不可能です。
技工設備
R0012192S.jpg 本医院の技工設備は、診療に用いられるほとんどの技工内容をカバーできるレベルにあります。院長は診療以外は早朝から技工操作に追われます。技工は治療技術の向上には絶対欠かせない作業です。
電気メス
setubi04.jpg 医科用にも使用されるエルマン社の電気メスです。通常の電気メスより高周波帯を利用することで、歯肉を切っても出血が少なく、電気メスでよくある、焦げることも殆どありません。しかも痛みが少なく、安心して使える機械です。(通常の電気メスの倍以上の価格がします)

歯科用顕微鏡 カールツァイス

歯科用顕微鏡(カールツァイス OPMI pico)

OPMI PICOsetubi06.jpg左の写真は当医院で使用している歯科用顕微鏡のOPMI PICOと、顕微鏡で撮影した虫歯を取り切った後の写真です。
私の場合、MANI、ライカいずれの顕微鏡も試しましたが、MANIは像の質がやや劣り、ライカは操作性や感染予防に難がありました。スムーズな制動感、きれいな像、臨床に対するこまやかな配慮から考えるとツアイスが顕微鏡では最高だと思います。

カールツァイスの顕微鏡は、思いどおりの位置でぶれることなく止まり、移動後の揺れがほとんどありません。また万が一治療中にハロゲンランプが切れても、ボタン一つで直ちに予備のハロゲンランプに通電交換できます。

IY3B0072a.jpg また、光重合する材料に対して、オレンジフィルター出血部位の治療にはグリーンフィルターを手元ですぐに差し換えることができます。明るさの調整つまみも双眼鏡の直ぐ上にあり、ドクターが自由に変えることができます。

また、感染予防対策として、各種のシリコンカバーが用意されており、非常にきめ細かい配慮がなされているのです。

当医院では2004年に購入し12年使用しましたが、今現在も全く問題なく使えております。

OPMI PICOは、電気部品がハロゲンランプだけなので故障はほとんどありません。
右の写真は当医院の顕微鏡です、特注のコネクターを作成してソニーのビデオをつないでいます。

カールツアイス ルーペ

ルーペルーペもやはりカールツアイスがナンバーワンです。価格は少々高いですが、絶対に間違いありません。オーラルケアーのサージテルも持っていますが、自分では使っていません。明るさと見やすさが違います。

歯科用顕微鏡を現在使っている感想ですが、常時これを使うのは目も相当に疲れるのと、見える部分や顕微鏡のヘッド部分の動きが制限されるので、難しいと思います。

私の場合おもに根管治療や虫歯の確認に用いています。通常のカリエス治療であればカールツァイスコプルーペの4倍で十分よく見えます。

当院の診療機器・技工機器一覧表

本院には以下の設備があります。(詳しくはお尋ねください)

設備 治療機械 歯科用ユニット3台(エーディック社製)
CTスキャン(RF社製)
ファインオキサー(強酸性水作成機)
超音波洗浄器2台(共和理研社製)
オートクレーブLISA 2台(クラスB対応、W&H社製)
オートクレーブデータ自動記録装置LISALOG 2台(W&H 社製)
コンプレッサー
予備コンプレッサー(ジュンエアー)
クリーンエアユニット(フィルターによるエアーオイル、固体物質、水除去装置)
バキューム
予備バキューム
歯科用顕微鏡(カールツァイス製、OPMI PICO)
手術用ルーペ4倍、1台、4.5倍、3台(コプルーペ、カールツァイス製)
手術用ルーペ5倍、2台(サージテル、オーラールケアー)
超音波スケーラー3台(ナカニシ社製)
タービン13本(KAVO社製)
等速コントラ12本(KAVO社製)
低速コントラ3本(KAVO社製)
プロフィージェット4本(KAVO社製)
4倍速コントラ1本(KAVO社製)
ストレートコントラ4本(KAVO社製)
ナカニシスケーラー  バリウスヘッド16本
エアースケーラー3本(KAVO社製)
ルートZX 2台(モリタ社製)
Xスマート(デンツプライ三金)
Xスマートプラス(デンツプライ三金)
光照射機1台(デメトロン、スターライトプロ)
LED照射器3台(VALO、ウルトラデント社製)
サーマフィル(バーティカル根管充填器、デンツプライ三金製)
高周波電気メス2台(エルマン社製)
アマルガメーター(Kerr社製(2台)
技工関係

技工机(クラッシック、KAVO社製)
バイオスター 2台(ショイデンタル社製)
ラボソニックカッター(ナカニシ社)2台
キャストマシン(キャスパック、デントロニクス社製)
ファーネス(アーキュサム、ジェレンコ社製)
技工用エンジンK11、K-POWER(KAVO社製)
ドライトリマー(乾式模型トリマー、レンフェルト社製)
技工用バキューム(KAVO社製)
マイクロエッチャー3台(HENRRY schein社製)
実態顕微鏡(オリンパス)
ミキシングマシン(レンフェルト社製)
スチームクリーナー(GC社製)
ドライオーブン(ショイデンタル社製)2台

業務管理 コンピューター(7台、Mous-Pro社製1台、sony社製1台、HP5台)
サーバー1台(IBM社製)
NASサーバー1台
在庫管理ソフト(当院オリジナル)、自費管理ソフト(当院オリジナル)
矯正診断ソフト(WINSEF)
ビデオカメラ(sony製)、デジタルテレビ(sony製)、デジタルカメラNIKON S7000
支援業務 電話、インターネットなど

カテゴリー一覧

当院で治療をご希望の方、一度、ご相談ください


トップへ » 当院の3つの特徴 » 感染予防システム・診療設備 » 診療周辺機器


コールバック予約

PAGE TOP